フロンティア古典教室

劉邦『大風起こりて雲飛揚す』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

高祖還帰、過、留マリテ

(こう)()(かん)()し、(はい)(よぎ)り、(とど)まりて(はい)(きゅう)()(しゅ)す。

 

(淮南王黥布の反乱を鎮圧した後、)高祖は帰還して、(故郷の)沛に立ち寄り、留まって沛の宮殿で酒宴を開いた。

 

 

シテ故人・父老・子弟ニセシム

(ことごと)()(じん)()(ろう)()(てい)()して(さけ)(ほしいまま)にせしむ

※使役=「~(セ)シム。」→「~させる。」 文脈から判断して使役の意味でとらえることがある。

古くからの友人・長老・若者を残らず招いて酒を思う存分飲ませた。

 

 

シテ沛中、得タリ百二十人()ヲシテ

(はい)(ちゅう)()(はっ)して、(ひゃく)()(じゅう)(にん)()たり。(これ)をして(うた)はしむ。

※教=使役「教ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

沛の少年たちを徴発して、百二十人集めた。彼らに歌を歌わせた。

 

 

酒酣ニシテ高祖撃、自リテ歌詩ハク

(さけ)(たけなわ)にして(こう)()(ちく)()ち、(みずか)()()(つく)()はく、

 

酒宴の真っ最中に高祖は筑(=琴に似た楽器)を打ち鳴らし、自ら歌詞を作って歌うことには、

 

 

大風起コリテ兮雲飛揚

(たい)(ふう)()こりて(くも)()(よう)

※兮=置き字(語調を整える役割・強調・感嘆)

激しい風が吹き起こって、雲が舞い上がる。

※秦の時代の末期に動乱が起こったことを表している。

 

 

威加ハリテ海内兮帰故郷

()(かい)(だい)(くわ)はりて()(きょう)(かえ)

 

(私の)威光は天下に広がって、(私は)故郷に帰ってきた。

 

 

クンゾ猛士兮守ラシメント四方

(いず)くんぞ(もう)()()()(ほう)(まも)らしめん と。

※使役=「~(セ)シム。」→「~させる。」 文脈から判断して使役の意味でとらえることがある。

なんとかして勇猛な兵士を得て、(この故郷の)四方を守らせたいものだ。 と。

 

 

()ヲシテ皆和

()をして(みな)(これ)()(しゅう)せしむ。

※令=使役「令ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

少年たちにこの歌を一緒に習い歌わせた。

 

 

高祖乃チテ、慷慨傷懐シテ、泣数行下

(こう)()(すなわ)()ちて()ひ、(こう)(がい)(しょう)(かい)して、(なみだ)(すう)(ぎょう)(くだ)る。

 

高祖は立ち上がって舞い、憤り嘆き心を痛めて、涙を数行流した。

 

 

ヒテ父兄ハク、「游子悲シム故郷

(はい)()(けい)()ひて()はく、「(ゆう)()()(きょう)(かな)しむ。

 

沛の年長者たちに向かって(高祖が)言うことには、「旅人は故郷を懐かしむ。

 

 

吾雖スト関中、万歳後、吾魂魄猶セン

(われ)(かん)(ちゅう)(みやこ)すと(いえど)も、(ばん)(ざい)(のち)()(こん)(ぱく)()(はい)(らく)()せん。

 

私は関中に都をおいているけれども、死後、私の魂はやはり沛を懐かしむだろう。

 

 

()沛公暴逆、遂テリ天下

()(われ)(はい)(こう)より(もっ)(ぼう)(ぎゃく)(ちゅう)し、(つい)(てん)()(たも)てり。

 

また私は沛公から(身を起こし、)道理に外れた悪事を行う者を討伐し、そのまま天下をとった。

 

 

湯沐、復、世世無カラシメントカル。」

()(はい)(もっ)()(とう)(もく)(ゆう)()し、()(たみ)(ふく)し、()()(あず)(ところ)()()からしめん」と。

※使役=「~(セ)シム。」→「~させる。」 文脈から判断して使役の意味でとらえることがある。

沛を私が租税を全て私用できる領地とし、その民の租税や労役を免除し、代々(これらの負担と)関わることがないようにさせよう。」と。

 

 

父兄・諸母・故人、日楽飲シテビヲ、道ヒテ旧故、為スコト笑楽十余日ナリ

(はい)()(けい)(しょ)()()(じん)()(らく)(いん)して(よろこ)びを(きわ)め、(きゅう)()()ひて、(しょう)(らく)()すこと(じゅう)()(じつ)なり。

 

沛の年長者・婦人たち・古くからの友人は、毎日楽しく酒を飲んで喜びを尽くし、昔の話を語り合って、笑い楽しむことが十日余りに及んだ。

 

 

高祖欲ラント。沛父兄固ヒテメントス高祖

(こう)()()らんと(ほっ)す。(はい)()(けい)(かた)()ひて(こう)()(とど)めんとす。

 

高祖は立ち去ろうとした。沛の年長者たちは強く願い出て高祖を引き留めようとした。

 

 

高祖曰ハク、「吾人衆多。父兄()ラントスルコト。」乃

(こう)()()はく、「()(じん)(しゅう)(おお)し。()(けい)(きゅう)すること(あた)ざらん。」と。(すなわ)()る。

※「()(スル)(コト)」=不可能、「 ~(する)(こと)(あた)はず」(能力がなくて) ~Aできない」

高祖は、「私の部下は多い。皆さん(=年長者たち)は(私たちの)飲食をまかなうことはできないだろう。」と言った。そして立ち去ったのだった。

 

 

劉邦『大丈夫当に此くのごとくなるべきなり』原文・書き下し文・現代語訳

 

 

 

 

 - 未分類