フロンティア古典教室

荀子『星隊木鳴』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

星墜、木鳴

(ほし)()()()

 

星が落ちたり、木が音を立てたりすることがある。

 

 

国人皆恐レテハク、「是()。」

(こく)(じん)(みな)(おそ)れて()はく、「()(なん)ぞや。」と。

 

国中の人々がみな恐れて言うことには、「これはどうしたことなのか。」と。

 

 

ハク、「無(なり)

()はく(なに)()きなり。

 

(荀子が)言うことには、「何でもないことだ。

 

 

天地()変、陰陽()化、物()(なり)

()(てん)()(へん)(いん)(よう)()(もの)(まれ)(いた)(もの)なり。

 

これは天地の変化、陰陽の交流によって、まれに起こる現象なのである。

 

 

シムハナルモ也、而畏ルルハ(なり)

(これ)(あや)しむは()なるも、(これ)(おそ)るるは()なり。

※而=置き字(順接・逆接)

これを不思議に思うのはよいが、これを恐れるのは間違っている。

 

 

日月()蝕、風雨()()ナラ、怪星()リニ、是トシテ()ルハ一レ

()(じつ)(げつ)(しょく)()り、(ふう)()(とき)ならず(かい)(せい)(しき)りに(あらわ)()()として(つね)()()らざるは()し。

※「無ル(ハ) (セ)」=二重否定(強い肯定)、「 ~(せ)ざる(は)無し」、「~しないことはない」

そもそも日食や月食が起こり、天候が不順であり、見慣れない星がしきりに現れるのは、いつの世にも常にあることである。

 

 

上明ニシテ而政平ラカナレバ、則ビテコルト、無ツクル(なり)

(しょう)(めい)にして(せい)(たい)らかなれば、(すなわ)()()(なら)びて()こると(いえど)(きず)つくる()きなり。

 

君主が賢明で政治が安定していれば、これらの現象が世に連続して起こったとしても、害を与えることはない。

 

 

上闇ニシテ而政険ナレバ、則シト、無(なり)

(しょう)(あん)にして(せい)(けん)なれば、(すなわ)()(いつ)(いた)(もの)()しと(いえど)も、(えき)()きなり。

 

君主が暗愚で政治が危うい状態であれば、これらの現象が一度も起らなかったとしても、利益になることはない。

 

 

()、木()ルハ、是天地()変、陰陽()化、物()(なり)

()(ほし)()ち、()()は、()(てん)()(へん)(いん)(よう)()(もの)(まれ)(いた)(もの)なり。

 

そもそも星が落ちたり、木が音を立てたりするのは、天地の変化、陰陽の交流によって、まれに起こる現象なのである。

 

 

シムハナルモ也、而畏ルルハ(なり)。」

(これ)(あや)しむは()なるも、(これ)(おそ)るるは()なり。」と。

 

これを不思議に思うのはよいが、これを恐れるのは間違っているのだ。」と。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類