フロンティア古典教室

『桃花源記(とうかげんのき)』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/03/01

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

太元中、武陵人捕ラフルヲ。縁リテ、忘()遠近

(しん)(たい)(げん)(ちゅう)()(りょう)(ひと)(さかな)()らふるを(ぎょう)()す。(たに)()りて行き、(みち)遠近(えんきん)(わす)る。

 

晋の太元年間に、武陵出身の人が魚を捕らえることを職業としていた。(ある日、舟で)谷川に沿って行くうちに、どれくらいの道のりを来たのか分からなくなってしまった。

 

 

桃花。夾ムコト数百歩、中雜樹。芳草鮮美ニシテ、落英繽紛タリ

(たちま)(とう)()(はやし)()ふ。(きし)(さしはさ)むこと数百歩、(なか)雑樹(ざつじゅ)無し。芳草(ほうそう)(せん)()にして、落英繽紛(らくえいひんぷん)たり。

 

突然桃の花が咲いている林に行きあたった。(その桃の林は)川を挟んで両岸に数百歩の距離にわたって続き、その中に桃以外の木はなかった。香りのよい草は鮮やかで美しく、花びらが散り乱れていた。

 

 

漁人甚シミ、復キテ、欲メント

漁人(ぎょじん)(はなは)(これ)(あや)しみ、()(すす)()きて、()(はやし)(きわ)めんと(ほっ)す。

 

漁師はたいそうこのことを不思議に思い、さらに先へ進んで、その桃の林を行けるところまで見極めようとした。

 

 

林尽水源、便タリ一山。山小口、髣髴トシテ(ごと)ルガ光。

(はやし)水源(すいげん)()き、便(すなわ)一山(いちざん)()たり。山に小口()り、髣髴(ほうふつ)として光()るがごとし。

便(すなわ)ち=すぐに、すぐにそのまま。つまり、ほかでもなく

林は川の水源の所で終わり、すぐそこに一つの山があった。山には小さな穴があり、(その中は)かすかに光が差しているようである。

 

 

便テテ、従口入。初メハメテ、纔ズルノミ

便(すなわ)ち船を捨てて、口より入る。初めは(きわ)めて(せま)く、(わずか)かに人を(つう)ずるのみ。

 

すぐに船を置いて、穴から入った。初めはとても狭く、かろうじて人一人が通ることができるだけであった。

 

 

クコト数十歩、豁然トシテ開朗ナリ。土地平曠ニシテ、屋舍儼然タリ

()た行くこと数十歩、豁然(かつぜん)として(かい)(ろう)なり。土地平曠(へいこう)にして屋舎(おくしゃ)(げん)(ぜん)たり。

 

さらに数十歩行くと、急に目の前が開けて明るくなった。土地は平らに開けて、建物ははきちんと並んでいる。

 

 

良田・美池・桑竹之属。阡陌交ハリ、鷄犬相聞コユ

(りょう)(でん)()()(そう)(ちく)(ぞく)()り。阡陌(せんぱく)(まじ)はり(つう)じ、(けい)(けん)(あい)()ゆ。

 

良い田畑・美しい池・桑や竹のたぐいがある。田畑のあぜ道が縦横に通じ、鶏や犬の鳴き声があちこちから聞こえる。

 

 

往来種作。男女衣著、悉(ごと)外人

()(なか)(おう)(らい)種作(しゅさく)す。男女の()(ちゃく)は、(ことごと)く外人のごとし。

 

その中を行き来したりて種をまき耕作したりしている。男女の服装は、全て外部の人と同じようである。

 

 

黄髮垂髫、並怡然トシテシム

黄髪(こうはつ)(すい)(ちょう)(なら)びに()(ぜん)として(みずか)(たの)しむ。

 

髪の毛が黄色くなった老人やおさげ髪の子どもが、みな喜び楽しんでいる。

 

 

漁人、乃イニ、問リテタル、具

漁人(ぎょじん)を見て、(すなわ)(おお)いに(おどろ)き、()りて()たる(ところ)()ふ。(つぶさ)(これ)(こた)ふ。

 

(村人たちは)漁師を見て、大いに驚き、どこから来たのかを尋ねた。(漁師は)詳しく質問に答えた。

 

 

便ヘテ、設シテ

便(すなわ)(むか)へて家に(かえ)り、酒を(もう)(にわとり)(ころ)して(しょく)(つく)る。

 

(村人は)すぐに誘って家に帰り、酒を用意し、鶏を殺して食事を作った。

 

 

村中聞ルヲ、咸来タリテ問訊

(むら)(じゅう)()の人()るを()き、(みな)()たりて問訊(もんじん)す。

 

村中の人達は、この人がいることを聞いて、皆やって来てあいさつをした。

 

 

、「先世避秦時、率ヰテ妻子邑人タリ絶境

(みずか)()ふ、「先世(せんせい)(しん)()(らん)()け、(さい)()邑人(ゆうじん)(ひき)ゐて()絶境(ぜっきょう)()たり、

 

(村人たちが)自分から言うことには、「(我々の)先祖は、秦の始皇帝が死んだ後の世の乱れを避け、妻子や村人を引き連れて、この世間から隔絶した場所にやって来て、

 

 

()焉。遂()外人間隔スト。」

()()でず。(つい)外人(がいじん)(かん)(かく)す。」と。

※「不タ (セ)」=部分否定、「復た~(せ)ず」、「決して~しない/二度とは~しない」

参考:「復二 (セ)」=全部否定、「復た~(セ)ず」、「今度もまた~しない」

二度とは(ここから)出ませんでした。こうして外界の人とは(へだ)ってった。」と。

 

 

、「今ゾト。」乃ルヲ漢、無魏・晋

()ふ、「(いま)()(なん)()ぞ。」と。(すなわ)(かん)()るを()らず、()(しん)(ろん)()し。

 

(さらに村人は)「今はいったい何という時代ですか。」と尋ねた。なんとまあ、(村人たちは)漢の時代があったことを知らず、まして魏や晋の時代を知らないのは言うまでもない。

 

 

人一一為。皆嘆惋

()(ひと)一一(いちいち)(ため)(つぶさ)()(ところ)()ふ。皆嘆惋(みなたんわん)す。

 

この人(=漁師)は、一つ一つ村人のために自分の聞き知っていることを詳しく説明した。(それを聞いた村人たちは)皆驚きため息をついた。

 

 

余人各復キテラシメ、皆出ダス酒食

()(じん)(おのおの)()()きて()(いえ)(いた)らしめ(みな)(しゅ)(しょく)()だす。

 

他の村人たちも、それぞれにまた(漁師を)招いて自分の家に連れて行き、皆酒や食事を出してもてなした。

 

 

マルコト数日ニシテ、辞去。此人語リテ、「不外人フニ。」

(とど)まること数日(すうじつ)にして、()(きょ)す。()(なか)(ひと)(かた)りて()ふ、「外人(がいじん)(ため)()ふに()らざるなり。」と。

 

(漁師は)数日滞在した後、別れを告げた。この村の中の人は告げて言うことには、「外界の人に対して(この村の事を)お話しになるには及びませんよ。(なので、黙っていてください。)」と。

 

 

デテ、得、便、処処

(すで)()でて、()(ふね)()便(すなわ)(さき)(みち)()処処(しょしょ)(これ)(しる)す。

 

やがてそこを出て、自分の船を見つけ、すぐにもと来たときの道をたどって、あちこちに目印をつけておいた。

 

 

郡下、詣リテ太守、説クコト(ごと)クノ

(ぐん)()(およ)び、太守(たいしゅ)(いた)て、()くこと()くのごとし。

 

(その後、)郡の役所のある所に着くと、太守(=郡の長官)のもとに参上して、(村についての)このような話をした。

 

 

太守即ハシテハシムクニ。尋ネシムルニ一レシシ、遂ヒテ、不一レ

太守(たいしゅ)(すなわ)(ひと)(つか)()()(したが)はしむ。(さき)(しる)しし(ところ)(たづ)ねしむるに、(つい)(まよ)ひて、()(みち)()ず。

 

太守はすぐに人を派遣して、漁師について行かせた。以前つけた目印を探させたが、結局迷って二度とは道は見つけられなかった。

 

 

南陽劉子驥、高尚(なり)。聞、欣然トシテカンコトヲ

南陽(なんよう)(りゅう)()()は、高尚(こうしょう)()なり。(これ)()き、欣然(きんぜん)として()かんことを(はか)る。

 

南陽の劉士驥は、俗世を離れた志の高い人であった。(劉士驥は)この話を聞いて、喜んで(その村に)行こうと計画した。

 

 

(いま/ず)タサ、尋イデミテハル。後遂

(いま/ず)()たさずして、()いで()みて()はる。(のち)(つい)(しん)()(もの)()し。

※「(いま/ず) ~ (セ)」=再読文字、「未だ ~(せ)ず」、「まだ ~(し)ない」

(しかし)まだ実行できないうちに、やがて病気になって死んでしまった。その後、とうとう(漁師が桃源郷に入る前に船を泊めた)渡し場を尋ねる人はいなかった。

 

 

 

 - 未分類