フロンティア古典教室

源氏物語『葵』『葵(葵の上と物の怪)』まとめ

      2018/05/04

 

現代語訳

 

源氏物語『葵』現代語訳(1)(2)大殿には、御物の怪いたう起こりて、いみじうわづらひ給ふ。~

 

源氏物語『葵(葵の上と物の怪)』現代語訳(1)(2)まださるべきほどにもあらずと、皆人もたゆみ給へるに、~

 

源氏物語『葵(葵の上と物の怪)』現代語訳(3)(4)あまりいたう泣き給へば、~

 

源氏物語『葵(葵の上と物の怪)』現代語訳(5)(6)すこし御声もしづまり給へれば、~

 

 

解説・品詞分解

 

源氏物語『葵』解説・品詞分解(1)大殿には、御物の怪いたう起こりて、いみじうわづらひ給ふ。~

 

源氏物語『葵』解説・品詞分解(2)「あな、心憂や。げに、身を棄ててや、往にけむ。」と、~

 

源氏物語『葵(葵の上と物の怪)』解説・品詞分解(1)まださるべきほどにもあらずと、皆人もたゆみ給へるに、~

 

源氏物語『葵(葵の上と物の怪)』解説・品詞分解(2)御几帳の帷子引き上げて見たてまつり給へば、~

 

源氏物語『葵(葵の上と物の怪)』解説・品詞分解(3)あまりいたう泣き給へば、~

 

源氏物語『葵(葵の上と物の怪)』解説・品詞分解(4)いとあやしと思しめぐらすに、ただかの御息所なりけり。~

 

源氏物語『葵(葵の上と物の怪)』解説・品詞分解(5)すこし御声もしづまり給へれば、~

 

源氏物語『葵(葵の上と物の怪)』解説・品詞分解(6)男にてさへおはすれば、そのほどの作法、にぎははしくめでたし。~

 

 

 

 - 未分類