未分類

源氏物語『藤壺の入内』まとめ

現代語訳

 

源氏物語『桐壺(藤壺の入内)』(1)(2)現代語訳「年月に添へて、御息所の御ことを思し忘るる折なし。~」

 

源氏物語『藤壺の入内』現代語訳(1)(2)「源氏の君は、御あたり去り給はぬを、~」

 

 

解説・品詞分解

 

源氏物語『桐壺(藤壺の入内)』(1)解説・品詞分解「年月に添へて、御息所の御ことを思し忘るる折なし。~」

 

源氏物語『桐壺(藤壺の入内)』(2)解説・品詞分解「母后、あな恐ろしや。春宮の女御のいとさがなくて、~」

 

源氏物語『藤壺の入内』解説・品詞分解(1)「源氏の君は、御あたり去り給はぬを、~」

 

源氏物語『藤壺の入内』解説・品詞分解(2)「上も、限りなき御思ひどちにて、「な疎み給ひそ。~」

 

 

品詞分解のみ

 

源氏物語『藤壺の入内』品詞分解のみ(1)「源氏の君は、御あたり去り給はぬを、~」

 

源氏物語『藤壺の入内』品詞分解のみ(2)「上も、限りなき御思ひどちにて、「な疎み給ひそ。~」

 

 

 

-未分類

© 2020 フロンティア古典教室 Powered by AFFINGER5