フロンティア古典教室

玉勝間『兼好法師が詞のあげつらひ』現代語訳

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら玉勝間『兼好法師が詞のあげつらひ』解説・品詞分解

 

兼好法師が徒然草に、「花は盛りに、月はくまなきをのみ見るものかは。」

 

兼好法師の徒然草に、「(春の桜の)花は真っ盛りなのを、(秋の)月はかげりなく輝いているものだけを見るものだろうか。(いや、そうではない。)」

 

 

とか言へるは、いかにぞや。

 

とか言っているのは、どうであろうか。

 

 

いにしへの歌どもに、花は盛りなる、月はくまなきを見たるよりも、

 

昔の和歌などに、花は盛りであるのを、月はかげりなく輝いているのを見た歌よりも、

 

 

花のもとには風をかこち、月の夜は雲をいとひ、あるは待ち惜しむ心づくしをよめるぞ多くて、

 

花のもとでは(花を散らす)風を恨み(なげ)、月の夜は雲を嫌い、あるいは(花が咲き、月が見えるのを)待ち(花が散り、月が隠れるのを)惜しむ物思いを詠んだ歌が多くて、

 

 

心深きもことにさる歌に多かるは、みな花は盛りをのどかに見まほしく、

 

趣深いのも特にそのような歌に多いのは、みな花は盛りであるのをのどかな心で見たく、

 

 

月はくまなからんことを思ふ心のせちなるからこそ、

 

月はかげりがなく輝いていることを思う心が大切だからこそ、

 

 

さもえあらぬを嘆きたるなれ。

 

そのようにありえないことを嘆いているのである。

※そのようにありえないこと=花が盛りであり、月がかげりなく輝いているのを見ること

 

 

いづこの歌にかは、花に風を待ち、月に雲を願ひたるはあらん。

 

どの歌に、花に(花を散らす)風が吹くのを待ち、月に(月を隠す)雲を願っている歌があるだろうか。(いや、ない。)

 

 

さるを、かの法師が言へるごとくなるは、

 

それなのに、あの法師(=兼好法師)が言っているようなことは、

 

 

人の心に(さか)ひたる、のちの世のさかしら心の、つくりみやびにして、まことのみやび心にはあらず。

 

人の心に反した、後世の利口ぶった心の、作り構えた偽物の風流で、本当の風流な心ではない。

 

 

かの法師が言へることども、このたぐひ多し。みな同じことなり。

 

あの法師が言っていることなどは、この類のことが多い。皆同じことである。

 

 

すべて、なべての人の願ふ心にたがへるを、みやびとするは、つくりごとぞ多かりける。

 

すべて、一般の人が願う心に反していることを、風流として考えるのは、(偽った)作り事が多いのだよ。

 

 

恋に、あへるを喜ぶ歌は心深からで、あはぬを嘆く歌のみ多くして、心深きも、

 

恋の歌に、恋が成就することを喜ぶ歌は趣が深くなくて、恋が成就しないのを嘆く歌ばかり多くて、趣深いのも、

 

 

あひ見んことを願ふからなり。

 

恋が成就することを願うからである。

 

 

人の心は、うれしきことは、さしも深くはおぼえぬものにて、

 

人の心というのは、嬉しいことは、それほど深くは感じられないものであって、

 

 

ただ心にかなはぬことぞ、深く身にしみてはおぼゆるわざなれば、

 

ただ願いのかなわないことが、深く身にしみて感じられるものであるので、

 

 

すべて、うれしきをよめる歌には、心深きは少なくて、

 

総じて、嬉しいことを読んだ歌には、深い歌は少なくて、

 

 

心にかなはぬすぢを憂へたるに、あはれなるは多きぞかし。

 

願いのかなわないことを悲しみ憂えた歌に、しみじみとした趣のある歌が多いのであるよ。

 

 

さりとて、わびしく悲しきをみやびたりとて願はんは、

 

そうかといって、つらく悲しいのを風流であるとして願うのは、

 

 

人のまことの(こころ)なら

 

人の本当の心であろうか。(いや、そうではあるまい。)

 

 

解説・品詞分解はこちら玉勝間『兼好法師が詞のあげつらひ』解説・品詞分解

 

 

 

 - 未分類