フロンティア古典教室

大鏡『雲林院の菩提講』現代語訳(2)

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

 解説・品詞分解のみはこちら大鏡『雲林院の菩提講』解説・品詞分解(2)

 

誰も少しよろしき者どもは、見おこせ、居寄りなどしけり。

 

誰でも少し身分や教養のある者たちは、(話に興味を持って、老人たちの方を)見たり、近寄ったりなどした。

 

 

年三十ばかりなる侍めきたる者の、せちに近く寄りて、

 

(その中で)三十歳ぐらいの侍らしく見える者が、ひたすら近くに寄って

 

 

「いで、いと興あること言ふ老者たちかな。

 

「なんとまあ、とてもおもしろいことを言う老人たちですなあ。

 

 

さらにこそ信ぜられね。」

 

まったく信じられません。」

 

 

と言へば、翁二人見かはしてあざ笑ふ。

 

と言うと、おじいさん二人は、顔を見合わせて大声で笑う。

 

 

続きはこちら大鏡『雲林院の菩提講』現代語訳(3)

 

 大鏡『雲林院の菩提講』解説・品詞分解(2)

 

 大鏡『雲林院の菩提講』まとめ

 

 

 - 未分類