未分類

信玄と謙信『諸将信玄に服す』原文・書き下し文・現代語訳

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

作者:(らい)(さん)(よう)

概要:上杉謙信は背水の陣を敷き、策をめぐらして武田信玄の軍の攻撃を誘うが、謙信の策を見抜いた信玄に諸将は感服した。

 

 

八月、謙信復河中使()村上義清等ヲシテ戦処

(はち)(がつ)(けん)(しん)()(かわ)(なか)()で、(むら)(かみ)(よし)(きよ)()をして(もと)(せん)(しょ)(えい)せしめ、

※使=使役「使ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

八月、上杉謙信は再び川中島に出て、村上義清たちに過去の戦場に陣を張らせ、

 

 

シテミテ、背ニシテ

(しか)して(みずか)(すす)みて(かわ)()ぎ、(みず)()にして(じん)す。

※而(しか)して=順接、そして。

そして自ら進んで川を渡り、水を背にして陣を敷いた。

 

 

信玄知志在ルヲ必死()ヘテデテ

(しん)(げん)()(こころざし)(ひっ)()()るを()り、()へて()でて(たたか)はず。

※「不ヘテ ~(せ)」=「しいて(無理に) ~しようとはしない。/ ~するようなことはしない」

信玄はその志が決死の覚悟であることを知り、しいて(自分の方から)出て戦おうとはしなかった。

 

 

候騎報ジテハク、「北軍積ムコト(ごと)シト。」

()(こう)()(ほう)じて()く、「(ほく)(ぐん)(たきぎ)()むこと(やま)のごとし。」と。

 

信玄側の偵察の騎兵が報告して言うことには、「北軍は薪を山のように積んでおります。」と。

※北軍=上杉謙信の軍

 

 

信玄令シテ諸将ハク、「敵中夜有ルモガル、慎ミテカレ進撃スル。進撃スルセント。」

(しん)(げん)(しょ)(しょう)(れい)して()く、「(てき)(ちゅう)(よる)()()がる()るも、(つつし)みて(しん)(げき)する()かれ。(しん)(げき)する(もの)(ぞく)せん。」と。

※「勿カレ ~ スル(コト)」=禁止、「 ~してはならない」

(そこで)信玄が諸将に命令して言うことには、「敵の陣中で夜に火があがっても、慎重を期して、進撃してはならない。進撃する者は一族を処刑する

 

 

、候騎又報ジテハク、「北軍掃、荷担シテ(まさ/す)ニ/トラント。」

()(およ)(こう)()(また)(ほう)じて()はく、「(ほく)(ぐん)(えい)(はら)ひ、()(たん)して(まさ)()らんとす。」と。

※「(まさ/す)ニ/  ~(セ)ント」=再読文字、「将(まさ)に ~(せ)んとす」、「~しようとする・~するつもりだ」

夕方になり、偵察の騎兵が再び報告して言うことには、「北軍は陣営を引き払い、荷物をかついで立ち去ろうとしております。」と。

 

 

諸将争ヒテ追撃セント

(しょ)(しょう)(あらそ)ひて(つい)(げき)せんと()ふ。

 

諸将は争って追撃しようと願い出た。

 

 

信玄曰ハク、「謙信豈リテナランヤ。撃タバレント。」

(しん)(げん)()はく、「(けん)(しん)()()(せま)りて(えい)(はら)(もの)ならんや。(これ)()たば(かなら)(やぶ)れん。」と。

※「豈 ~ (セ)ンや(哉・乎・耶)」=反語、「()に ~ (せ)んや」、「どうして ~ だろうか。(いや、~ない。)」

信玄が言うことには、「謙信はどうして夕暮れになって陣営を引き払う者であろうか。(いや、そのような者ではない。)(この機に乗じて)これを追撃すれば必ず敗北するだろう。」と。

 

 

夜、北軍火起コル。甲斐()

()()(ほく)(ぐん)()()こる。()()(ぐん)(うご)かず。

 

その夜、北軍に火があがった。甲斐の軍は動かなかった。

※甲斐の軍=武田信玄の軍

 

 

天明、望-スレバ北軍、疏行首、厳ニシテ而待

(てん)(めい)(ほく)(ぐん)(ぼう)(けん)すれば、(こう)(しゅ)()し、(じん)(げん)にして()つ。

※而=置き字(順接・逆接)

明け方、北軍の様子を遠くから見ると、自軍が進撃できる道を開け、陣を固めて待ち構えていた。

 

 

諸将乃信玄

(しょ)(しょう)(すなわ)(しん)(げん)(ふく)す。

 

諸将はそこで信玄に感服した。

 

 

 

-未分類

© 2020 フロンティア古典教室 Powered by AFFINGER5