フロンティア古典教室

大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(導入・締めくくり)現代語訳

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(導入・締めくくり)解説・品詞分解

 

本編はこちら大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(本編)現代語訳

 

 

『導入』

 

世間の光にておはします殿の、一年ばかり、ものを安からず(おぼ)()したりしよ。

 

世間の光でいらっしゃる殿(=藤原道長)が、一年ほど、(伊周よりも出世が遅れて)心中穏やかでなくお思いでいらっしゃったよ。

 

 

いかに天道(てんとう)()(らん)じけむ。

 

(このことを)どのように天帝はご覧になったのでしょうか。

 

 

さりながらも、いささか逼気(ひけ)し、御心やは倒させ(たま)へりし。

 

しかしながら、(道長は)少しでも卑屈になったり、悲観なさったりしたでしょうか。(いや、そのようなことはありませんでした。)

 

 

朝廷(おおやけ)ざまの公事(くじ)・作法ばかりにはあるべきほどにふるまひ、時違ふことなく勤めさせ給ひて、

 

朝廷の公務や儀式だけには分相応にふるまい、時間を間違えることなくお勤めになって、

 

 

内々には、所も置き聞こえさせ給はざりしぞかし。

 

(一方)私生活では、全くご遠慮申し上げたりはなさいませんでしたよ。

 

 

 

大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(本編)現代語訳

 

 

『締めくくり』

 

今日に見ゆべきことならねど、人の御さまの、言ひ出で給ふことの趣より、

 

今日ただちに実現するはずのことではないけれど、人(=道長)のご様子や、言い出しなさったことの内容から、

 

 

かたへは(おく)せられ給ふなんめり。

 

そばにいる人は自然と気おくれなさったことであるようだ。

 

 

大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』まとめ

 

 

 

 - 未分類