フロンティア古典教室

源氏物語『明石の姫君の入内』品詞分解のみ(4)

   

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

源氏物語『明石の姫君の入内』まとめ

 

 

大臣(おとど)=名詞

=係助詞

長から=ク活用の形容詞「長し」の未然形

=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

のみ=副助詞

思さ=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の未然形。「思ふ」の尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

るる=自発の助動詞「る」の連体形、接続は未然形。「る・らる」は「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があり、「自発」の意味になるときはたいてい直前に「心情動詞(思う、笑う、嘆くなど)・知覚動詞(見る・知るなど)」があるので、それが識別のポイントである。

自発:「~せずにはいられない、自然と~される」

御世=名詞

=格助詞

こなた(此方)=名詞、こちら。以後。以前。

=格助詞

=格助詞

思し=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の連用形。「思ふ」の尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

つる=完了の助動詞「つ」の連体形、接続は連用形

御参り=名詞

 

大臣(おとど)も、長からずのみ思さるる御世のこなたにと、思しつる御参り、

太政大臣(=光源氏)も、長くは生きていられないとお思いにならずにはいられないこの世にいる間にと、お思いであった(明石の姫君の)ご入内を、

 

 

かひ(甲斐・効)=名詞、効果、効き目。

ある=ラ変動詞「あり」の連体形

さま=名詞

=格助詞

=マ行上一段動詞「見る」の連用形

奉り=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連用形、謙譲語。動作の対象である明石の姫君を敬っている。作者からの敬意。

なし=サ行四段動詞「成す」の連用形

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

=接続助詞

=名詞

から=格助詞

なれ=断定の助動詞「なり」の已然形、接続は体言・連体形

=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。

 

かひあるさまに見奉りなし給ひて、心からなれど、

申し分ない様に見届け申し上げなさって、自ら求めたことであるけれども、

 

 

=名詞

=格助詞

浮き=カ行四段動詞「浮く」の連用形

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

やうに=比況の助動詞「やうなり」の連用形

=接続助詞

見苦しかり=シク活用の形容詞「見苦し」の連用形

つる=完了の助動詞「つ」の連体形、接続は連用形

(さい)(しょう)の君=名詞

=係助詞

 

世に浮きたるやうにて、見苦しかりつる(さい)(しょう)の君も、

身を固めないでいて、世間体の悪かった宰相の君(=夕霧)も、

※夕霧(ゆうぎり)=光源氏と葵上との間にできた子供。葵上は夕霧を生んでまもなく亡くなっている。

 

思ひ=名詞

なく=ク活用の形容詞「無し」の連用形

めやすき=ク活用の形容詞「目安し(めやすし)」の連体形、見苦しくない、無難だ、感じがよい。

さま=名詞

=格助詞

静まり=ラ行四段動詞「静まる」の連用形

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である夕霧を敬っている。作者からの敬意。

ぬれ=完了の助動詞「ぬ」の已然形、接続は連用形

=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

思ひなくめやすきさまに静まり給ひぬれば、

(くも)()(かり)と結婚したことで)心配なく世間体の悪くない様子に落ち着きなさったので、

 

 

御心=名詞

落ちゐ=ワ行上一段動詞「落ち居る」の連用形

果て=タ行下二段動詞「果つ」の連用形

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

=接続助詞

=名詞

=係助詞

本意(ほい)=名詞、本来の意志、かねてからの願い。

=係助詞

遂げ=ガ行下二段動詞「遂ぐ」の連用形

=強意の助動詞「ぬ」の未然形、接続は連用形。「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があるが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる。

=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

=格助詞

思しなる=サ行四段動詞「思し成る(おぼしなる)」の終止形、「思ひ成る」の尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

御心落ちゐ果て給ひて、「今は本意も遂げなむ。」と、思しなる。

(光源氏は)すっかりご安心なさって、「今こそかねてからの願い(であった出家)を遂げよう」と、お思いになる。

 

 

対の上=名詞

=格助詞

御ありさま=名詞

=格助詞

見捨てがたき=ク活用の形容詞「見捨て難し(みすてがたし)」の連体形

=格助詞

=係助詞

中宮=名詞

おはしませ=サ行四段動詞「おはします」の已然形。「あり・居り・行く・来」の尊敬語。いらっしゃる、おられる、あおりになる。動作の主体である中宮(=秋好中宮)を敬っている。敬語を使った作者からの敬意。

=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

おろかなら=ナリ活用の形容動詞「疎かなり/愚かなり(おろかなり)」の未然形、おろそかだ、いいかげんだ。馬鹿だ、間抜けだ。並々だ、普通だ。

=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

御心寄せ=名詞

心寄せ=名詞、期待を寄せること、あてにすること

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

 

対の上の御ありさまの見捨てがたきにも、中宮おはしませば、おろかならぬ御心寄せなり。

紫の上のご様子が見捨て難いのにつけても、中宮(=秋好中宮)がいらっしゃるので、並々ならぬお味方である。

(あき)(このむ)(ちゅう)(ぐう)=六畳の御息所の娘。六畳の御息所の死後、光源氏の養子となる。その後、冷泉帝のもとに嫁いだ(入内した)。

冷泉(れいぜい)(てい)=光源氏と藤壺との間にできた子。表向きは光源氏の父親である桐壺帝と藤壺との間にできた子ということになっている。

 

 

=代名詞

=格助詞

御方=名詞

=格助詞

=係助詞

=名詞

=格助詞

知ら=ラ行四段動詞「知る」の未然形

=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

親ざま=名詞

=格助詞

=係助詞

まづ=副詞

思ひ=ハ行四段動詞「思ふ」の連用形

聞こえ=補助動詞ヤ行下二「聞こゆ」の連用形、謙譲語。動作の対象である紫の上を敬っている。作者からの敬意。

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の終止形、尊敬語。動作の主体である明石の姫君を敬っている。作者からの敬意。

べけれ=推量の助動詞「べし」の已然形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。

=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

さりとも=副詞、「今は~だとしてもこれからは~だろうと」といった意味

=格助詞

思し譲り=ラ行四段動詞「思し譲る(おぼしゆずる)」の連用形。「思ひ譲る」の尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

この御方にも、世に知られたる親ざまには、まづ思ひ聞こえ給ふべければ、さりともと、思し譲りけり。

このお方(=明石の姫君)におかれても、世に知られている(表向きの)親としては、まず第一にお考え申し上げなさるであろうから、自分が出家したとしても(心配ないだろうと)、お任せになった。

 

夏の御方=名詞

=格助詞

時々=名詞

=格助詞

はなやぎ=ガ行四段動詞「はなやぐ」の連用形

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の終止形、尊敬語。動作の主体である花散里を敬っている。作者からの敬意。

まじき=打消推量の助動詞「まじ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)

=係助詞

宰相(さいしょう)=名詞

=格助詞

ものし=サ変動詞「物す(ものす)」の連用形、代動詞、「~する」、ある、いる、行く、来る、生まれる、などいろいろな動詞の代わりに使う。

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。動作の主体である夕霧を敬っている。作者からの敬意。

=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

=格助詞

 

夏の御方の、時にはなやぎ給ふまじきも、宰相のものし給へばと、

夏の御方(=(はな)(ちる)(さと))は、何かにつけて華やかになられまいけれども、宰相(=夕霧)がいらっしゃるので(安心だ)と、

 

 

=副詞

とりどりに=ナリ活用の形容動詞「とりどりなり」の連用形

うしろめたから=ク活用の形容詞「うしろめたし」の未然形、心配だ、気がかりだ、不安だ

=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

思しなりゆく=カ行四段動詞「思しなりゆく」の終止形。「思ひなりゆく」の尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

皆とりどりにうしろめたからず思しなりゆく。

皆(=光源氏とゆかりのある女性達)それぞれに心配はないとお考えになっていく。

 

 

明け=カ行下二段動詞「明く」の未然形

=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどれかである。直後に体言があると婉曲になりがち。

=名詞

四十=名詞

=格助詞

なり=ラ行四段動詞「成る」の連用形

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の終止形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

明けむ年、四十になり給ふ。

翌年、四十歳におなりになる。

 

 

御賀=名詞

=格助詞

こと=名詞

=格助詞

おほやけ(朝廷・公)=名詞、天皇、帝、天皇家、大きな屋敷。朝廷、政府。

より=格助詞、(起点)~から、(手段・用法)~で、(経過点)~を通って、(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや

はじめ=マ行下二段動詞「始む」の連用形

奉り=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連用形、謙譲語。

=接続助詞

大きなる=ナリ活用の形容動詞「大きなり」の連体形

=名詞

=格助詞

いそぎ=名詞、急ぐこと。準備、支度。

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

 

御賀のことを、おほやけよりはじめ奉りて、大きなる世のいそぎなり。

(その)祝賀のことは、朝廷をはじめとして申し上げて、盛大な世をあげての準備である。

 

 

源氏物語『明石の姫君の入内』まとめ

 

 

 

 - 未分類