フロンティア古典教室

ちごのそらね(稚児のそら寝)問題の解答(文法・読解・現代語訳)

   

青字=解答」・「※赤字=注意書き、解説等

 問題はこちらちごのそらね(稚児のそら寝)問題(文法・読解・現代語訳)

 

今は昔、比叡の山に児ありけり。僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひせん。」と言ひけるを、この児、心寄せに聞きけり。

 

さりとて、しいださんを待ちて寝ざらんも、わろかりなんと思ひて、片方に寄りて、寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、すでにしいだしたるさまにて、ひしめき合ひたり

 

この児、定めて驚かさんずらむと、待ちゐたるに、僧の、「もの申しさぶらはむ。
驚かせたまへ。」と言ふを、うれしとは思へども、ただ一度にいらへんも、待ちけるかともぞ思ふとて、今一声呼ばれていらへんと、念じて寝たるほどに、「や、な起こしたてまつりそ。幼き人は寝入りたまひにけり。」と言ふ声のしければ、あなわびしと思ひて、今一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、無期ののちに、「えい。」といらへたりければ、僧たち笑ふことかぎりなし。

 

 

問題1.③出で来る、④ひしめき合ひたり、の主語をそれぞれ答えよ。

 

かいもちひ

僧たち

 

 

問題2.わ行とや行にある5字をひらがなとカタカナで歴史的仮名遣いを用いて答えよ。

(あ行の解答例   ひらがな:あいうえお    カタカナ:アイウエオ)

 

わ行   ひらがな:わゐうゑを      カタカナ:ワヰウヱヲ

 

や行   ひらがな:やいゆえよ      カタカナ:ヤイユエヨ

 

 

問題3.「②寝たるよし」の意味を答えよ。またこのような行動をとった理由を答えよ。

 

意味:寝ているふり・寝たふり

 

理由:僧たちがぼたもちを作り上げるのを待って寝ないのも、きっとよくないだろうと思ったから。

 

 

問題3.「⑦ただ一度にいらへんも、待ちけるかともぞ思ふとて」の「待ち」と「思ふ」の主語を答えよ。また、現代語訳を答えよ。

 

「待ち」の主語:児(ちご)

「思ふ」の主語:僧たち

 

現代語訳:ただ一度で返事するのも、待っていたのかと(僧たちが)思っては困ると思って

も=強調の係助詞

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

※係り結びの用法:危惧「もぞ」「もこそ」…「~しては大変だ・困る」

(例)「人もぞ聞く」・「人もこそ聞け」…「人が聞いては困る」

 

 

問題4.「①いざ、かいもちひせん」、「⑤定めて驚かさんずらむ」、「⑥驚かせたまへ」、「⑧な起こしたてまつりそ」、「⑨今一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば」、「⑩ずちなくて、無期ののちに、「えい。」といらへたりければ」、の現代語訳を答えよ。

 

さあ、ぼたもちをつくろう

せ=サ変動詞「す」の未然形、直後に接続が未然形の助動詞「む」がきているため未然形となっている

 

ん(む)=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。あとは文脈判断。

 

きっと起こしてくれるだろう

定めて=副詞、きっと、かならず

 

驚かさ=サ行四段動詞「驚かす」の未然形、起こす、目を覚まさせる。「驚く(カ行四段、目を覚ます)」とは意味が異なるので注意。

 

んず(むず)=推量の助動詞「むず」の終止形、接続は未然形。推量系統の助動詞「む」と同じだと思ってよい。

 

らむ=現在推量の助動詞「らむ」の終止形、接続は終止形。「(今頃)~だろう」

 

目を覚ましなさい

驚か=カ行四段動詞「驚く」の未然形、目を覚ます、起きる。「驚かす」だと「起こす、目を覚まさせる」という意味になる。

 

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。助動詞「す・さす・しむ」は「使役・尊敬」の意味があるが、直後に尊敬語が来ている場合には文脈判断する必要がある。直後に尊敬語が来ていなければ必ず「使役」の意味である。

 

たまへ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の命令形、尊敬語。動作の対象(驚く人・目を覚ます人)である稚児を敬っている。二重敬語は現代語に直すとき、普通の敬語で訳す。現代で二重敬語は誤った言葉づかいだから。

 

お起こし申し上げるな

な=副助詞、そ=終助詞、「な~そ」で「~するな(禁止)」をあらわす。

 

起こし=サ行四段動詞「起こす」の連用形、目を覚まさせる

 

たてまつり=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連用形、謙譲語、「~し申し上げる」。動作の対象(目を覚まさせられる人)である稚児を敬っている。

 

「もう一度起こせよ。」と、思って寝て聞いていると

起こせ=サ行四段動詞「起こす」の命令形

 

かし=念押しの終助詞、文末に用いる、~よ。~ね。ここでは、「起こせ(命令形)」の後に付いて、「起こせよ」という訳になる。

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして②の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

どうしようもなくて、久しく時間がたった後で、「はい」と返事したので

ずちなく=ク活用の形容詞「術無し(ずちなし)」連用形、なすべき方法がない、どうしようもない

 

無期(むご)=名詞、ひさしいこと、時間が長いこと、期限のないこと

 

たり=完了の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

 

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、先程の①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている

 

 

 ちごのそらね(稚児のそら寝)解説・品詞分解

 

ちごのそらね(稚児のそら寝)まとめ

 

 

 

 - 未分類