フロンティア古典教室

『糟糠之妻』原文・書き下し文・現代語訳

      2017/11/10

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

糟糠之妻=貧しい生活を共にしてきた妻

 

姉湖陽公主新タニトナル

(てい)(あね)()(よう)(こう)(しゅ)(あら)たに()となる。

 

(当時、)光武帝の姉の湖陽公主は夫を亡くして未亡人になったばかりだった。

 

 

帝与朝臣、微カニ

(てい)(とも)(とも)(ちょう)(しん)(ろん)じ、(ひそ)かに()()()る。

 

光武帝は(湖陽公主と)一緒に家臣について話し合い、ひそかに公主の意中の人物を探った。

 

 

主曰ハク、「宋公威容徳器、群臣莫シト。」

(しゅ)()はく、「(そう)(こう)()(よう)(とく)()(ぐん)(しん)(およ)()し。」と。

 

公主は、「宋公様の立派な容貌と優れた人柄は、家臣たちの及ぶところではありません。」と言った。

 

 

帝曰ハク、「方(まさ/す)ニ/トラント。」

(てい)()はく、(まさ)(まさ)(これ)(はか)らんとす。」と。

※「(まさ/す) ~(セ)ント」=再読文字、「且に ~(せ)んとす」、「いまにも ~しようとする/ ~するつもりだ」

光武帝は、「今からそのことについて考えてみましょう。」と言った。

 

 

後、弘()引見

(のち)(こう)(いん)(けん)せらる。

※「被 ~(セ)」=受身「~(せ)らる。」→「~される。」

その後、宋公は召し出されて(光武帝に)謁見した。

 

 

()ヲシテ屏風ロニ、因リテヒテハク

(てい)(しゅ)をして(びょう)()(うし)ろに()せしめ、()りて(こう)()ひて()はく、

※令=使役「令ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

光武帝は公主を屏風の後ろに座らせ、そこで宋公に向かって言うことには、

 

 

「諺、『貴クシテハリヲ、富ミテフト。』人()。」

(ことわざ)()ふ、『(とうと)くして(まじ)はりを()へ、()みて(つま)()ふ。』と。(ひと)(じょう)か。」と。

 

「諺の中には、『高い身分になったら交友関係を変え、富を得たなら妻を変える。』というものがある。(これは)人として当然の考えではないか。」と。



弘曰ハク、「臣聞、『貧賎()ハリハ()()カラ。糟糠()()ヨリ。』」

(こう)()はく、「(しん)()く、『(ひん)(せん)(まじ)はりは(わす)るべからず。(そう)(こう)(つま)(どう)より(くだ)さず。』と。」

※「不カラ ~(ス)」=不可能、「 ~(す)べからず」、「(状況から見て) ~できない。/ ~してはならない。(禁止)」

(それに対して)宋公が言うことには、「私は、『貧しく身分が低かった時の交友関係は忘れてはならない。貧しい生活を共にしてきた妻を家から追い出したりしない。』と聞いています。」と。

※不下堂=離縁しない。家から追い出したりしない。

※糟糠=酒かすや米ぬか。貧乏生活の粗末な食事の例え。

 

 

帝顧ミテヒテハク、「事()矣。」

(てい)(かえり)みて(しゅ)()ひて()はく、「(こと)(かな)はず。」と。

※矣=置き字(断定・強調)

光武帝が振り返って公主に向かって言うことには、「
思い通りにいかない。」と。

※光武帝は宋公に対して今の妻と離縁して湖陽公主と再婚するように促したが、宋公はそれに対してことわざを用いて断ったため、光武帝は湖陽公主に「思い通りにいかない」と知らせた。

 

 

 

 - 未分類