フロンティア古典教室

『春夜宴桃李園序(春夜桃李の園に宴するの序)』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

春夜宴スルノ桃李序   李白

(しゅん)()(とう)()(えん)(えん)するの(じょ) ()(はく)

 

春の夜に桃李の園で宴会を開いた際の序

 

 

天地()万物()逆旅ニシテ、光陰()百代()過客ナリ

()(てん)()(ばん)(ぶつ)(げき)(りょ)にして、(こう)(いん)(ひゃく)(だい)()(かく)なり。

※夫()れ。そもそも、いったい。

そもそも天地はあらゆるものの旅宿のようなもので、月日は永遠の旅人のようなものである。

 

 

シテ浮生(ごと)、為スコトビヲ幾何

(しか)して()(せい)(ゆめ)ごとし、(よろこ)びを()こと(いく)(ばく)ぞ。

 

そしてはかない人生は夢のような(はかなく短い)もので、楽しみをなすこともどれほどの時間があろうか。(いや、そんなに時間はない。)

 

 

古人秉リテ夜遊、良(なり)

()(じん)(しょく)()りて(よる)(あそ)(まこと)(ゆえ)()るなり。

 

(日の出ている間だけでは短いと、)昔の人が明かりをともして夜にも遊んだのは、本当に理由があるのである。

 

 

ンヤ陽春召クニテシ煙景、大塊仮スニテスルヲヤ文章

(いわ)んや(よう)(しゅん)(われ)(まね)(えん)(けい)(もっ)てし、(たい)(かい)(われ)()(ぶん)(しょう)(もっ)てするをや。

※「況ンヤ乎」=抑揚、「況(いは)んやCをや」→「ましてCの場合はなおさら(B)だ。」

ましてうららかな春が私を招くのに春霞の景色を用い、世界の創造主は私に詩文の才能を貸し与えてくれた。(なので楽しまずにはいられない。)

 

 

シテ桃李()芳園、序天倫()楽事

(とう)()(ほう)(えん)(かい)して、(てん)(りん)(らく)()(じょ)す。

 

桃や(すもも)の花が咲き香る庭園に集まって、兄弟たちの楽しみごとを順序よく行った。

 

 

群季俊秀、皆()恵連

(ぐん)()(しゅん)(しゅう)(みな)(けい)(れん)たり。

 

多くの年少の者たちで才能のある者は、みな謝惠連のよう(に詩が上手)である。

 

 

吾人詠歌、独康楽

()(じん)(えい)()(ひと)(こう)(らく)()づ。

 

(それに比べて年長者の)私の作る詩は、(謝惠連のいとこである)康楽に恥じ入るばかりである。

 

幽賞(いま/ず)、高談転

(ゆう)(しょう)(いま)()まず(こう)(だん)(うた)(きよ)し。

※「(いま/ざ) ~ (セ)」=再読文字、「未だ ~(せ)ず」、「まだ ~(し)ない」

心静かに(この春の景色を)味わうことはまだ終わらず、高尚な談話はますます清らかになっていった。

 

 

キテ瓊筵、飛バシテ羽觴而酔

(けい)(えん)(ひら)きて(もっ)(はな)()()(しょう)()ばして(つき)()う。

 

立派な宴の席を開いて花の下に座り、スズメが羽を広げた形の杯を交わして月に酔う。

 

 

ンバ佳作、何ベン雅懐

()(さく)()らずんば(なん)()(かい)()べん。

※「何 ~ (セ)ン(ヤ)」=反語、「何ぞ ~(せ)ん(や)」、「どうして ~(する)だろうか。(いや、~ない)」

良い詩ができなければ、どうして風流な心情を表現できようか。(いや、できない。)

 

 

詩不ンバ、罰ラン金谷酒数

()()()らずんば(ばつ)(きん)(こく)(しゅ)(すう)()らん。

 

もし詩ができなければ、罰として金谷園の故事にならった酒の杯数(=三杯)を飲むことにしよう。

※金谷園の故事=(しん)(せき)(すう)金谷園宴会った杯飲ませたという故事

 

 

 

 

 

 

 - 未分類