フロンティア古典教室

雨月物語『浅茅が宿』現代語訳 「勝四郎、翁が高齡をことぶきて、~

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら雨月物語『浅茅が宿』解説・品詞分解 「勝四郎、翁が高齡をことぶきて、~

 

 

勝四郎、(おきな)高齡(よわい)寿(ことぶ)きて、次に(みやこ)に行きて心ならずも(とどま)りしより、前夜(さきのよ)のあやしきまでを(つばら)に語りて、

 

勝四郎は老人の長寿をお祝いして、次に、京に行って心ならずも(そこに)滞在したことから、昨夜の不思議な出来事までを詳しく語って、

 

 

翁が塚を()きて祭り給ふ(めぐみ)のかたじけなきを告げつつも涙とどめがたし。

 

老人がお墓(=勝四郎の妻である宮木の墓)を造って供養なさったことにお礼を言いながら涙を流した。

 

 

翁言ふ。「()(ぬし)遠く行き給ひて後は、夏のころより(かん)()(ふる)ひ出で、里人は所々に(のが)れ、

 

老人は言った。「おぬしが遠くへ行きなさった後は、夏の頃から(いくさ)が始まり、里人はあちこちに逃げ、

 

 

若き者どもは軍民に召さるるほどに、桑田(そうでん)にはかに狐兎(こと)(くさむら)となる。

 

若者たちは兵士として召集されて、田畑は急激に狐や鬼の住む草むらへと変わった。

 

 

ただ烈婦(さかしめ)のみ、主が秋を(ちか)ひ給ふを守りて、家を出で給はず。

 

ただあなたの気丈な妻だけは、おぬしが秋(までには帰ってくるということ)を約束なさったのを守って、家を出てお行きにならなかった。

 

 

翁もまた足なへぎて百歩をかたしとすれば、深く()こもりて出でず。

 

私もまた足が不自由で百歩進むのも困難であったので、家に深く閉じこもって外に出なかった。

 

 

一たび()(たま)などいふ恐ろしき鬼の()所となりたりしを、(わか)き女子の()(たけ)におはするぞ、

 

ひとたび樹神などという恐ろしい鬼の住処(すみか)へと変わってしまったけれども、若い女性なのに勇ましく(その場所に住み続け)ていらっしゃったのは、

 

 

老が物見たる中のあはれなりし。

 

私が見聞きしたことの中でも、感慨深いことであった。

 

 

秋去り春来たりて、その年の八月十日といふに(まか)給ふ。

 

秋が去り春がやってきて、その年の八月十日という日にお亡くなりになった。

 

(いとほ)しさのあまりに、老が手づから土を運びて(ひつぎ)(おさ)め、その終焉(おわり)に残し給ひし筆の跡を塚のしるしとして、

 

あまりにもお気の毒なので、私が自ら土を運んで棺を納め、その死に際にお残しになった筆の跡をお墓のしるしとして、

 

 

水向けの祭りも心ばかりにものしけるが、翁もとより筆執るわざをしも知らねば、

 

手向けの水の供養も心ばかりにしたが、私はもとより文字を書くことを知らないので、

 

 

その年月を記すこともえせず、寺院(てら)遠ければ、贈号(おくりな)を求むるすべもなくて、五年(いつとせ)を過ごし侍るなり。

 

その年月(=宮木の命日)を記すこともできず、寺院も遠いので、戒名を手に入れる方法もなくて、五年が過ぎたのであります。

 

 

今の物語を聞くに、必ず烈婦(さかしめ)(たま)の来たり給ひて、久しき恨みを聞こえ給ふなるべし。

 

今のお話(=勝四郎が老人に語った昨夜の出来事の話)を聞いたところ、きっとあなたの妻の魂がやって来られて、長い間あなたのことを待っていた恨み言を申されたのでしょう。

 

 

ふたたびかしこに行きて、ねんごろにとぶらひ給へ。」とて、

 

もう一度あの場所に行って、心を込めて(とむら)ってあげなさい。」と言って、

 

 

杖を()きて先に立ち、あひともに塚の前に伏して、声をあげて嘆きつつも、その夜はそこに念仏して明かしける。

 

(老人は)杖をついて先に立ち、二人でいっしょにお墓の前に伏して、声を上げて嘆きつつ、その夜はそこで念仏を唱えて夜を明かしたのだった。

 

 

雨月物語『浅茅が宿』解説・品詞分解 「勝四郎、翁が高齡をことぶきて、~

 

雨月物語『浅茅が宿』まとめ

 

 

 

 - 未分類