フロンティア古典教室

方丈記『日野山の閑居』現代語訳(1)

      2019/08/06

作者:鴨長明(かものちょうめい)

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら方丈記『日野山の閑居』解説・品詞分解(1)

 

 

ここに六十(むそじ)(つゆ)消えがたに及びて、さらに(すえ)()宿(やど)りを結べることあり。

 

さて六十歳という露のように(はかない命が)消えそうな年齢に及んで、新たに(残りの人生を過ごすための)晩年の住まいを作ったことがある。

 

 

いはば、旅人の一夜の宿を作り、老いたる(かいこ)(まゆ)を営むがごとし。

 

いわば、旅人が一夜(泊まるだけ)の宿を作り、老いた蚕が繭を作るようなものだ。

 

 

これを中ごろの住みかにならぶれば、また百分が一に及ばず。

 

この家を人生の中頃の住まいと比べると、やはり百分の一にも及ばない。

 

 

とかく言ふほどに、(よわい)歳々(としどし)に高く、(すみか)(おりおり)(せば)し。

 

あれこれ言ううちに、年齢は年々高くなり、住まいは(引っ越す)そのたびごとに狭くなる。

 

 

その家のありさま、世の常にも似ず。広さはわづかに方丈、高さは七尺がうちなり。

 

その家の様子は、世間一般(の家)とは似ていない。広さはわずか一丈四方、高さは七尺以内である。

 

 

所を思ひ定めざるがゆゑに、地を()めて作らず。

 

(生涯住むための)場所を決めていないがために、土地を所有して(家を)作らない。

 

 

(つち)()を組み、打覆(うちおおい)()きて、()ぎ目ごとに掛金(かけがね)()けたり。

 

土台を組み、打覆いで屋根を葺いて、継ぎ目ごとに掛金を掛けてある。

※打覆=名詞、簡単な屋根

 

 

もし心にかなはぬことあらば、やすくほかへ移さんがためなり。

 

もし気に入らないことがあれば、容易に他へ引っ越そうと思うからである。

 

 

その改め作ること、いくばくのわづらひかある。

 

その(簡易な家を)建て直すことに、どれほどの面倒があるだろうか。(いや、ない。)

 

 

積むところわづかに二両、車の力を(むく)ふほかには、さらにほかの用途いらず。

 

(家の資材を)車に積んでもわずか二台分で、車の運搬に対する報酬(を払う)以外は、まったく他の費用はいらない。

 

今、()()(やま)の奥に跡を隠して後、東に三尺余りの(ひさし)をさして、(しば)()りくぶるよすがとす。

 

今、日野山の奥に行方を隠してから、(この家の)東に三尺余りの庇を作って、(その下を炊事などのために)柴を折って燃やす場所とした。

 

 

南、竹の簀子(すのこ)()き、その西に閼伽(あか)(だな)を作り、北に寄せて(しょう)()(へだ)てて阿弥陀(あみだ)()(ぞう)(あん)()し、そばに()(げん)()き、前に()()(きょう)を置けり。

 

南は、竹の簀子を敷き、その西に閼伽棚を作り、(室内は)北に寄せて障子を隔てて阿弥陀如来の絵像を安置し、そばに()(げん)()(さつ)を描いて(飾り)、前に法華経を置いている。

 

 

東の(きわ)(わらび)のほとろを()きて、夜の床とす。西南に竹の()(だな)(かま)へて、黒き(かわ)()三合(さんごう)を置けり。

 

東の端にワラビが成長して伸びたものを敷いて、夜の寝床とする。西南に竹の吊り棚を作って、黒い(かわ)()りの(かご)三箱を置いてある。

 

 

すなはち、和歌、管絃(かんげん)、『(おう)(じょう)(よう)(しゅう)』ごときの(しょう)(もつ)を入れたり。

 

そこで、和歌の本、管弦の本、『往生要集』のような抄物を入れている。

 

 

(かたわ)らに、(こと)琵琶(びわ)おのおの(いっ)(ちょう)を立つ。いはゆる(おり)(ごと)(つぎ)琵琶(びわ)これなり。仮の(いおり)の有様、かくのごとし。

 

そばに、琴、琵琶それぞれ一つずつを立ててある。いわゆる折琴、継ぎ琵琶がこれである。仮の庵の様子は、このようである。

 

 

その所のさまを言はば、南に(けん)()あり。岩を立てて水をためたり。

 

その(庵のある)場所の様子を言うならば、南に懸樋がある。岩を組み立てて水をためている。

 

 

林の木近ければ、(つま)()を拾ふに(とも)しからず。名を(おと)()(やま)といふ。

 

林の木が近くにあるので、薪にする小枝を拾うのに不自由しない。(この場所の)名を音羽山という。

 

 

まさきの(かずら)、跡埋めり。谷しげけれど、西晴れたり。

 

まさきの蔓が、(人が通った)跡を埋めている。谷は(草木が)茂っているけれど、西の方は(見晴らしが良く)開けている。

 

 

観念のたよりなきにしもあらず。

 

西方の極楽浄土を念じる便宜がないわけではない。

 

 

春は藤波(ふじなみ)を見る。()(うん)のごとくして、西方ににほふ。

 

春は藤の花が波のように風に吹かれて揺れる様子を見る。(その様子は)紫雲のようで、西の方に美しく()える。

※紫雲(しうん)=名詞、阿弥陀仏が死者を迎えに行く時に乗る紫の雲

 

 

夏は郭公(ほととぎす)を聞く。語らふごとに、死出(しで)(やま)()(ちぎ)る。

 

夏はホトトギスの鳴き声を聞く。(ホトトギスが話しかけてくるかのように)鳴くたびに、死出の旅路(の案内)を約束する。

※ホトトギス=名詞、死出の田長(しでのたをさ)とも呼ばれる鳥。人が死後に行く冥途(めいど)にあるという死出の山(しでのやま)から飛んでくる鳥。作者はこの鳥に、死んだ後の道案内を頼もうとしている。

 

秋はひぐらしの声、耳に満てり。空蝉(うつせみ)の世を悲しむほど聞こゆ。

 

秋はひぐらしの鳴き声が、耳に満ちあふれる。(その鳴き声は)はかないこの世を悲しむように聞こえる。

 

 

冬は雪をあはれぶ。積もり消ゆるさま、(ざい)(しょう)にたとへつべし。

 

冬は雪をしみじみと賞美する。(雪が)積もっては消える様子は、罪障(が積もったり消えたりする様子)にたとえることができる。

※罪障(ざいしょう)=名詞、極楽往生・成仏の妨げとなる罪深い行い。

 

 

もし念仏もの()く、()(きょう)まめならぬ時は、自ら休み、自ら(おこた)る。

 

もし念仏(を唱えるの)が面倒で、読経をまじめにできない時は、自分の意志で休み、自分の意志で(なま)ける。

 

 

(さまた)ぐる人もなく、また、恥づべき人もなし。

 

(それを)妨げる人もなく、また、恥ずかしいと思う人もいない。

 

 

ことさらに無言をせざれども、独りをれば()(ごう)(おさ)めつべし。

 

わざわざ無言の行をするのではないけれども、独りでいるので、言葉による罪を防ぐことができる。

※口業=名詞、口のわざわいによるの罪。口は災いのもと的なアレ。

 

 

必ず禁戒(きんかい)を守るとしもなくとも、境界なければ、何につけてか(やぶ)らん。

 

必ず禁戒を守ろうとしなくても、(心を惑わす)環境がないので、何によって破るだろうか。(いや、破ることはない。)

※禁戒(きんかい)=名詞、仏道修行者が守るべき戒め。仏の禁じている戒め。

 

 

続きはこちら方丈記『日野山の閑居』現代語訳(2)

 

方丈記『日野山の閑居』解説・品詞分解(1)

 

方丈記『日野山の閑居』まとめ

 

 

 

 - 未分類