未分類

大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(本編)現代語訳

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(本編)解説・品詞分解

 

導入部分はこちら大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(導入・締めくくり)現代語訳

 

 

帥殿(そちどの)の、南の院にて人々集めて弓あそばししに、

 

帥殿(=伊周)が、南の院で人々を集めて弓の競射をなさった時に、

 

 

この殿わたらせ(たま)へれば、思ひかけずあやしと、中関白殿(なかのかんぱくどの)おぼし驚きて、

 

この殿(=道長)がおいでになったので、「意外で変だ」と中関白殿(=道隆)が驚きになって、

 

 

いみじう饗応(きょうおう)し申させ給うて、

 

(道隆が)たいそうもてなし申しなさって、

 

 

()(ろう)におはしませど、前に立て(たてまつ)りて、まづ射させ奉らせ給ひけるに、

 

(道長は伊周よりも)階級の低い方でいらっしゃったが、先にお立て申して、(道隆が道長に)まず射させ申し上げなさったところ、

 

 

帥殿の矢数、いま二つ劣り給ひぬ。

 

帥殿(=伊周)の当てた矢の数が、もう二本(道長に)負けなさった。

 

中関白殿、また御前に候ふ人々も、

 

中関白殿(=道隆)、また、御前にお仕えしている人々も、

 

 

「いま二度延べさせ給へ。」と申して、

 

「あと二度延長なさいませ。」と申し上げて、

 

 

延べさせ給ひけるを、やすからず思しなりて、

 

延長なさったところ、(道長は)心中穏やかでなくお思いになって、

 

 

「さらば、延べさせ給へ。」と仰せられて、

 

「それならば、延長なさい。」とおっしゃって、

 

 

また射させ給ふとて、仰せらるるやう、

 

再び射なさる時に、おっしゃることには、

 

 

「道長が家より(みかど)(きさき)立ち給ふべきものならば、この矢当たれ。」

 

「道長の家から(将来の)帝や后がお立ちになるはずのものならば、この矢当たれ。」

 

 

と仰せらるるに、同じものを、中心(なから)には当たるものかは。

 

とおっしゃったところ、同じ当たるということでも、こんなに的の真ん中に当たったではないか。

 

 

次に、帥殿射給ふに、いみじう(おく)し給ひて、御手もわななくけにや、的のあたりにだに近く寄らず、

 

次に、帥殿(=伊周)が射なさったが、たいそう気おくれなさって、御手も震えたためであろうか、的の近くにさえ近寄らず、

 

 

()(へん)世界を射給へるに、関白殿、色青くなりぬ。

 

でたらめの方向を射なさったので、中関白殿(=道隆)は青ざめてしまった。

 

また、入道殿射給ふとて、「摂政・関白すべきものならば、この矢当たれ。」

 

また、入道殿(=道長)が射なさるとき、「(自分が)摂政・関白になるはずのものであるならば、この矢当たれ。」

 

 

と仰せらるるに、初めの同じやうに、的の破るばかり、同じところに射させ給ひつ。

 

とおっしゃったところ、はじめと同じように、的が壊れるほどに、同じところに射なさった。

 

 

饗応し、もてはやし聞こえさせ給ひつる興もさめて、こと苦うなりぬ。

 

もてなして、取り持ち申し上げていらっしゃった興もさめて、気まずくなってしまった。

 

 

大臣(おとど)、帥殿に、「何か射る。な射そ、な射そ。」

 

父大臣(=道隆)は、帥殿(=伊周)に、「どうして射るのか。射るな、射るな。」

 

 

と制し給ひて、ことさめにけり。

 

とお止めになって、興もさめてしまった。

 

 

大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(導入・締めくくり)現代語訳

 

大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(本編)解説・品詞分解

 

大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』まとめ

 

 

 

-未分類

© 2020 フロンティア古典教室 Powered by AFFINGER5