フロンティア古典教室

徒然草『これも仁和寺の法師』問題

   

解答はこちら徒然草『これも仁和寺の法師』問題の解答

 

これも仁和寺の法師、童の法師にならとする名残とて、おのおの遊ぶ事ありけるに、酔ひて興に入るあまり、傍らなる足鼎を取りて、頭にかづきたれば、詰まるやうにするを、鼻をおし平めて、顔をさし入れて舞ひ出でたるに、満座興に入る事かぎりなし。

 

しばし奏でて後、抜かとするに、おほかた抜かれず。酒宴ことさめて、いかがはせんと惑ひけり。とかくすれば、首のまはりかけて血たり、ただ腫れに腫れみちて、息もつまりければ、打ち割らむとすれど、たやすく割れず。響きて堪へがたかりければ、かなはで、すべきやうもなくて、三足なる角の上に、帷子をうちかけて、手をひき杖をつかせて、京なる医師のがり、率て行きける道すがら、人のあやしみ見る事かぎりなし。

 

医師のもとにさし入りて、向かひゐたりけむありさま、さこそ異様なりけめ。ものを言ふもくぐもり声に響きて聞えず。「かかることは文にも見えず、伝へたる教へもなし。」と言へば、また仁和寺へ帰りて、親しき者、老いたる母など、枕上に寄りゐて泣き悲しめども、聞くらむともおぼえず。

 

かかるほどに、ある者の言ふやう、「たとひ耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなどか生きざらむ。ただ力を立てて引きたまへ。」とて、藁のしべをまはりにさし入れて、かねを隔てて、首もちぎるばかり引きたるに、耳鼻欠けうげながら抜けにけり。からき命まうけて、久しく病みゐたりけり。

 

 

問題1.③かづく、⑧医師のがり、⑨道すがら、のここでの意味を答えよ。(※終止形で表記してある用言については、終止形のものとして意味を考えよ。)

 

 

 

問題2.①む、②なる、④む、⑩けむ、⑫らむ、の文法的説明として、次の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。(注:意味だけ書かれているものは全て助動詞である)

ア.推量  イ.意志  ウ.勧誘  エ.婉曲  オ.打消  カ.推定  キ.断定  ク.存在  ケ.伝聞  コ.現在推量  サ.過去推量

 

 

 

問題3.⑬の下線部における「生きざらむ」を例にならって品詞分解し、説明せよ。

 

例:「聞 き/し/歌。」

聞き=動詞・四段・連用形

し=助動詞・過去・連体形

歌=体言

 

品詞分解:「生 き ざ ら む」

 

 

 

 

 

問題4.「「⑬たとひ耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなど生きざらむ。ただ力を立てて引きたまへ。」におけるⓐとⓑの係助詞の用法として適切なものを次のア~ウの中から選びなさい。

ア.係り結び  イ.係り結びの消滅(流れ)  ウ.係り結びの省略

 

 

 

問題5.「⑤おほかた抜かれず」、「⑥いかがはせんと惑ひけり」、「⑦響きて堪へがたかりければ、かなはで、すべきやうもなくて」、「⑪さこそ異様なりけめ」、「⑬たとひ耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなどか生きざらむ。ただ力を立てて引きたまへ」、「⑭からき命まうけて」、の現代語訳を答えよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

解答はこちら徒然草『これも仁和寺の法師』問題の解答

 

徒然草『これも仁和寺の法師』まとめ

 

 

 

 - 未分類