フロンティア古典教室

宇治拾遺物語『秦兼久の悪口』現代語訳

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら宇治拾遺物語『秦兼久の悪口』解説・品詞分解

 

 

今は昔、()()(きょう)通俊(みちとし)卿、()(しゅう)()(えら)ばれけるとき、秦兼久(はたのかねひさ)行き向ひて、おのづから歌などや入ると思ひて、うかがひけるに、

 

今となっては昔のことだが、治部卿通俊卿が、『後拾遺和歌集』を撰集なさったとき、秦兼久が(治部卿のもとへ)出向いて、ひょっとすると(自分の)歌などが(『後拾遺和歌集』に)入るかと思って、様子を伺ったところ、

 

 

治部卿出でゐて物語して、「いかなる歌か()みたる。」と言はれければ、

 

治部卿が出て(きて)座って話をして、「どのような歌を詠んだのか。」とおっしゃったので、

 

 

「はかばかしき(さぶら)はず。

 

(兼久は、)「たいした歌は(詠んで)ございません。

 

 

()(さん)(じょう)(いん)隠れさせたまひて後、(えん)(しゅう)()に参りて候ひしに、

 

後三条院がお亡くなりになった後、円宗寺にお参りしましたときに、

 

 

花のにほひは昔にも変わらず侍りしかば、仕うまつりて候ひしなり。」とて、

 

花のつややかな美しさは(後三条院がご健在だった)昔と変わりませんでしたので、(次のように歌を)詠み申し上げましたのです。」と言って、

 

 

去年(こぞ)見しに  色も変はらず  咲きにけり  花こそものは  思はざりけれ

 

「(花は)去年見たのと色も変わらず(美しく)咲いたことよ。花というものはもの思いをしないのだなあ。

 

とこそ仕うまつりて候ひしか。」と言ひければ、

 

と詠み申し上げました。」と言ったところ、

 

 

通俊の卿、「よろしく詠みたり。ただし、『けれ』『けり』『ける』などいふことは、いとしもなき言葉なり。

 

通俊卿は、「まあまあうまく詠んでいる。ただし、『けれ』『けり』『ける』などという言葉は、あまりよくない言葉である。

 

 

それはさることにて、『花こそ』といふ文字こそ、女の童などの名にしつべけれ。」とて、

 

それはそういうことだとして、『花こそ』という言葉は、女の子などの名前にするのがよいだろう。」と言って、

 

 

いともほめられざりければ、言葉少なに立ちて、侍どもありける所に、

 

たいしてお褒めにならなかったので、(兼久は)言葉少なに立って、家来たちのいた場所で、

 

 

「この殿は、大方歌の有様知りたまはぬにこそ。

 

「ここの殿(=治部卿)は、まったく歌の様子をご存じないのであろう。

 

 

かかる人の、撰集承りておはするはあさましき事かな。四条大納言歌に、

 

このような人が、撰集をお引き受けしていらっしゃるのはあきれたことよ。四条大納言の歌に、

 

 

春来てぞ  人も()ひける  山里は  花こそ宿の  あるじなりけれ

 

春が来て人も訪れるようになった。この山里は花こそが宿の主人であるのだなあ。

 

 

と詠みたまへるは、めでたき歌とて、世の人口(ひとぐち)に乗りて申すめるは。

 

とお詠みになったのは、すばらしい歌として、世間で評判になり申し上げるようだよ。

 

 

その歌に、『人の訪ひける』とあり、また、『宿のあるじなりけれ』とあめるは。

 

その歌に、『人も訪ひける』とあり、また、『宿のあるじなりけれ』とあるようだよ。

 

 

『花こそ』と言ひたるは、それには同じさまなるに、いかなれば四条大納言のはめでたく、兼久がはわろかるべきぞ。

 

『花こそ』と言ったのは、それとは同じ構成であるのに、どうして四条大納言の歌はすばらしく、兼久の歌はよくないのであろうか。

 

 

かかる人の撰集承りて撰びたまふ、あさましきことなり。」と言ひて出でにけり。

 

このような人が撰集をお引き受けしてお撰びになるのは、驚きあきれたことである。」と(兼久は)言って、出て行ってしまった。

 

 

侍、通俊のもとへ行きて、「兼久こそかうかう申して出でぬれ。」と語りければ、

 

家来が、通俊のところへ行って、「兼久がこのように申して出て行きました。」と話したところ、

 

 

治部卿うちうなづきて、「さりけり、さりけり。物な言ひそ。」と言はれけり。

 

治部卿はうなずいて、「そうだった、そうだった。(このことは誰にも)何も言うな。」とおっしゃった。

 

 

宇治拾遺物語『秦兼久の悪口』解説・品詞分解

 

 

 

 - 未分類