フロンティア古典教室

『黔之驢(黔の驢)(けんのろ)』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

驢。有リテ好事者、船

(けん)()()し。(こう)()(しゃ)()て、(ふね)()(もっ)()る。

 

黔州にはロバがいなかった。物好きな人がいて、(ロバを)船に乗せて(黔州に)入った。

 

 

レバ()ヰル、放山下

(いた)れば(すなわ)(もち)ゐるべき()く、(これ)(さん)()(はな)つ。

 

到着したとき、使い道がなく、ロバを山のふもとに放した。

 

 

虎見ルニ、尨然タルナル(なり)。以

(とら)(これ)()るに、尨然(ぼうぜん)たる(だい)なる(もの)なり。(もっ)(かみ)()す。

 

虎がロバを見ると、とても大きい生き物であった。そして神だと思った。

 

 

レテ、稍デテヅクニ、憗憗然トシテ相知

(りん)(かん)(かく)れて之を(うかが)ひ、(ようや)()でて(これ)(ちか)づくに、(ぎん)(ぎん)(ぜん)として(あい)()()し。

 

(虎は)林の中に隠れてロバの様子をうかがい、少しずつ(林から)出てロバに近づくと、(うやうや)(つつし)み深様子相手(=ロバ)のことが分からなかった。

 

 

他日、驢一タビケバ、虎大イニキテ

()(じつ)()(ひと)たび()けば、(とら)(おお)いに(おどろ)きて(とお)(のが)る。

 

ある日、ロバが一声鳴くと、虎は大変驚いて遠くに逃げた。

 

 

以為ヘラク(まさ/す)/マント(なり)。甚

以為(おも)へらく(まさ)(おのれ)()まんとするなりと。(はなは)(おそ)る。

※「以為ヘラク」=~だと思う。思うことには~。 

※「(まさ/す) ~(セ)ント」=再読文字、「且に ~(せ)んとす」、「いまにも ~しようとする/ ~するつもりだ」

(虎はロバが)自分にかみつこうとしているのだと思った。ひどく恐れたのである。

 

 

レドモ往来シテルニ、覚キヲ異能ナル、益習ヘリ

(しか)れども(おう)(らい)して(これ)()るに、()(のう)なる(もの)()(おぼ)え、(ますます)()(こえ)(なら)へり

 

しかし、(ロバの近くを)行ったり来たりしてロバを観察すると、特異な能力は持ってないものに思え、しだいにその鳴き声に慣れた。

 

 

又近ヅキヅレドモ前後、終()ヘテ

(また)(ちか)づき(ぜん)()()れども、(つい)()()たず。

※「不ヘテ ~(せ)」=「しいて(無理に) ~しようとはしない。/ ~するようなことはしない」

また、近づいて前や後ろに出てみたが、結局(ロバが)攻撃してくるようなことはなかった。

 

ヅキテ益狎、蕩倚衝冒

(ようや)(ちか)づきて(ますます)()れ、(とう)()(しょう)(ぼう)す。

 

(虎は)少しずつ近づいてますます慣れ、体をすりつけたりぶつけたりした。

 

 

()リニ、蹄

()(いか)りに()へず、(これ)()る。

 

ロバは怒りを我慢できず、虎を蹴った。

 

 

虎因リテ、計リテハク、技止マル(のみ)

(とら)()りて(よろこ)び、(これ)(はか)りて()はく、「(わざ)(これ)()まるのみ。」と。

※「~ 耳」=限定「~ のみ」「~ だけだ」

そこで虎は喜び、ロバの力量をおしはかって、「技はこれだけだな。」と言った。

 

 

リテ跳踉シテイニ、断、尽クシテ、乃

()りて(ちょう)(りょう)して(おお)いに()()(のど)()ち、()(にく)()して(すなわ)()る。

 

そして跳びかかって大声でほえ、ロバののどを食いちぎり、その肉を食い尽くして、立ち去った。

 

 

噫、形()ナル()有徳、声()ナル()、類有能

(ああ)(かたち)(ぼう)なるや、(ゆう)(とく)(るい)し、(こえ)(こう)なるや、(ゆう)(のう)(るい)

 

ああ、姿形の大きなものは、徳があるように見え、声の大きなものは、能力があるように見えるものなのだなあ。

 

 

()レバダサ、虎雖ナリト、疑レテ()ランヘテ

(さき)()(わざ)()ださざれば、(とら)(もう)なりと(いえど)も、(うたが)(おそ)れて(つい)()()らざらん。

※「不ヘテ ~(せ)」=「しいて(無理に) ~しようとはしない。/ ~するようなことはしない」

あの時に(ロバは)その技を出さなければ、虎が獰猛(どうもう)だといっても、疑いおそれて最終的に襲いかかるようなことはしなかっただろう。

 

 

(ごと)クノ焉。悲シイ(かな)

(いま)()くのごとし。(かな)しいかな。

※焉=置き字(断定・強調)

※「~ 夫」=詠嘆、「~ かな」、「~ だなあ・ことよ」

今このようになってしまった。悲しいことであるよ。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類