フロンティア古典教室

徒然草『花は盛りに』(2)現代語訳

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら徒然草『花は盛りに』(2)解説・品詞分解

 

 

すべて、月・花をば、さのみ目にて見るものかは。

 

総じて、月や花をそのように目だけで見るものであろうか。

 

 

春は家を立ち去らでも、月の夜は(ねや)のうちながらも思へるこそ、いと頼もしう、をかしけれ。

 

春は家を出ていかなくても、月夜は寝室の中に居ながらでも(月を)思っているのこそ、とても楽しみに思えて、趣がある。

 

 

よき人は、ひとへに()けるさまにも見えず、(きょう)ずるさまもなほざりなり。

 

情趣を解する人は、ひたすらに風流を好む様子にも見えず、面白がる様子もほどほどである。

 

 

(かた)田舎(いなか)の人こそ、色濃く、よろづはもて興ずれ。

 

片田舎の人に限って、しつこく、何事につけても面白がるのだ。

 

 

花のもとには、ねぢ寄り立ち寄り、あからめもせずまもりて、酒飲み、(れん)()して、()ては、大きなる枝、心なく折り取らぬ。

 

花の下には、にじり寄り立ち寄って、よそ見もせずじっと(花を)見つめて、酒を飲み、連歌をして、最終的には、大きな枝を、心なく折り取ってしまう。

 

 

泉には手・足さしひたして、雪には降り立ちて跡つけなど、よろづのもの、よそながら見ることなし。

 

泉には手や足を入れて浸し、雪(が積もった日)には降り立って足跡をつけるなど、あらゆるものを、距離をとって見るということがない。

 

 

さやうの人の祭り見しさま、いと(めづ)らかなりき。

 

そのような人が(賀茂の)祭りを見物した様子は、たいそう珍しいものであった。

 

 

「見ごといと遅し。そのほどは()(じき)不用なり。」とて、

 

「見もの(の祭りの行列が来るの)がたいそう遅い。その時までは桟敷(=見物するための席)にいる必要はない。」と言って、

 

 

奥なる屋にて酒飲み、物食ひ、()()(すご)(ろく)など遊びて、桟敷には人を置きたれば、

 

(桟敷の)奥にある部屋で酒を飲み、物を食い、囲碁や双六などで遊んで、桟敷には人を置いているので、

 

 

(わた)(さぶら)ふ。」と言ふ時に、おのおの(きも)つぶるるやうに争ひ走り上りて、

 

「(行列が)通ります。」と言う時に、おのおの肝がつぶれるような勢いで争い(桟敷に)走り上って、

 

 

落ちぬべきまで(すだれ)張り出でて、押し合ひつつ、一事(ひとこと)も見()らさじとまもりて、

 

(桟敷から今にも)落ちそうなほどまでに簾を張り出して、押し合いつつ、一つも見逃すまいとじっと見て

 

 

「とあり、かかり。」と物ごとに言ひて、渡り過ぎぬれば、

 

「ああだ、こうだ。」と何かあるたびに言って、(行列が)通り過ぎてしまうと、

 

 

「また渡らんまで。」と言ひて降りぬ。ただ、物をのみ見んとするなるべし。

 

「また通るまで。」と言って(桟敷を)降りていった。ただ、行列だけを見ようとするのであろう。

 

 

(みやこ)の人のゆゆしげなるは、(ねぶ)りていとも見ず。

 

都の人で身分の高いような人は、目をつぶって眠ったようにしていてたいして見ない。

 

 

若く末々(すえずえ)なるは、(みや)(づか)へに立ち()、人の後ろに候ふは、さまあしくも及びかからず、わりなく見んとする人もなし。

 

若く身分の低い人たちは、主人に仕えて立ったり座ったりして、主人の後ろにお仕えしている者は、みっともなくのしかからず、分別をわきまえずに見ようとする人もいない。

 

 

徒然草『花は盛りに』(2)解説・品詞分解

 

徒然草『花は盛りに』まとめ

 

 

 

 - 未分類