フロンティア古典教室

伊勢物語『筒井筒』品詞分解のみ(2)

   

青=現代語訳

 伊勢物語『筒井筒』まとめ

 

さて=接続詞、(話題を変えるときに、文頭において)さて、そして、ところで、それで

年ごろ=名詞、長年、数年間、長い間

経る(ふる)=ハ行下二段動詞「経(ふ)」の連体形

ほど=名詞

=格助詞

=名詞

=名詞

なく=ク活用の形容詞「無し(なし)」の連用形

頼り・便り(たより)=名詞、頼りどころ、縁故。良い機会、事のついで。便宜、手段。消息、手紙、訪れ。ぐあい、配置。

まま=名詞

=格助詞 「ままに」=~にまかせて、思うままに。~するとすぐに。(原因・理由)…なので。

 

さて、年ごろ経るほどに、女、親なく、頼りなくなるままに、

そして、数年たつうちに、女は親を亡くし、生活の頼りとなるところを失うにつれて、

 

 

もろともに=副詞、いっしょに

言ふかひなく=ク活用の形容詞「言ふかひなし」の連用形、言っても仕方がない、言っても何にもならない、どうしようもない。(幼く)わきまえがない、聞き分けがない。

=接続助詞

あら=ラ変動詞「あり」の未然形

=推量の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

=反語・疑問の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

=強調の係助詞。現代語でもそうだが、疑問文を強調していうと反語となる。「~か!(いや、そうじゃないだろう。)」。なので、「~やは・~かは」とあれば反語の可能性が高い。

=格助詞

=接続助詞

 

もろともに言ふかひなくてあらむやはとて、

(男は、女と)一緒に、どうしようもなくみじめに暮らしていられようか(、いや、よくない、)と思って、

 

 

河内の国=名詞

高安の郡(たかやすのこおり)=名詞

=格助詞

行き通ふ=ハ行四段動詞「行き通ふ」の連体形

=名詞

出で来(いでき)=カ変動詞「出で来(いでく)」の連用形。

=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

河内(こうち)の国高安(たかやす)(こおり)に、行き通ふ所出で来にけり。

河内の国の高安の郡に、通って行く(女の)所ができてしまった。

 

 

さり=ラ変動詞「然り(さり)」の連用形、そうだ、そうである。適切である、ふさわしい、しかるべきだ。

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

=逆接の接続助詞、活用語の已然家につく

そうではあったけれど、

 

 

=名詞

=格助詞

もと=名詞

=格助詞

=名詞

悪し=ク活用の形容詞「悪し(あし)」の終止形、悪い。対義語は「良し(よし)」。「よし>よろし≧普通≧わろし>あし」みたいなイメージ。

=格助詞

思へ=ハ行四段動詞「思ふ」の已然形

=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然家・四段なら已然形

気色(けしき)=名詞、様子、状態。ありさま、態度、そぶり。

=係助詞

なく=ク活用の形容詞「無し(なし)」の連用形

=接続助詞

出だしやり=ラ行四段動詞「出だし遣る(いだしやる)」の連用形、送り出す。

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

このもとの女、悪しと思へるけしきもなくて、出だしやりければ、

このもとの女は、(男が河内へ行くのを)嫌だと思っている様子もなくて、(男を)送り出していたので、

 

 

=名詞

異心(ことごころ)=名詞、他の事を思う心、浮気心。

あり=ラ変動詞「あり」の連用形

=接続助詞

かかる=ラ変動詞「かかり」の連体形、このような、こういう

=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

=疑問の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

あら=ラ変動詞「あり」の未然形

=推量の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。係助詞「や」を受けて連体形となっている。係り結び。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

=格助詞

思ひ疑ひ=ハ行四段動詞「思ひ疑ふ」の連用形

=接続助詞

 

男、異心ありてかかるにやあらむと思ひ疑ひて、

男は、(妻も)浮気心があってこのよう(な様子)であるのではないだろうかと思い疑って、

 

 

前栽(せんざい)=名詞、庭の植え込み、庭の木などを植えてある所

=格助詞

=名詞

=格助詞

隠れゐ=ワ行上一段動詞「隠れ居る」の連用形。上一段活用の動詞は「{ ひ・い・き・に・み・ゐ } る」

=接続助詞

河内=名詞

=格助詞

往ぬる=ナ変動詞「往ぬ(いぬ)」の連体形、行ってしまう、去る。ナ行変格活用の動詞は「死ぬ・往(い)ぬ・去(い)ぬ」

=名詞

にて=格助詞

見れ=マ行上一段動詞「見る」の已然形

=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

前栽の中に隠れゐて、河内へ往ぬる顔にて見れば、

庭の植え込みの中に隠れていて、河内へ行ったふりをして見ていると、

 

 

=名詞

=格助詞

=名詞

いと=副詞、たいそう、とても

よう=ク活用の形容詞「良し(よし)」の連用形が音便化したもの、対義語は「悪し(あし)」。「よし>よろし≧普通≧わろし>あし」みたいなイメージ。

化粧じ=サ変動詞「化粧ず(けしょうず)」の連用形、化粧をする。  「名詞+す(サ変動詞)」で一つのサ変動詞になるものがいくらかある。例:「音す」、「愛す」、「ご覧ず」

=接続助詞

うちながめ=マ行下二段動詞「うち眺む(ながむ)」の連用形、じっとみる、眺める。物思いに沈む。「詠む(ながむ)」だと詩歌などを読む、つくるといった意味もある。「うち」は接頭語。

=接続助詞

 

この女、いとよう化粧じて、うちながめて、

この女は、たいそう美しく化粧をして、(物思いに沈んで)外を眺めて、

 

 

=名詞

吹け=カ行四段動詞「吹く」の已然形

=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

=名詞

=格助詞。連体修飾語を作る役割をする。「沖つ白波」→「沖の白波」

白波=名詞

たつた山=名詞

夜半=名詞、夜中、真夜中

=格助詞

=疑問の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

=名詞

=格助詞

ひとり=名詞

越ゆ=ヤ行下二段動詞「越ゆ(こゆ)」の終止形

らむ=現在推量の助動詞「らむ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。係助詞「や」を受けて連体形となっている。係り結び。基本的に「らむ」は文末に来ると「現在推量・現在の原因推量」、文中に来ると「現在の伝聞・現在の婉曲」

 

※序詞…ある語句を導き出すために前置きとして述べることば

風吹けば沖つ白波(一句・二句)=「たつ」を導き出す序詞。序詞は前置きなので、作者の言いたいことは三句以降の部分である。たいてい序詞の最後は「~のように」と訳す。

 

※掛詞…同音異義を利用して、一つの語に二つ以上の意味を持たせたもの。

たつ=掛詞、波が立つの「立つ」と龍田山の「龍(たつ)」が掛けられている。

上記の序詞・掛詞についての解説は解説・品詞分解のページ

 

風吹けば  (おき)(しら)(なみ)  たつた山  夜半(よは)にや君が  ひとり越ゆらむ

風が吹くと沖の白波が立つという、その龍田山を、夜中にあなたはたった一人で越えているのだろうか。

 

 

=格助詞

よみ=マ行四段動詞「詠む(よむ)」の連用形

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

=格助詞

聞き=カ行四段動詞「聞く」の連用形

=接続助詞

限りなく=ク活用の形容詞「限りなし」の連用形

かなし=シク活用の形容詞「愛し/悲し・哀し(かなし)」の終止形。かわいい、いとおしい/かわいそうだ、心が痛む。

=格助詞

思ひ=ハ行四段動詞「思ふ」の連用形

=接続助詞

河内=名詞

=格助詞

=係助詞

行か=カ行四段動詞「行く」の未然形

=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

なり=ラ行四段動詞「成る」の連用形

=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

とよみけるを聞きて、かぎりなくかなしと思ひて、河内へも行かずなりにけり。

と詠んだのを聞いて、(男は)この上なくいとおしいと思って、河内(の女の所)へも行かなくなってしまった。

 

 

続きはこちら伊勢物語『筒井筒』品詞分解のみ(3)

 

 伊勢物語『筒井筒』まとめ

 

 

 

 - 未分類