フロンティア古典教室

史記『項王の最期』まとめ

   

 

原文・書き下し文・現代語訳

 

項王の最期(1)『四面楚歌』原文・書き下し文・現代語訳「項王の軍垓下に壁す。兵少なく食尽く。~」

 

項王の最期(2)原文・書き下し文・現代語訳「是に於いて、項王乃ち馬に上りて騎す。~」

 

項王の最期(3)原文・書き下し文・現代語訳「項王自ら脱することを得ざるを度り、其の騎に謂ひて曰はく、~」

 

項王の最期(4)『我何面目見之』原文・書き下し文・現代語訳「是に於いて項王乃ち東して烏江を渡らんと欲す。~」

 

 

問題と解説

 

史記:項王の最期『四面楚歌』問題1

 

史記:項王の最期『四面楚歌』問題1の解答

 

 

史記『鴻門之会』まとめ

 

 

 

 - 未分類