フロンティア古典教室

源氏物語『藤壺の入内』品詞分解のみ(1)

   

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

 源氏物語『藤壺の入内』まとめ

 

 

源氏の君=名詞

=係助詞

御あたり=名詞

去り=ラ行四段動詞「去る」の連用形

給は=補助動詞ハ行四段「給ふ」の未然形、尊敬語。動作の主体である光源氏(=源氏の君)を敬っている。作者からの敬意。

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

=接続助詞

 

源氏の君は、御あたり去り給はぬを、

源氏の君は、帝のおそばを離れなさらないので、

 

 

まして=副詞

しげく=ク活用の形容詞「繁し(しげし)」の連用形

渡ら=ラ行四段動詞「渡る」の未然形

=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である御方(=藤壺)を敬っている。作者からの敬意。

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語。

御方=名詞

=係助詞

=副詞、下に打消の表現を伴って「~できない」

恥ぢあへ=ハ行下二段動詞「恥ぢあふ」の連用形、最後まで恥ずかしがる、すっかり恥ずかしがる

敢ふ(あふ)=補助動詞ハ行下二、完全に~しきる、十分に~する、最後まで~する

給は=補助動詞ハ行四段「給ふ」の未然形、尊敬語。動作の主体である藤壺を敬っている。作者からの敬意。

=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

ましてしげく渡らせ給ふ御方は、え恥ぢあへ給はず。

まして頻繁にお通いになるお方(=藤壺)は、(光源氏に対して)最後まで恥ずかしがってはいらっしゃれない。

 

 

いづれ=代名詞

=格助詞

御方=名詞

=係助詞

われ=代名詞

=名詞

=格助詞

劣ら=ラ行四段動詞「劣る」の未然形

=推量の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

=格助詞

思い=ハ行四段動詞「思ふ」の連用形が音便化したもの

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

=反語の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

=強調の係助詞。現代語でもそうだが、疑問文を強調していうと反語となる。「~か!(いや、そうじゃないだろう。)」。なので、「~やは・~かは」とあれば反語の可能性が高い。

ある=ラ変動詞「あり」の連体形。係助詞「や」を受けて連体形となっている。係り結び。

 

いづれの御方も、われ人に劣らむと思いたるやはある、

(帝にお仕えしている)どのお方も、自分が人より劣っているだろうと思っている方がいるだろうか、(いや、いない、)

 

 

とりどりに=ナリ活用の形容動詞「とりどりなり」の連用形

いと=副詞

めでたけれ=ク活用の形容詞「めでたし」の已然形、みごとだ、すばらしい。魅力的だ、心惹かれる

=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。

うち大人び=バ行上二段動詞「うち大人ぶ」の連用形、少し年長である。「うち」は接頭語で、「少し、ちょっと」といった意味がある。

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の已然形、尊敬語。動作の主体であるいづれの御方を敬っている。作者からの敬意。

=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

=接続助詞

 

とりどりにいとめでたけれど、うち大人び給へるに、

それどれにたいそう美しいけれど、少し年長でいらっしゃるのに、

 

 

いと=副詞

若う=ク活用の形容詞「若し」の連用形が音便化したもの

うつくしげに=ナリ活用の形容動詞「美しげなり」の連用形、かわいらしい様子である、美しい様子である

=接続助詞

切に=ナリ活用の形容動詞「切なり(せちなり)」の連用形、急だ、大切だ。「切に(連用形)」で、しきりに、ひたすら、ひどく

隠れ=ラ行下二段動詞「隠る」の連用形

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の已然形、尊敬語。動作の主体である藤壺を敬っている。作者からの敬意。

=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。

おのづから=副詞、自然に、ひとりでに。まれに、たまたま。もしかして。

漏り見=マ行上一段動詞「漏り見る」の連用形

奉る=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の終止形、謙譲語。動作の対象(見られる人)である藤壺を敬っている。作者からの敬意。

 

いと若ううつくしげにて、(せち)に隠れ給へど、おのづから漏り見(たてまつ)る。

(藤壺は)たいそう若くかわいらしくて、しきりにお隠れになるけれど、(光源氏は藤壺の姿を)自然とお見かけする。

 

母御息所=名詞

=係助詞

(かげ)=名詞、姿、形。光。鏡や水などに移る姿、映像

だに=副助詞、類推(~さえ・~のようなものでさえ)。強調(せめて~だけでも)。添加(~までも)

おぼえ=ヤ行下二段動詞「思ゆ・覚ゆ(おぼゆ)」の連用形。「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここではおそらく「自発」の意味で使われている。

給は=補助動詞ハ行四段「給ふ」の未然形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

=接続助詞

 

母御息所も、影だにおぼえ給はぬを、

(光源氏は)母の御息所(=桐壷の更衣)のことも、姿さえ覚えていらっしゃらないが、

 

 

いと=副詞

よう=ク活用の形容詞「良し」の連用形が音便化したもの

=ナ行上一段動詞「似る」の連用形

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の已然形、尊敬語。動作の主体である藤壺を敬っている。典侍からの敬意。

=存続の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

=格助詞

典侍(ないしのすけ)=名詞

=格助詞

聞こえ=ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の連用形、「言ふ」の謙譲語。おそらく動作の対象である藤壺を敬っている。作者からの敬意。

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

=接続助詞

 

「いとよう似給へり。」と、(ないし)(のすけ)の聞こえけるを

「(藤壺は光源氏の母に)たいそうよく似ていらっしゃる。」と、典侍が申し上げたので、

 

 

若き=ク活用の形容詞「若し」の連体形

御心地=名詞

=格助詞

いと=副詞

あはれ=形容動詞「あはれなり」の語幹。「あはれ」はもともと感動したときに口に出す感動詞であり、心が動かされるという意味を持つ。しみじみと思う、しみじみとした情趣がある。

=格助詞

思ひ=ハ行四段動詞「思ふ」の連用形

聞こえ=補助動詞ヤ行下二「聞こゆ」の連用形、の謙譲語。動作の対象である藤壺を敬っている。作者からの敬意。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連用形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

=接続助詞

 

若き御心地にいとあはれと思ひ聞こえ給ひて、

幼心にたいそう慕わしいと思い申し上げなさって、

 

 

=名詞

=格助詞

参ら=ラ行四段動詞「参る」の未然形、「行く」の謙譲語。動作の対象である藤壺を敬っている。作者からの敬意。

まほしく=願望・希望の助動詞「まほし」の連用形、接続は未然形

なづさひ=ハ行四段動詞「なづさふ」の連用形、なつく、親しむ。水にひたる。

=マ行上一段動詞「見る」の連用形

奉ら=補助動詞ラ行四段「奉る」の未然形、謙譲語。動作の対象である藤壺を敬っている。光源氏からの敬意。

ばや=願望の終助詞、接続は未然形

=格助詞

おぼえ=ヤ行下二段動詞「思ゆ・覚ゆ(おぼゆ)」の連用形。「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここではおそらく「自発」の意味で使われている。

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の終止形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

常に参らまほしく、「なづさひ見奉らばや。」とおぼえ給ふ。

いつも(藤壺のおそばに)参りたく、「親しんで拝見したい。」とお思いになる。

 

 

続きはこちら源氏物語『藤壺の入内』品詞分解のみ(2)

 

 源氏物語『藤壺の入内』まとめ

 

 

 

 - 未分類