フロンティア古典教室

『江南橘為江北枳(江南の橘江北の枳と為る)』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

(こう)(なん)(たちばな)(こう)(ほく)(からたち)()る=江南の土地では橘であるものが、江北に植えると枳となる。人は住む場所の環境によって性質が変化することの例え。

橘と枳は見た目が似ているが、橘は食べられるのに対して枳は苦くて食べられず、枝には鋭いトゲが付いている。

 

 

晏子(まさ/す)/使ヒセント

(あん)()(まさ)(けい)使(つか)ひせんとす。

※「(まさ/す)ニ/  ~(セ)ント」=再読文字、「将(まさ)に ~(せ)んとす」、「~しようとする・~するつもりだ」

晏子が荊に使者として行こうとしていた。

 

 

荊王聞キテ、謂ヒテ左右ハク

(けい)(おう)(これ)()きて、()(ゆう)()ひて()はく、

 

荊王はこのことを聞いて、側近の家来に向かって言うことには、

 

 

「晏子賢人(なり)。今方タラントス。欲メント。何テセン()。」

(あん)()(けん)(じん)なり。(いま)(まさ)()たらんとす。(これ)(はずかし)めんと(ほっ)す。(なに)(もっ)てせんや。」と。

※「 ~歟[邪・乎・也・哉・耶・与]」=疑問、「 ~か(や)」、「 ~か」

「晏子は賢人である。今ちょうど荊に来ようとしている。彼に恥をかかせてやりたいと思う。どうしたらいいだろうか。」と。

 

 

左右対ヘテハク、「為タラバ也、臣請一人、過ギテ而行カント。」

()(ゆう)(こた)へて()はく、「()()()たらば、(しん)()(いち)(にん)(ばく)し、(おう)()ぎて()かん。」と。

※也=置き字

※臣=私

※「請 ~」=願望、「どうか ~ させてください、どうか ~ してください」

※而=置き字(順接・逆接)

側近が答えて言うことには、「もし晏子がやって来たら、どうか私に一人(の男)を捕縛し、王の前を通り過ぎさせてください。」と。

 

 

イテ荊王()晏子チテ

(ここ)()いて(けい)(おう)(あん)()()ちて(かた)る。

※「於イテ」=そこで。こうして。

こうして(その日がやってきて、)荊王は晏子と立ち話をしていた。

 

一人、過ギテ而行クモノ

(いち)(にん)(ばく)し、(おう)()ぎて()くもの()り。

 

一人を縄で縛り、王の前を通り過ぎて行く者がいた。

 

 

王曰ハク、「何為。」

(おう)()はく、「(なん)()(もの)ぞ。」と。

※也=置き字(断定)

(そこで)王は、「(その縛られている者は)何者か。」と言った。

 

 

ヘテハク、「斉人(なり)。」

(こた)へて()はく、「(せい)(ひと)なり。」と。

 

(側近は)答えて、「斉の国の者です。」と言った。

 

 

王曰ハク、「何ニカセルト。」

(おう)()はく、「(なに)にか()せる。」と。

 

王は、「何の罪に問われたのか。」と言った。

 

 

ハク、「坐セリト。」

()はく、「(とう)()せり。」と。

 

(側近は、)「盗みの罪に問われております。」と言った。

 

 

王曰ハク、「斉人固ヨリスル()。」

(おう)()はく、「(せい)(ひと)(もと)より(とう)するか。」と。

※「 ~歟[邪・乎・也・哉・耶・与]」=疑問、「 ~か(や)」、「 ~か」

王は、「斉の国の者はもともと盗みをする(ような性格の奴らばかりな)のか。」と言った。

 

 

晏子反シテハク

(あん)()(これ)(はん)()して()はく、

 

晏子が後ろを振り返って見て言うことには、

 

 

「江南橘、斉王使()メテヲシテ一レ、而樹ウルニ於江北、生ジテ()シテ、乃

(こう)(なん)(たちばな)()り、(せい)(おう)(ひと)をして(これ)()らしめて、(これ)(こう)(ほく)()うるに、(しょう)じて(たちばな)()らずして、(すなわ)(からたち)()る。

※使=使役「使ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

※於=置き字(場所)

※乃ち=なんと、意外にも。「そこで」という意味でつかわれることが多い。

「江南に橘の木があり、斉王が人にこの橘を取らせて、これを江北に植えると、成長して橘の木とならずに、なんと枳の木となりました。

 

 

以然()

(しか)所以(ゆえん)(なん)ぞ。

 

そのようになった理由は何でしょう。

 

 

土地使()ムルヲシテ(なり)

()()()(これ)をして(しか)らしむるなり。

※使=使役「使ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

その土地が橘にそうさせたのです。

 

 

今斉人居リテハ()、来タセバ而盗

(いま)(せい)(ひと)(せい)()りては(とう)せず、(これ)(けい)()たせば(とう)す。

 

(もし)今、斉の国の者が斉にいれば盗みはしませんが、その者を荊に連れて来させると盗みをします。

 

 

キヲ土地使()ムルヲシテ()。」

土地の之をして然らしむる無きを得んや。」と。

※「 ~歟[邪・乎・也・哉・耶・与]」=疑問、「 ~か(や)」、「 ~か」

(荊の)土地が彼にそうさせたのではないと言えましょうか。(いや、言えません。)」と。

 

 

荊王曰ハク、「吾欲シテナハント而反ツテツト也。」

(けい)(おう)()はく、「(われ)()(そこ)なはんと(ほっ)して(かへ)つて(みずか)()つ。」と。

※子=あなた

※也=置き字(断定)

荊王は、「私はあなた(の名誉)を傷つけようとして、逆に自分が同じ目にあってしまった。」と言った。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類