フロンティア古典教室

墨子『非攻』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

今有一人、入リテ園圃、窃桃李

(いま)(いち)(にん)()り、(ひと)(えん)()()りて、()(とう)()(ぬす)む。

 

(仮に)今一人の人がいて、他人の果樹園や畑に入って、その桃や(すもも)を盗んだとする。

 

 

衆聞カバトシ、上者、得セン。此()

(しゅう)()かば(すなわ)(これ)()とし、(うえ)(まつりごと)()(もの)()(すなわ)(これ)(ばっ)せん。()(なん)ぞや。

 

人々は聞くとそれを非難し、人々の上で政治を行う者は、捕らえてその盗人を罰するだろう。これはどうしてか。

 

 

キテスルヲ(なり)

(ひと)()きて(みずか)()するを(もっ)てなり。

 

他人に損害を与えて自分の利益としたからである。

 

 

リテハ犬豕鶏豚、其不義又甚ダシリテ園圃ムヨリ桃李。是()

(ひと)(けん)()(けい)(とん)(ぬす)(もの)(いた)りては、()()()(また)(ひと)(えん)()()りて(とう)()(ぬす)むより(はなは)だし。()(なん)(ゆえ)ぞや。

 

(迷いこんできた)他人の犬や豚や鶏や子豚を盗む者に至っては、その不義は他人の果樹園や畑に入って桃や李を盗むよりもひどい。これはなぜだろうか。

※不義=人として行うべき正しい道に外れること

※義=人として行うべき正しい道

 

 

テナリクコト愈多キヲ。苟クモクコト愈多ケレバ、其不仁茲甚ダシク、罪益厚

(ひと)()くこと(いよいよ)(おお)きを(もっ)てなり。(いやし)くも(ひと)()くこと(いよいよ)(おお)ければ、()()(じん)(ますます)(はなは)だしく、(つみ)(ますます)(あつ)し。

 

他人に損害を与えることがさらに多いからである。仮にも人に損害を与えることがさらに多ければ、その不仁はますますひどく、罪はますます重い。

※不仁=思いやりの心がないこと

※仁=思いやりの心

 

 

リテハリテ欄廏、取馬牛、其不義又甚ダシムヨリ犬豕鶏豚。此()

(ひと)(らん)(きゅう)()りて、(ひと)()(ぎゅう)()(もの)(いた)りては、()()()(また)(ひと)(けん)()(けい)(とん)(ぬす)むより(はなは)だし。()(なん)(ゆえ)ぞや。

 

他人の畜舎に入って、他人の馬や牛を盗む者に至っては、その不義は(迷いこんできた)犬・豚・鶏・子豚を盗むよりもひどい。これはなぜだろうか。

 

 

テナリクコト愈多キヲ。苟クモクコト愈多ケレバ、其不仁茲甚ダシク、罪益厚

其の人を虧くことの愈多きを以てなり。(いやし)くも(ひと)()くこと(いよいよ)(おお)ければ、()()(じん)(ますます)(はなは)だしく、(つみ)(ますます)(あつ)し。

 

他人に損害を与えることがさらに多いからである。仮にも人に損害を与えることが多ければ、その不仁はますますひどく、罪はますます重い。

 

 

リテハ不辜也、扡衣裘、取戈剣者上、其不義又甚ダシリテ欄廏ルヨリ馬牛。此()

()()(ひと)(ころ)し、()()(きゅう)(うば)ひ、()(けん)()(もの)(いた)りては()()()(また)(ひと)(らん)(きゅう)()りて、(ひと)()(ぎゅう)()るより(はなは)だし。()(なん)(ゆえ)ぞや。

 

無実の人を殺し、その衣服を奪い、(ほこ)や剣を奪う者に至っては、その不義は他人の畜舎に入って、他人の馬や牛を盗むよりもひどい。これはなぜだろうか。

 

 

テナリクコト愈多キヲ。苟クモクコト愈多ケレバ、其不仁茲甚ダシク、罪益厚

()(ひと)()くこと(いよいよ)(おお)きを(もっ)てなり。(いやし)くも(ひと)()くこと(いよいよ)(おお)ければ、()()(じん)(ますます)(はなは)だしく(つみ)(ますます)(あつ)し。

※苟=仮定「苟クモ」「もし~ならば」

他人に損害を与えることがさらに多いからである。仮にも他人に損害を与えることがさらに多ければ、その不仁はますますひどく、罪はますます重い。

 

 

(ごと)キハクノ、天下之君子皆知リテ而非トシ、謂不義

()くのごときは(てん)()(くん)()(みな)()りて()()とし(これ)()()()ふ。

 

このようなことは世の中の君子は、皆知っていてこれらを非難し、これらを不義と言っている。

 

 

今至リテハイニシテ不義上レムルニ、則()トスルヲ、従ヒテ而誉メテ、謂

(いま)(おお)いに()()()して(くに)()むるに(いた)りては、(すなわ)()とするを()らず、(したが)ひて(これ)()めて、(これ)()()ふ。

 

(しかし、)今、大いに不義をはたらいて他国を攻めるに至っては、非難することを知らず、これを誉めて、これを義と言っている。

 

 

()ケンルト()不義()()

()()()()との(べつ)()ると()ふべけんや。

 

これでは義と不義との区別を知っていると言えるだろうか。(いや、言えない。)

 

 

サバ一人、謂不義、必一死罪矣。

(いち)(にん)(ころ)さば(これ)()()()ひ、(かなら)(いち)()(ざい)()り。

※矣=置き字(断定・強調)

人を一人殺したら、これを不義と言い、必ず一つの死罪となる。

 

 

カバ、殺サバ十人、十不義、必十死罪矣。

()()(せつ)(もっ)()かば、(じゅう)(にん)(ころ)さば、()()(じゅう)(じゅう)し、(かなら)(じゅう)()(ざい)()り。

※「() ~」=仮定、「もし ~ならば」

もしこの考え方を進めて行けば、十人を殺したら、不義は十倍となり、必ず十倍の死罪となる。

 

 

サバ百人、百不義、必百死罪矣。

(ひゃく)(にん)(ころ)さば、()()(ひゃく)(じゅう)し、(かなら)(ひゃく)()(ざい)()り。

 

百人を殺したら、不義は百倍となり、必ず百倍の死罪となる。

 

 

キハクノ天下()君子、皆知リテ而非トシ、謂不義

()くの(ごと)きは(てん)()(くん)()(みな)()りて(これ)()とし、(これ)()()()ふ。

 

このようなことは世の中の君子は、皆知っていてこれを非難し、不義と言っている。

 

 

今至リテハイニシテ不義上レムルニ、則トスルヲ、従ヒテ而誉、謂

(いま)(おお)いに()()()して(くに)()むるに(いた)りては、(すなわ)()とするを()らず、(したが)ひて(これ)()め、(これ)()()ふ。

※而=置き字(順接・逆接)

今、大いに不義をはたらいて他国を攻めるに至っては、非難することを知らず、これを誉めて、これを義と言っている。

 

 

()不義(なり)。故シテ後世

(まこと)()()()()らざるなり。(ゆえ)()(げん)(しょ)して(こう)(せい)(のこ)す。

 

本当にそれが不義であることを知らないのである。だからそのこと(=他国を攻めたこと)を書物に記して後世に遺す。

 

 

ラバ不義也、夫アリテカシテ不義サン後世()

()()()()()らば、()(なん)(せつ)ありてか()()()(しょ)して(もっ)(こう)(せい)(のこ)さんや。

※「 ~(セ)ン哉[邪・乎・也・歟・耶・与]」=反語、「 ~(せ)んや」、「 ~だろうか。(いや、~ない。)」

もしもそれが不義であることを知ったならば、そもそもどんな考えがあってその不義を書物に記して後世に遺すだろうか。(いや、書物にして遺したりはしないだろう。)

 

 

目次:中国の思想家(漢文)

 

 

 

 - 未分類