フロンティア古典教室

三冊子『不易と流行』現代語訳

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら三冊子『不易と流行』解説・品詞分解

 

師の風雅に万代不易あり、一時の変化あり。

 

師(である芭蕉)の俳諧には、永久に変わらない価値をもつものがあり、また時代により変化するものがある。

※風雅=「俳諧」のことを指している。

 

 

この二つにきはまり、その本一つなり。

 

(師の俳諧は)この二つに尽きるのであり、その(二つの)根本は一つである。

 

 

その一といふは風雅の誠なり。

 

その一つの根本というのは俳諧の誠である。

※風雅の誠=俳諧の道における真実

 

 

不易を知らざれば、まことに知れるにあらず。

 

不易を知らなければ、本当に俳諧を理解したことにはならない。

※不易=永久に変わらない面

 

 

不易といふは新古によらず、変化流行にもかかはらず、誠によく立ちたる姿なり。

 

不易というのは、新しいとか古いとかによるのでなく、(時代・作風の)変化や流行にもかかわらず、(俳諧の)誠の上にしっかり立っている(作品の)姿を言うのである。

※誠によく立ちたる姿=真実の心にもとづいて詠まれた作品の姿

 

 

代々の歌人の歌を見るに、代々その変化あり。

 

歴代の歌人の歌を見ると、時代時代で(作風などに)変化がある。

 

 

また、新古にもわたらず、今見るところ昔見しに変わらず、あはれなる歌多し。

 

また、新しいか古いかということに関係なく、今の人が見ても、昔の人が(しみじみと感動して)見たのと変わらず、しみじみと感じさせる歌は多い。

 

 

これまづ不易と心得べし。

 

これをまず不易と言うのだと心得なさい。

 

 

また、千変万化するものは、自然の理なり。

 

また、万物がさまざまに変化することは、自然の道理である。

 

 

変化にうつらざれば、風あらたまらず。

 

変化して行くことがなければ、俳諧の作風は改まらない。

 

 

これにおし移らずといふは、一端の流行に口つき時を得たるばかりにて、

 

俳諧の作風が変化して行くことがないというのは、一時的な俳風の変化において、その詠みぶりがもてはやされているだけであって、

 

 

その誠をせめざるゆゑなり。

 

俳諧の誠を追求していないためである。

 

 

せめず、心をこらさざるもの、誠の変化を知るといふことなし。

 

(俳諧の誠を)追求せず、心を凝らさないものは、誠の排風の変化を知ることがない。

 

 

ただ人にあやかりて行くのみなり。

 

ただ人の影響を受けて模倣して行くだけである。

 

 

せむるものは、その地に足をすゑがたく、一歩自然に進む理なり。

 

誠を追求するものは、自身の現在の境地に足をとどめていることができず、一歩自然に前進するのは当然の道理である。

 

 

行く末幾千変万化するとも、誠の変化は皆師の俳諧なり。

 

将来の俳風がいくら変化しようとも、俳諧の誠を追求することから生まれた変化は、すべて師(である芭蕉)の俳諧である。

 

 

「かりにも古人の涎をなむる事なかれ。

 

「かりにも昔の人の真似をしてはならない。

 

 

四時のおし移るごとくものあらたまる。みなかくのごとし。」とも言へり。

 

四季の変化して行くように物事は変化する。(そして、俳諧も含めて)すべてこのように同じである。」とも、(師は)言った。

 

 

解説・品詞分解はこちら三冊子『不易と流行』解説・品詞分解 

 

 

 

 - 未分類