フロンティア古典教室

『売油翁(ばいゆおう)』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

陳康粛公尭咨クシ、当世無双ナリ

(ちん)(こう)(しゅく)(こう)(ぎょう)()(しゃ)()くし、(とう)(せい)()(そう)なり。

 

陳康粛公尭咨は、弓矢を得意とし、当時彼に並ぶ者はいなかった。

 

 

亦以ツテ。嘗於家圃

(こう)(また)(これ)()って(みずか)(ほこ)る。(かつ)()()()る。

※於=置き字(場所)

康粛公もまた、そのことを自分自身で誇りに思っていた。かつて、家の畑で弓矢の練習をしていた。

 

 

売油翁、釈キテ而立、睨ルコトシウシテ()

(ばい)()(おう)()()()きて()ち、(これ)()ること(ひさ)しうして()らず。

※而=置き字(順接・逆接)

(そこに)油売りの老人が現れ、荷物をおろして立ち、これ(=康粛公が弓矢を射る様子)を長らく見て立ち去ろうとしなかった。

 

 

ツルヲ八・九、但シククノミ

()()(はっ)し、(じゅう)(はち)()()つるを()て、()(すこ)しく(これ)(うなず)くのみ。

※「但 ~ノミ」=限定、「ただ ~だけ」

康粛公が矢を射て、十本のうち八、九本を的に当てるのを見て、ただ少しうなずくだけであった。

 

 

康粛問ヒテハク、「汝亦知()。吾()亦精ナラ()。」

(こう)(しゅく)()ひて()はく(なんじ)(また)(しゃ)()るか。()(しゃ)(また)(せい)ならずや。」と。

※「()(また) (ナラ)()(反語を用いた)詠嘆形、「亦~(なら)ず」、「なんと~ではあるまいか・なんと~ではないか(、そうだろう)

康粛公は(この老人に)尋ねて、「お前もまた、弓矢の心得があるのか。私の弓矢を射る技術はなんと正確ではないだろうか。」と言った。

 

 

翁曰ハク、「無他。但セル(のみ)。」

(おう)()はく(ほか)()し。()()(じゅく)せるのみ。」と。

※「() ~(のみ)」=限定、「ただ ~だけ」

老人は、「何ということはありません。ただ手慣れているだけです。」と言った。

 

 

康粛忿然トシテハク、「爾安クンゾヘテンズルヤト。」

(こう)(しゅく)忿(ふん)(ぜん)として()はく、「(なんじ)(いず)くんぞ()へて()(しゃ)(かろ)んずるや。」と。

※「安クンゾ ~ (スル)」=疑問、「(いづ)くんぞ ~(する)」、「どうして ~か。

 

康粛公は怒って、「おまえはどうして私の弓矢を射る技術を軽んじるのか。」と言った。

 

 

翁曰ハク、「以ツテ一レムヲルト。」

(おう)()はく()(あぶら)()むを()つて(これ)()る。」と。

 

老人は、「私は油を酌むことによってこのことを理解している。」と言った。

 

 

リテ一葫盧、置於地、以ツテ、徐ロニツテラス

(すなわ)(いつ)()()()りて、()()き、(せん)()つて()(くち)(おお)ひ、(おもむ)(しゃく)()つて(あぶら)()(これ)(したた)らす。

※於=置き字(場所)

そこで1つのひょうたんを取り出して、地面に置き、銭(=真ん中に穴の開いた銅銭)でそのひょうたんの口を覆い、ゆっくりと柄杓で油を酌んでひょうたんの中に注いだ。

 

 

()銭孔、而()湿

(せん)(こう)より()り、(しか)(せん)湿(うるお)はず。

 

(油は)銭の穴を通って(ひょうたんの中に)入り、しかも銭は油で濡れることはなかった。

 

 

リテハク、「我亦無他。惟セル(のみ)。」

()りて()はく、「(われ)(また)(ほか)()し。()()(じゅく)せるのみ。」と。

※「() ~(のみ)」=限定、「ただ ~だけ」

そこで(老人が)言うことには、「私もまた何ということはありません。ただ手慣れているだけです。」と。

 

 

康粛笑ヒテ而遣。此()荘生所謂解ナランヤ

(こう)(しゅく)(わら)ひて(これ)()る。()(そう)(せい)(いわ)(ゆる)(うし)()()()(もの)と、(なん)(こと)ならんや。

※「何 ~ (セ)ン(ヤ)」=反語、「何ぞ ~(せ)ん(や)」、「どうして ~(する)だろうか。(いや、~ない)」

康粛公は、笑ってこの老人を帰した。このことは荘子が言うところの「牛を解体する料理人」、「車輪を作る車大工」と、どうして異なるだろうか。(いや、異ならない。)

 

 

 

 

 

 

 - 未分類