フロンティア古典教室

源氏物語『若紫/北山の垣間見』現代語訳(3)

      2016/02/26

(若紫との出会い)

「黒=原文」・「青=現代語訳

 解説・品詞分解はこちら源氏物語『若紫/北山の垣間見』解説・品詞分解(3)

 

尼君、「いで、あな(おさな)や。言ふかひなうものし給ふかな。

 

尼君、「なんとまあ幼いことよ。聞き分けもなくていらっしゃるなぁ。

 

 

おのがかく今日明日におぼゆる命をば、何とも(おぼ)したらで、すずめ(した)ひ給ふほどよ。

 

私がこのように今日明日(にでも終わりかもしれない)と思われる命を、なんともお思いにならないで、雀に夢中になっていらっしゃることよ。

 

 

()ることぞと、常に聞こゆるを、心憂く。」とて、「こちや。」と言へば、ついゐたり。

 

罪つくりなことだと、いつも申し上げているのに、情けないわ。」と言って、「こちらへ」と言うと、(若紫は)膝をついて座った。

 

 

つらつきいとらうたげにて、(まゆ)のわたりうちけぶり、いはけなくかいやりたる額つき、(かん)ざし、いみじううつくし。

 

顔つきは大変かわいらしい様子で、眉のあたりがほんのり美しく見え、あどけなく(髪を)かきあげた額の様子、髪の様子はたいそうかわいらしい。

 

 

ねびゆかむさまゆかしき人かなと、目とまり給ふ。

 

成長していく様子を見たい人だなあと、(光源氏は)目がとまりなさる。

 

 

さるは、限りなう心を尽くし聞こゆる人に、いとよう似(たてまつ)るが、

 

そうであるのは、(光源氏が)限りなく心からお慕い申し上げている方(藤壺の女御)に(若紫が)よく似通い申し上げているので、

 

 

まもらるるなりけりと思ふにも、涙ぞ落つる。

 

自然と見つめてしまうだなぁと思うにつけても、涙が落ちる。

 

 

※光源氏は幼いころに亡くした母(桐壷の更衣)によく似た藤壺の更衣に対して恋心をずっと持っていた。

かなわない恋であったため、満たされない思いからあちこちの女性に手を出した。

夕顔の死をきっかけに病気を患う。

病気を治すために来た寺で藤壺によく似た若紫に出合った。

 

 

続きはこちら源氏物語『若紫/北山の垣間見』現代語訳(4)

 

源氏物語『若紫/北山の垣間見』解説・品詞分解(3)

 

源氏物語『若紫』(3)問題

 

源氏物語『若紫/北山の垣間見』まとめ

 

 

 

 - 未分類