フロンティア古典教室

源氏物語『明石の姫君の入内』まとめ

   

現代語訳

 

源氏物語『明石の姫君の入内』現代語訳(2)(3)(4)

 

 

解説・品詞分解

 

源氏物語『明石の姫君の入内』解説・品詞分解(2) 「御参りの儀式、人の目おどろくばかりのことはせじ。」と思しつつめど、~

 

源氏物語『明石の姫君の入内』解説・品詞分解(3) いとうつくしげに、雛のやうなる御ありさまを、夢の心地して見奉るにも、~

 

源氏物語『明石の姫君の入内』解説・品詞分解(4) 大臣も、長からずのみ思さるる御世のこなたにと、思しつる御参り、~

 

 

 

 

 

 - 未分類