フロンティア古典教室

土佐日記『亡児』現代語訳

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら土佐日記『亡児』解説・品詞分解

 

 

二十七日。大津より(うら)()をさして()()

 

二十七日。大津から浦戸を目指して漕ぎ出す。

 

 

かくあるうちに、京にて生まれたりし女子、国にてにはかに失せにしかば、

 

こうしたことがあるうちに、京で生まれた女の子が、(土佐の)国で突然に亡くなってしまったので、

※京にて生まれたりし女子=京で生まれた紀貫之の子供。紀貫之が土佐へ赴任する際に一緒に連れて行った。

 

 

このごろの出で立ちいそぎを見れど、何ごとも言はず、

 

近頃の出発の準備を見るけれど、何も言わず、

 

 

京へ帰るに女子のなきのみぞ、悲しび恋ふる。ある人々もえ堪へず。

 

京に帰るのに(紀貫之の)女の子がいないことだけが、悲しく恋しい。その場にいる人々も(悲しみに)耐えられない。

 

 

この間に、ある人の書きて出だせる歌、

 

こうしている間に、ある人(=紀貫之)が書いて出した歌、

※ある人=紀貫之のこと。紀貫之は、この日記を女性が書いたものとして作成しているため、自分のことを第三者のように「ある人」として表記している。

 

 

都へと  思ふをものの  悲しきは  帰らぬ人の  あればなりけり

 

(ようやく)都へ帰るのだと思うけれども、なんとなく悲しいのは、(一緒に)帰らない人(=亡くなった紀貫之の娘)がいるからなのだなあ。

 

 

また、あるときには、

 

また、あるときには、(次のように歌を詠んだ、)

 

 

あるものと  忘れつつなほ  なき人を  いづらと問ふぞ  悲しかりける

 

(娘が)生きているものと(思って、死んでしまったことを)忘れては、やはり亡くなった娘を、どこにいるのかと尋ねてしまうのが悲しいことであるよ。

 

 

土佐日記『亡児』解説・品詞分解

 

目次:『土佐日記』

 

 

 

 - 未分類