フロンティア古典教室

今昔物語『阿蘇の史』現代語訳

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら今昔物語『阿蘇の史』解説・品詞分解

 

今は昔、()()のなにがしといふ(さかん)ありけり。

 

今となっては昔のことだが、阿蘇の何とかいう史がいた。

 

 

(たけ)(ひき)なりけれども、魂はいみじき盗人にてぞありける。

 

背は低かったが、内面は非常に肝のすわったくせ者であった。

 

 

家は西の京にありければ、公事(くじ)ありて内裏(うち)に参りて、夜ふけて家に帰りけるに、

 

家は西の京にあったので、公務があって宮中に参上して、夜が更けて家に帰るときに、

 

 

東の中の御門より出でて車に乗りて、大宮(おおみや)(くだ)りにやらせて行きけるに、着たる装束(しょうぞく)を皆解きて、

 

東の待賢門から出て牛車に乗って、東大宮大路を南に下って進めさせていたが、着ている装束を全部脱いで、

 

 

片端より皆たたみて、車の(たたみ)の下にうるはしく置きて、その上に畳を敷きて、

 

片端から全てたたんで、牛車の畳の下にきちんと置いて、その上に畳を敷いて、

 

 

史は冠をし、(したうづ)をはきて、裸になりて車の内に居たり。

 

史は冠をかぶり、足袋だけを履いて、裸になって牛車の中に座っていた。

 

 

さて、()(じょう)より西ざまにやらせて行くに、()(ふく)(もん)のほどを過ぐる間に、盗人(ぬすびと)(かたわ)らよりはらはらと出で来ぬ。

 

さて、二条大路から西の方へ進めさせて行く時に、美福門のあたりを過ぎるころ、盗人がそばからばらばらと出て来た。

 

 

車の(ながえ)につきて、(うし)(かい)(わらわ)を打てば、童は牛を()てて逃げぬ。

 

(盗人が)牛車の轅に取りついて、牛飼童をぶつので、童は牛を捨てて逃げてしまった。

 

 

車の後に雑色二三人ありけるも、皆逃げて去りにけり。

 

牛車の後ろに下働きの者が二、三人いたのも、皆逃げ去ってしまった。

 

 

盗人寄り来て、車の(すだれ)を引き開けて見るに、裸にて史居たれば、盗人、あさましと思ひて、

 

盗人が近寄ってきて、牛車の簾を引き開けてみると、裸で史が座っていたので、盗人は、驚きあきれたことだと思って、

 

 

「こはいかに。」と問へば、

 

「これはどうしたことか。」と尋ねると、

 

 

史、「東の大宮にて、かくの(ごと)くなりつる。君達(きんだち)寄り来て、(おのれ)装束(しょうぞく)をば(みな)()しつ。」と、

 

史は、「東大宮大路で、このようになってしまった。公達(=盗人を敬って言いっている)が近寄ってきて、私の装束を全てお取り上げになってしまった。」と言って、

 

 

(しゃく)を取りて、よき人に物申すやうにかしこまりて答へければ、盗人笑ひて棄てて去りにけり。

 

笏を手に取って、身分の高い人にものを申し上げるようにかしこまって答えたので、盗人は笑って史をそのままにして去ってしまった。

 

 

その後、史、声をあげて牛飼童をも呼びければ、皆出で来にけり。

 

その後、史が、声を上げて牛飼童を呼んだので、皆出て来た。

 

 

それよりなむ家に帰りにける。

 

それから家に帰った。

 

 

さて妻にこの由を語りければ、妻のいはく、

 

さて、妻にこの出来事を語ったところ、妻が言うことには、

 

 

「そこぞ盗人にもまさりたりける心にておはしける。」

 

「(あなたは)その盗人にもまさっていた心でおられたことよ。」

 

 

と言ひてぞ笑ひける。まことにいとおそろしき心なり。

 

と言って笑った。実にたいそう驚くべき心である。

 

 

装束を皆()きて隠し置きて、しか言はむと思ひける心ばせ、さらに人の思ひ寄るべき事にあらず。

 

装束を皆脱いで隠しておいて、そのように言おうと思っていた心がけは、まったく普通の人が思いつけることではない。

 

 

この史は、極めたる物言ひにてなむありければ、

 

この史は、窮めてしゃべりの達者な者であったので、

 

 

かくも言ふなりけりとなむ語り伝へたるとや。

 

このようにも言ったのであったなあ、と語り伝えているということだ。

 

 

 解説・品詞分解はこちら今昔物語『阿蘇の史』解説・品詞分解

 

 

 

 - 未分類