フロンティア古典教室

信玄と謙信『所争不在米塩/所争在弓箭』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

作者:(らい)(さん)(よう)

「敵に塩を送る」という言葉の由来となったお話。

敵に塩を送る=苦境にある敵を助けること。

 

信玄国、()。仰於東海

(しん)(げん)(くに)(うみ)(ひん)せず。(しお)(とう)(かい)(あお)ぐ。

※於=置き字(場所)

武田信玄の国(=甲斐(かい)の国)は、海に面していなかった。(なので、)塩を東海(の国々)に頼っていた。

※甲斐=現在の山梨県辺り

 

 

氏真()北條氏康リテ、陰カニ

(うじ)(ざね)(ほう)(じょう)(うじ)(やす)(はか)(ひそ)()(しお)()づ。

 

駿(する)()の)今川氏真は(相模(さがみ)の)北条氏康と共謀して、密かに塩の供給を止めた。

※駿河=静岡県辺り

※相模=神奈川県辺り

 

 

甲斐大イニシム

()()(おお)いに(くる)しむ。

 

(そのため塩不足により、)甲斐の国では大いに苦しんだ。

 

 

謙信聞、寄セテ信玄ハク

(けん)(しん)(これ)()き、(しょ)(しん)(げん)()せて()

 

(越後の)上杉謙信はこのことを聞き、手紙を信玄に送って言うことには、

※越後=新潟県辺り

 

 

「聞氏康・氏真困シムルニ一レテスト

(うじ)(やす)(うじ)(ざね)(きみ)(くる)しむるに(しお)(もっ)てすと()く。

 

「氏康と氏真はあなたを苦しめるために、塩を手段に用いていると聞いている。

 

 

不勇不義ナリ

()(ゆう)()()なり。

 

(これは)卑怯で道義に反する行いである。

 

 

()公争ヘドモ、所リテ弓箭()米塩

(われ)(こう)(あらそ)へども、(あらそ)(ところ)(きゅう)(せん)()て、(べい)(えん)()らず。

 

私はあなたと争っているが、争っているのは弓矢(=武力)においてであり、米や塩で(争っているので)はない。

 

 

()今以往、取於我

()(いま)()(おう)(しお)()(くに)()れ。

※「請 ~」=願望、「どうか ~ させてください、どうか ~ してください」

※於=置き字(場所)

どうか今後は、塩を私の国から買い取られよ。

 

 

多寡ノミト。」

()()()(めい)のみ。」と。

※「唯 ~ノミ」=限定、「ただ ~だけ」

多い少ないは、あなたが命じる通りである。」と。

 

 

賈人、平ニシテセシム

(すなわ)()(じん)(めい)(あたい)(たいらか)(これ)(きゅう)

 

そこで(謙信は)商人に命じて、価格を適正にして塩を供給させた。

 

 

 

 - 未分類