フロンティア古典教室

方丈記『養和の飢饉』(1)解説・品詞分解

      2019/05/19

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

原文・現代語訳のみはこちら方丈記『養和の飢饉』(1)(2)(3)現代語訳

 

 

また(よう)()のころと、久しくなりて覚え

 

か=疑問の係助詞

 

ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

また養和の頃であったか、長い時を経てしまったので覚えていない。

 

 

二年が間、世の中()(かつ)して、あさましき侍り 

 

あさましき=シク活用の形容詞「あさまし」の連体形。なさけない、嘆かわしい。驚きあきれる、意外でびっくりすることだ。あまりのことにあきれる。

 

侍り=ラ変動詞「侍り(はべり)」の連用形、「あり・居り」の丁寧語。言葉の受け手である読者を敬っている。作者からの敬意。

※「候ふ(さぶらふ)・侍り(はべり)」は補助動詞だと丁寧語「~です、~ます」の意味であるが、本動詞だと、丁寧語「あります、ございます、おります」と謙譲語「お仕え申し上げる、お控え申し上げる」の二つ意味がある。

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

 

き=過去の助動詞「き」の終止形、接続は連用形

 

二年間、世間では()(きん)が起こって、驚きあきれるようなひどい事がありました。

※飢饉(ききん)=農作物が十分に実らず、食料不足となること。

 

 

あるいは春・夏、日照り、あるいは秋、大風・洪水など、よから 事どもうち続きて、()(こく)ことごとくなら

 

よから=ク活用の形容詞「良し」の未然形

 

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

 

ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

ある年は春・夏に干ばつ、ある年は秋に大風・洪水などと、悪いことが続いて、穀物はまったく実らない。

 

むなしく春かへし、夏植うる営みありて、秋刈り、冬収むるそめきはなし。

 

むなしく=シク活用の形容詞「空し・虚し(むなし)」の連用形、無駄だ、かいがない。何もない、空っぽである。はかない。

 

植うる=ワ行下二動詞「植う(うう)」の連体形、ワ行下二段活用の動詞は「植う(うう)」・「飢う(うう)」・「据う(すう)」の3つしかないと思ってよいので、大学受験に向けて覚えておくとよい。

 

むなしく春に(田畑を)(たがや)、夏に(苗を)植える仕事があっても、秋に刈り取り、冬に収納するというにぎわいはない。

 

 

これによりて国々の民、あるいは地を捨てて(さかい)を出で、あるいは家を忘れて山に住む。

 

このために国々の民は、ある者は土地を捨てて国境を越え、ある者は家を捨てて山に住んだ。

 

 

さまざまの御祈りはじまりて、なべて なら 法ども行はるれ 、さらにその(しるし)なし。

 

なべて(並べて)=副詞、一般に、すべて、並ひととおり、ふつう

 

なら=断定の助動詞「なり」の未然形、接続は体言・連体形

 

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

 

るれ=受身の助動詞「る」の已然形、接続は未然形。「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

 

ど=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。

 

さらに=下に打消語を伴って、「まったく~ない、決して~ない」。ここでは「なし」が打消語

 

験(しるし)=名詞、効き目、効能。霊験、ご利益。目印。

 

(朝廷では)さまざまな御()(とう)が始まって、並々でない修法などが行われるけれど、まったくその効果はない。

 

 

京のならひ、何わざにつけても、みな、もとは田舎をこそ 頼め  

 

何わざ=名詞

わざ=名詞、こと、事の次第。おこなひ、動作、しわざ、仕事。仏事、法事、法会

 

こそ=強調の係助詞。結びは已然形となるが、係り結びの消滅が起こっている。本来の結びは「る(存続の助動詞)」の部分であるが、接続助詞「に」が来ているため、結びの部分が消滅してしまっている(=文末ではなくなっている)。これを「係り結びの消滅(流れ)」と言う。

 

たのめ=マ行四段動詞「頼む」の已然形。頼みに思う、あてにする。 直後に完了・存続の助動詞「り」が来ていることから已然形であり、四段活用だと判断する。

※四段活用と下二段活用の両方になる動詞があり、下二段になると「使役」の意味が加わ、「頼みに思わせる、あてにさせる」といった意味になる。

 

る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形。本来なら「こそ」を受けて已然形になるはずだったが、接続助詞「に」があるために連体形となっている。係り結びの消滅(流れ)。

 

に=接続助詞

 

京の町の習慣は、何事につけても、全て、(生活の)根本は地方を頼りにしているのに、

 

 

絶えて上るものなけれのみ (みさお)もつくりあへ

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

さ=副詞、そう、その通りに、そのように。

 

や=反語の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

は=強調の係助詞。現代語でもそうだが、疑問文を強調していうと反語となる。「~か!(いや、そうじゃないだろう。)」。なので、「~やは・~かは」とあれば反語の可能性が高い。

 

ん=推量の助動詞「む」の連体形が音便化したもの、接続は未然形。係助詞「や」を受けて連体形となっている。係り結び。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

(地方から京へ)全く上がってくるものがないので、(京の人達も)そのようにばかり体裁を保っていられようか。(いや、いられない。)

 

念じわび つつ、さまざまの財物かたはしより捨つるがごとくすれどもさらに目見立つる人なし

 

念じわび=バ行上二段動詞「念じ侘ぶ(ねんじわぶ)」の連用形

念ず=サ変動詞、我慢する、耐え忍ぶ。  「名詞+す(サ変動詞)」で一つのサ変動詞になるものがいくらかある。例:「音す」、「愛す」、「ご覧ず」

侘ぶ(わぶ)=バ行上二段動詞、困る、つらいと思う、寂しいと思う。

 

つつ=接続助詞、①反復「~しては~」②継続「~し続けて」③並行「~しながら」④(和歌で)詠嘆、ここでは①反復「~しては~」の意味。

 

より=格助詞、(起点)~から、(手段・用法)~で、(経過点)~を通って、(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや

 

ども=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。

 

さらに=下に打消語を伴って、「まったく~ない、決して~ない」。ここでは「なし」が打消語

 

なし=ク活用の形容詞「無し」の終止形

 

がまんできなくなっては、さまざまな財物を片っ端から捨てるかのように(食料と交換しようと)するけれども、まったく目をとめる人もいない。

 

 

たまたま()ふるものは、金を軽くし、(ぞく)を重くす。乞食(こつじき)(みち)のほとりに多く、憂へ悲しむ声耳に満て

 

り=完了の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

たまたま交換する者は、財物を軽んじ、穀物を重んじる。乞食は、道ばたに多く、嘆き悲しむ声がいたるところから聞こえた。

 

 

続きはこちら方丈記『養和の飢饉』(2)解説・品詞分解

 

方丈記『養和の飢饉』(1)(2)(3)現代語訳

 

方丈記『養和の飢饉』まとめ

 

 

 

 - 未分類