フロンティア古典教室

劉邦『大丈夫当に此くのごとくなるべきなり』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

高祖、沛豊邑中陽里ナリ

(こう)()は、(はい)(ほう)(ゆう)(ちゅう)(よう)()(ひと)なり。

 

高祖は、沛県の豊邑の中陽里の人である。

 

 

劉氏、字季。父太公、母劉媼

(せい)(りゅう)()(あざな)()(ちち)(たい)(こう)()ひ、(はは)(りゅう)(おう)()ふ。

 

姓は劉氏、字は季。父は太公といい、母は劉媼といった。

 

 

先、劉媼嘗大沢()、夢()神遇

()(さき)(りゅう)(おう)(かつ)(だい)(たく)()(いこ)ひ、(ゆめ)(かみ)()ふ。

 

その昔、劉媼がかつて大きな沢の堤で休息し(て眠ってしまい)、夢の中で神と出会った。

 

 

時、雷電シテ晦冥ナリ

()(とき)(らい)(でん)して(かい)(めい)なり。

 

この時、雷が鳴って稲妻が光り、(辺りは)真っ暗になった。

 

 

太公往キテレバ、則蛟竜於其

(たい)(こう)()きて()れば、(すなわ)(こう)(りゅう)()(うえ)()る。

※於=置き字(対象・目的)

太公が行って見ると、蛟竜が劉媼の上にいるのが見えた。

 

 

ニシテ而有。遂高祖

(すで)にして(みごも)()り。(つい)(こう)()()む。

※而=置き字(順接・逆接)

やがて(劉媼は)身ごもった。こうして高祖を産んだ。

 

高祖為、隆準ニシテ而竜顔、美シク須髯、左七十二黒子

(こう)()(ひと)()り、(りゅう)(せつ)にして(りゅう)(がん)(しゅ)(ぜん)(うるわ)しく、(ひだり)(また)(しち)(じゅう)()黒子(ほくろ)()り。

 

高祖の人柄は、鼻すじが高くて竜のような顔立ちで、あごひげとほおひげが美しく、左の股に七十二のほくろがあった。

 

 

ニシテ而愛シヲ、意豁如タリ也。

(じん)にして(ひと)(あい)(ほどこ)しを(この)み、()(かつ)(じょ)たり。

 

思いやりの心があって人を愛し、施しをすることを好み、心が広く大きかった。

 

 

大度()トセ家人生産作業

(つね)(たい)()()()(じん)(せい)(さん)()(ぎょう)(こと)とせず。

 

常に大きな度量をもっていた。家族が行う生産作業には従事しなかった。

 

 

、試ミラレテ、為泗水亭長

(そう)(およ)び、(こころ)みられて()()()(すい)(てい)(ちょう)()る。

 

三十歳になって、試しに採用されて役人になり、泗水の亭長となった。

 

 

廷中、無()狎侮

(てい)(ちゅう)()を、(こう)()せざる(ところ)()し。

※「無ル (セ)」=二重否定(強い肯定)、「 ~(せ)ざる所無し」、「~しないことはない」

役所の役人で、(高祖が)軽んじて侮らない者はいなかった。

※高祖は役所の役人たち全員を軽んじ侮っていた。

 

 

酒及、常ヒテ王媼・武負、貰

(さけ)(およ)(いろ)(この)み、(つね)(おう)(おう)()()(したが)ひて(さけ)(せい)

 

酒と女性を好み、いつも王ばあさんや武ばあさんの店で、酒をつけで買った。

 

 

ヒテスニ、武負・王媼、見一レルヲ竜、怪シム

()ひて()すに、()()(おう)(おう)()(うえ)(つね)(りゅう)()るを()て、(これ)(あや)しむ。

 

(高祖が)酔って横になると、武ばあさんや王ばあさんは、その上に常に竜の姿があるのを見て、不思議に思った。

 

高祖毎ヒテマリ、酒ルルコト数倍

(こう)()()ひて(とど)まり()(ごと)に、(さけ)()るること(すう)(ばい)す。

 

高祖が酒を買って(店に)とどまって飲むごとに、酒の売り上げは数倍になった。

 

 

ルニ、歳ハリニ、此両家常

(かい)()るに(およ)び、(とし)()はりに、()(りょう)()(つね)(けん)()(さい)()つ。

 

(この)不思議な現象を見てからは、年の終わりに、この両方の店はいつも借用書を破って借金の取り立てをやめた。

 

 

高祖常咸陽。縦観シテ、観皇帝

(こう)()(かつ)(かん)(よう)(よう)す。(しょう)(かん)して(しん)(こう)(てい)()る。

 

高祖はかつて咸陽で労役に従事した。(そこで皇帝の行列を)自由に見物していて、秦の始皇帝を見た。

 

 

喟然トシテ太息シテハク、「嗟乎、大丈夫(まさ/べ)/(ごと)クナルクノ(なり)。」

()(ぜん)として(たい)(そく)して()はく、「()()(だい)(じょう)()(まさ)()くのごとくなるべきなり。」と。

※「(まさ/べ)ニ/シ ~(ス)」=再読文字、「当に ~(す)べし」、「~すべきである・きっと~のはずだ」

大きくため息をついて言うことには、「ああ、一人前の男はこのようであるべきだ。」と。

 

 

続きはこちら劉邦『大風起こりて雲飛揚す』原文・書き下し文・現代語訳

 

 

 

 

 - 未分類