フロンティア古典教室

枕草子『春はあけぼの』現代語訳

   

「黒=原文・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら枕草子『春はあけぼの』解説・品詞分解

 

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際(やまぎわ)

 

春は明け方が良い。だんだんと白くなっていく空の山に接する辺りが、

 

 

少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

 

少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいているのがよい。

 

 

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。

 

夏は夜が良い。月の(明るい)ころは言うまでもない(ぐらい良い)、(しかし)闇夜でもやはり、蛍が多く飛びかっているのも良い。

 

 

また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くもをかし。雨など降るもをかし。

 

また、ただ一つ二つなど、(蛍が)ほのかに光っていくのも趣がある。雨などが降るのも趣がある。

 

 

秋は夕暮れ。夕日の差して山の()いと近うなりたるに、

 

秋は夕暮れが良い。夕日がさして、山の、空に接する辺りにたいそう近くなった時間帯に、

 

 

(からす)の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。

 

からすが寝ぐらへ帰って行こうとして、三羽四羽、二羽三羽などと飛び急いで行く様子までも、しみじみとした趣がある。

 

 

まいて(かり)などの(つら)ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。

 

まして、雁などが列を連ねているのが、とても小さくみえるのは、たいそう趣がある。

 

 

()()てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。

 

日が沈みきって、風の音や虫の鳴き声など(が聞こえるのは)、また、言うまでもない。

 

 

冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず。

 

冬は早朝が良い。雪が降っている朝は言うまでもない。

 

 

(しも)のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。

 

霜が降りてたいそう白い朝も、またそうでなくてもたいそう寒い朝に、火などを急いでおこして、炭を持って廊下を移動するのも、(冬に)たいへんふさわしい。

 

 

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、()(おけ)の火も白き灰がちになりてわろし。

 

昼になって、暖かく(寒さが)ゆるんでいくと、火桶の火も白い灰が多くなって良くない。

 

 

解説・品詞分解はこちら枕草子『春はあけぼの』解説・品詞分解

 

 

 

 - 未分類