フロンティア古典教室

無名草子『清少納言』(1)問題

   

 解答はこちら無名草子『清少納言』(1)問題の解答

 

「すべて、余りになりぬる人の、そのままにて侍る(ためし)ありがたきわざにこそあめれ桧垣(ひがき)の子、清少納言は、一条院の位の御時、中関白(なかのくわんぱく)、世をしら給ひける初め、皇太后宮の時めか給ふ盛りに候ひ給ひて、人より優なる者とおぼしめさたりけるほどのことどもは、『枕草子』といふものに、自ら書きあらはして侍れば、こまかに申すに及ばず。

 

歌詠みの(かた)こそ、元輔(もとすけ)が娘にて、さばかりなりけるほどよりは、すぐれざりけるとかやとおぼゆる。『()拾遺(しふゐ)』などにも、むげに少なう入りて侍るめり。みづからも思ひ知りて、申し請ひて、さやうのことには交じり侍らざりけるにやさらでは、いといみじかりけるものにこそあめれ

 

 

問題1.②ありがたき、④しら、⑦時めか、⑩候ひ、⑮むげに、のここでの意味を答えよ。

 

 

 

問題2.①ぬる、⑤せ、⑧せ、⑬れ、⑯めり、⑳めれ、の文法的説明として、次の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。

ア.過去  イ.完了  ウ.打消  エ.強意  オ.尊敬  カ.使役  キ.受身  ク.自発  ケ.可能  コ.推定  サ.婉曲  シ.存続

 

 

 

問題3.⑥給ひ、⑨給ふ、⑩候ひ、⑪給ひ、⑫おぼしめさ、の敬語の種類(尊敬・謙譲・丁寧のどれか)と誰に対する敬意かを答えなさい。【解答例;㊿参る:謙譲語・清少納言】(謙譲語であり、清少納言に対する敬意が払われているということ)

 

 

 

問題4.「③あめれ」を例にならって品詞分解し、説明せよ。

例:「い は/ず。」

いは=動詞・四段・未然形

ず=助動詞・打消・終止形

 

③品詞分解:「あ め れ」

 

 

 

 

 

問題5.「⑲いみじかり」において、何が「いみじかり」であったのか、「いみじかり」の意味も明らかにして説明しなさい。

 

答え:

 

 

問題6.「⑭さばかりなりけるほどよりは、すぐれざりけるとかやとおぼゆる」、「⑰さやうのことには交じり侍らざりけるにや」、「⑱さらでは」、の現代語訳を答えよ。

 

 

 

 

 

 解答はこちら無名草子『清少納言』(1)問題の解答

 

 無名草子『清少納言』まとめ

 

 

 - 未分類