フロンティア古典教室

『売鬼(鬼を売る)』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

南陽宋定伯、年少時、夜行キテ

(なん)(よう)(そう)(てい)(はく)(とし)(わか)(とき)(よる)()きて()()ふ。

 

南陽の宋定伯は、若いころ、夜に歩いていて幽霊に出会った。

 

 

フニ、鬼言、「我ナリト。」

(これ)()ふに、()()ふ、「(われ)()()なり。」と。

 

これに尋ねると、幽霊は、「私は幽霊だ。」と言った。

 

 

鬼問、「汝復ゾト。」

()()ふ、「(なんじ)()(たれ)ぞ。」と。

 

幽霊は、「おまえの方こそ誰だ。」と尋ねた。

 

 

定伯誑キテ、「我亦鬼ナリト。」

(てい)(はく)(これ)(あざむ)きて()ふ、「(われ)(また)()なり。」と。

 

定伯はこれに嘘をついて、「私もまた幽霊である。」と言った。

 

 

鬼問、「欲スルヤトラントレノ。」

()()ふ、「(いず)れの(ところ)(いた)らんと(ほっ)する。」と。

 

幽霊は、「どこに行こうとしているのか。」と尋ねた。

 

 

ヘテハク、「欲ストラント宛市。」

(こた)へて()はく、「(えん)()(いた)らんと(ほっ)す。」と。

 

(定伯が)答えて言うには、「宛の市場に行こうとしているのだ。」と.

 

 

鬼言、「我亦欲ストラント宛市。」

()()ふ、「(われ)(また)(えん)()(いた)らんと(ほっ)す。」と。

 

幽霊は、「私もまた宛の市場に行こうとしているのだ。」と言った。

 

 

クコト数里。

(つい)()くこと(すう)()

 

そのまま数里ほど行った。

 

鬼言、「歩行太()ヒニ相担。如何。」

()()ふ、「()(こう)すること(はなは)(おそ)(とも)(たが)ひに(あい)(にな)ふべし。如何(いかん)。」と。

 

幽霊は、「歩くのがとても遅い、一緒に交代で担ぎあうのが良い。どうだろうか。」と言った。

 

 

定伯曰ハク、「大イニシト。」

(てい)(はく)()はく「(おお)いに()し。」と。

 

定伯が言うには、「たいへん良い事だ。」と。

 

 

鬼便フコト定伯数里。

()便(すなわ)()(てい)(はく)(にな)ふこと(すう)()

 

幽霊はすぐにまず定伯を担いで数里ほど行った。

 

 

鬼言、「卿太、将ザル()。」

()()ふ、「(けい)(はなは)(おも)()()(あら)ざるか。」と。

 

幽霊は、「あなたはとても重い。ひょっとして幽霊ではないのか。」と言った。

 

 

定伯言、「我新鬼ナリ。故身重(のみ)。」

(てい)(はく)()ふ、「(われ)(しん)()なり(ゆえ)()(おも)きのみ。」

※「~ 耳」=限定「~ のみ」「~ だけだ」

定伯は、「私は幽霊になったばかりである、だから体が重いだけだ。」と言った。

 

 

定伯因リテフニ、鬼略無(ごと)クスルコトクノ再三。

(てい)(はく)()りて()()(にな)ふに、()(ほぼ)(おも)()し。()くのごとくすること再三(さいさん)

 

定伯はそこで今度は幽霊を担ぐと、幽霊はほとんど重さがなかった。このようなことを何度も繰り返した。

 

 

定伯復、「我新鬼ナレバ()ルカヲ畏忌スル。」

(てい)(はく)()()ふ、「(われ)(しん)()れば、(なん)()()する(ところ)()るかを()らず。」と。

 

定伯はまた、「私は幽霊になったばかりであるので、(幽霊は)何を忌み嫌うのか分からない。」と言った。

 

 

鬼答ヘテ、「惟()ルノミト。」

()(こた)へて()ふ、「()(ひと)(つばき)(この)ざるのみ。」と。

 

幽霊は答えて、「ただ人の唾を苦手とするだけだ。」と言った。

 

 

イテクニ、道

(ここ)()いて(とも)()くに、(みち)(みず)()ふ。

※「於イテ」=そこで。こうして。

こうして一緒に進んで行くと、道中で川に行き当たった。

 

 

定伯()ヲシテ、聴クニ、了然トシテ声音

(てい)(はく)()をして()(わた)らしめ、(これ)()くに、(りょう)(ぜん)として(せい)(おん)()し。

※令=使役「令ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

定伯は、幽霊を先に渡らせて、聞いてみると、まったく音がしなかった。

 

 

定伯自ルニ、漕漼トシテ

(てい)(はく)(みずか)(わた)るに、(そう)(さい)として(こえ)()す。

 

定伯が自ら渡ると、じゃぶじゃぶと音がした。

 

 

鬼復、「何ルヤト声。」

()()()ふ、「(なに)(もっ)(こえ)()。」と。

 

幽霊は再び、「どうして音がするのか。」と言った。

 

 

定伯曰ハク、「新タニシテ()ルガルニ(のみ)。勿カレトシムコト也。」

(てい)(はく)()はく、「(あら)たに()して、(みず)(わた)(なら)はざるが(ゆえ)のみ。(われ)(あや)しむこと()かれ。」と。

※「勿カレスル(コト)」=禁止、「Aしてはならない」

定伯が言うには、「新たに死んで、川を渡るのに慣れていないだけだ。私のことを怪しむでない。」と。

 

キテスルヤラント宛市、定伯便ヒテ肩上、急

()きて(えん)()(いた)らんと(ほっ)するや、(てい)(はく)便(すなわ)()(にな)ひて(けん)(じょう)()け、(きゅう)(これ)(とら)ふ。

 

進んで行って宛の市場に到着しそうになると、定伯はすぐに幽霊を担いで肩の上にのせ、突然これをしっかりと捕まえた。

 

 

鬼大イニ、声咋咋然トシテ、索ムルモサンコトヲ()一レ

()(おお)いに(さけ)び、(こえ)(さく)(さく)(ぜん)として、(くだ)さんことを(もと)むるも、()(これ)(ゆる)ず。

※「不タ (セ)」=「復た~(せ)ず」、「決して~しない/二度とは~しない」

幽霊は大声をあげて叫び、下ろしてくれと求めたけれども、決してこれを聞き入れなかった。

 

 

チニ宛市、下シテクレバ、化シテ一羊

(ただ)ちに(えん)()(うち)(いた)り、(くだ)して()()くれば、()して(いち)(よう)()る。

 

すぐに宛の市場の中に入り、下ろして地面に置くと、()一匹の羊となった。

 

 

便。恐変化センコトヲ、唾

便(すなわ)(これ)()る。()(へん)()せんことを(おそ)れ、(これ)(つばき)す。

 

すぐにそのままこれを売った。それが変化することを心配して、これに唾を吐いた。

 

 

銭千五百、乃

(ぜに)(せん)()(ひゃく)()て、(すなわ)()る。

 

千五百の銭を手に入れて、立ち去った。

 

 

(とう)()(せき)(すう)()へる()り、「(てい)(はく)()()て、(ぜに)(せん)()()たり。」と。

当時石崇有ヘル、「定伯売リテ、得タリト銭千五。」

 

当時、石崇が言ったことがある、「定伯は幽霊を売って、千五百の銭を手に入れたのである。」と。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類