フロンティア古典教室

『千日酒』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

狄希中山(なり)。能千日、飲マバ千日酔

(てき)()(ちゅう)(ざん)(ひと)なり。()(せん)(にち)(さけ)(つく)り、(これ)()まば(せん)(にち)()ふ。

()=能く~できる

狄希は中山の人である。千日の酒を造ることができ、これを飲むと千日間酔うのである。

 

 

州人姓劉、名玄石ナルモノ。好飲酒、往キテ

(とき)(しゅう)(ひと)(せい)(りゅう)()(げん)(せき)なるもの()(いん)(しゅ)(この)()きて(これ)(もと)む。

 

その当時、州の人で、姓は劉、名は玄石という人がいた。飲酒を好み、(狄希のもとへ)行ってこれ(=千日酒)を求めた。

 

 

希曰ハク、「我酒発タルモマラ()ヘテ一レマシメ。」

()()はく()(さけ)(はっ)()たるも(いま)(さだ)まらず。()へて(きみ)()ましめず。」と。

※「(いま/ざ) ~ (セ)」=再読文字、「未だ ~(せ)ず」、「まだ ~(し)ない」

※「不ヘテ ~(せ)」=「しいて(無理に) ~しようとはしない。/ ~するようなことはしない」

狄希が言うことには、「私の酒が発酵してきたが、まだ完成していない。しいて君に飲まそうとは思わない。」と。

 

 

石曰ハク、「縦(いま/ず)ダ/トモ、且ヘヨ一杯。得ルヤヤト。」

(せき)()はく、「(たと)(いま)(じゅく)せずとも、(しばら)(いっ)(ぱい)(あた)へよ。()るや(いな)や。」と。

※「(いま/ざ) ~ (セ)」=再読文字、「未だ ~(せ)ず」、「まだ ~(し)ない」

※「(たと) ~トモ」=仮定、「たとえ ~だとしても/仮に ~であっても」

玄石が言うことには、「たとえまだ完成していなくても、とりあえず一杯くれないか。良いか駄目か。」と。

 

 

希聞()シテマシム

()()()()き、(まぬか)れずして(これ)()ましむ。

 

狄希はこの言葉を聞き、飲ませないわけにはいかなかった。

 

 

メテハク、「美ナル(かな)()シト一レ。」

()(もと)めて()はく、「()なるかな(さら)(これ)(あた)ふべし。」と。

※「~ 哉」=詠嘆、「~ かな」、「~ だなあ・ことよ」

再び求めて言うことには、「美味であるなあ。もっとこの酒を与えてくれ。」と。



希曰ハク、「且リテ、別日(まさ/べ)ニ/シタル。只一杯モテ()シトルコト千日ナル也。」

()()はく、「(しばら)(かえ)て、(べつ)(じつ)(まさ)()たるべし。()()(いっ)(ぱい)もて、(ねむ)ること(せん)(にち)なるべし。」と。

※「(まさ/べ)ニ/シ ~(ス)」=再読文字、「当に ~(す)べし」、「~すべきである・きっと~のはずだ」

狄希が言うことには、「とりあえず(今日は)帰って、別の日に来るべきだ。たったこの酒一杯で、千日も眠れるのだから。」と。

 

 

石別、似タリルニ怍色。至ウテ

(せき)(わか)れ、(さく)(しょく)()るに()たり。(いえ)(いた)()うて()す。

 

玄石は別れると、顔色が変わってくるようだった。家に着くと酔って死んだ。

 

 

家人()、哭シテ而葬

()(じん)(これ)(うたが)はず、(こく)して(これ)(ほうむ)る。

※而=置き字(順接・逆接)

家人はこれ(=玄石の死)を疑わず、声をあげて泣き、玄石を葬った。

 

 

ルコト三年、希曰ハク、「玄石必(まさ/べ)ニ/シ酒醒。宜シク/ベシトキテ一レ。」

()ること(さん)(ねん)()()はく、「(げん)(せき)(かなら)(まさ)(さけ)()むべし。(よろ)しく()きて(これ)()ふべし。」と。

※「(まさ/べ)ニ/シ ~(ス)」=再読文字、「応に ~(す)べし」、「~すべきである・きっと~のはずだ」

※「(よろ/べ)シク/シ ~(ス)」=再読文字、「宜(よろ)しく ~(す)べし」、「 ~するのがよい」

三年が経ち、狄希が言うことには、「玄石は必ず酒が醒めるはずだ。彼の家に行って醒めたかどうかを尋ねるのがよいだろう。」と。

 

 

キテ、語リテハク、「石在リヤヤト。」

(すで)(せき)(いえ)()きて、(かた)りて()はく、「(せき)(いえ)()りや(いな)や。」と。

 

(狄希は)玄石の家に行って、話して言うことには、「玄石は家にいますか。いませんか。」と。

 

 

家人皆怪シミテハク、「玄石亡ジテ、服以(おわ)レリト矣。」

()(じん)(みな)(これ)(あや)しみて()はく、「(げん)(せき)(ぼう)じてより、(ふく)(すで)(おわ)れり。」

※矣=置き字(断定・強調)

家人が皆これを怪しんで言うことには、「玄石は(もう三年も前に)亡くなって、喪に服する期間も終わりました。」と。

 

 

希驚キテハク、「酒()ニシテ矣、而致スコト酔眠千日、今(まさ/べ)ニ/シト矣。」

()(おどろ)きて()はく、「(さけ)()にして、(すい)(みん)(いた)すこと(せん)(にち)(いま)(まさ)()むべし。」

 

狄希が驚いて言うことには、「酒があまりにも美味なので、酔って眠ること千日にも及び、今まさに酒が醒める頃に違いないのです。」

 

 

ジテ家人リテシムレバ、塚上汗気徹

(すなわ)()()(じん)(めい)じて(つか)(うが)(ひつぎ)(やぶ)りて(これ)()しむれば、(ちょう)(じょう)(かん)()(てん)(いた)る。

※「命ジテ(セ)シム」=使役、「Aに命じてB(せ)しむ」、「Aに命じてBさせる」

そこでその家人に命じて墓を掘り、棺を破ってを棺の中を見せると、墓の上に湯気が天高く昇っていった。

 

 

ジテカシム。方一レルヲ

(つい)(めい)じて(つか)(ひら)かしむ(まさ)()(ひら)(くち)()るを()る。

※「命ジテ(セ)シム」=使役、「Aに命じてB(せ)しむ」、「Aに命じてBさせる」

そのまま家人に命じて墓を掘り出させた。(玄石が)ちょうど目を開き口を広げるのが見えた。



キテ而言ヒテハク、「快ナル(かな)、酔ハシムル()。」

(こえ)()きて()ひて()はく、「(かい)なるかな(われ)()はしむるや。」と。

※「~ 哉」=詠嘆、「~ かな」、「~ だなあ・ことよ」

(玄石が)のびのびとした声を口に出して言うことには、「心地よいなあ、私を酔わせてくれたことだよ。」と。

 

 

リテヒテハク、「爾何物()

()りて()()ひて()はく、「(なんじ)(なに)(もの)(つく)るや。

 

そこで狄希に尋ねて言うことには、「お前はなんという物を作ったのだ。

 

 

()ヲシテ一杯モテイニ。今日方。日キコト幾許ゾト。」

(われ)をし(いっ)(ぱい)もて(おお)いに()はしむ。(こん)(にち)(まさ)()む。()(たか)きこと(いく)(ばく)ぞ。」と。

※「令ヲシテ(セ)」=使役、「AをしてB(せ)しむ」、「AにBさせる」

※幾許=疑問、「幾許(いくばく)」、「どれくらい」

私をたった一杯でたいへん酔わせてくれたね。今日まさに酔いから醒めたのだ。太陽の高さはどれくらいなのか。」と。

 

 

墓上人皆笑

()(じょう)(ひと)(みな)(これ)(わら)ふ。

 

墓の上の人は皆これを聞いて笑った。

 

 

酒気衝キテルヲ鼻中、亦各酔ウテスルコト三月ナリ

(せき)(しゅ)()()きて()(ちゅう)()るを(こうむ)り、(また)(おのおの)()うて()すること(さん)(げつ)なり。

 

玄石の酒気が立ちのぼって鼻の中に入ってしまい、また(家人たちは)おのおの酔っぱらって三か月の間眠りこんでしまった。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類