フロンティア古典教室

『新死鬼(しんしき)』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

タニセル。形痩頓

(あら)たに()せる()()り。(かたち)(つか)(そう)(とん)

 

死んだばかりの幽霊がいた。その幽霊の体は疲れ痩せ衰えていた。

 

 

生時友人。死シテブモ二十年、肥健ナリ。相問訊

(たちま)(せい)()(ゆう)(じん)()()して()(じゅう)(ねん)(およ)ぶも、()(けん)なり。(あい)(もん)(じん)す。

 

突然に生きている時の友人に出会った。死んで二十年になるが、肥え太って健康的であった。お互いに事情を尋ねあった。

 

 

ハク、「卿ルカト。」

()はく(きょう)(なん)(しか)るか。」と。

※「何 ~ 」=疑問、「何ぞ ~か」、「どうして ~か。」

(友人の幽霊は、)「あなたはどうしてそのような有様なのか。」と言った。

 

 

ハク、「吾飢餓シテ()。卿方便

()はく、「(われ)()()して(ほとん)(みずか)()へず(けい)(もろもろ)(ほう)便(べん)()る。

 

(新米の幽霊は、)「私は腹が減って、もう自分ではどうにもできないんだ。君はいろいろな方法を知っている。

 

 

(まさ/べ)ニ/シトツテ()一レ。」

(ゆえ)(まさ)(ほう)()つて(おし)へらるべし。」と。

※「(まさ/べ)ニ/シ ~(ス)」=再読文字、「当に ~(す)べし」、「~すべきである・きっと~のはずだ」

※見=受身「見(セ)/見(セ)」→「A(せ)る/A(せ)らる」→「Aされる」

だからきっと(あなたは、食べ物を得るための)その方法を教えられるはずだ。」と。

 

 

鬼云、「此(のみ)

(とも)()()()(はなは)(やす)きのみ。

※「~ 耳」=限定「~ のみ」「~ だけだ」

友人の幽霊は言った、「それはとても簡単なことだけだよ。

 

 

サバ、人必イニ(まさ/べ)ニ/シト。」

()(ひと)(ため)(かい)()さば、(ひと)(かなら)(おお)いに(おそ)れ、(まさ)(けい)(しょく)(あた)ふべし。」と。

※「(まさ/べ)ニ/シ ~(ス)」=再読文字、「当に ~(す)べし」、「~すべきである・きっと~のはずだ」

ただ人に悪さをすれば、人は必ず大いに怖れて、君に食べ物を与えるだろう。」と。

 

 

新鬼往キテ大墟東頭。有一家ジテ精進スルモノ

(しん)()()きて(だい)(きょ)(とう)(とう)()る。(いっ)()(ほとけ)(ほう)じて(しょう)(じん)するもの()り。

 

新米の幽霊は大きな村ざとの東の端に行った。仏教を信奉して精進する一家があった。

 

 

西廂磨。鬼就シテ(ごと)クス

(おく)西(せい)(そう)(うす)()り。()(すなわ)()(うす)()して(ひと)()(ほう)のごとくす。

 

家の西側のひさしの下にひきうすがあった。幽霊はそこでこのうすを押して、人がうすをひくのと同じようにしてみた。

 

 

主語リテ子弟ハク、「仏憐レミテシキヲ()ムトヲシテ一レ。」

()(いえ)(あるじ)()(てい)(かた)りて()はく、「(ほとけ)()()(まず)しき(あわ)れみて、()をして(うす)()さしむ。」と。

 

この家の主人が子弟に語って言うことには、「仏様が我が家が貧しいのを憐れんで、幽霊にうすをひかせているのだ。」と。

 

 

ギテ。至ルマデベニ、磨数斛。疲頓シテ

(すなわ)(むぎ)(かつ)ぎて(これ)(あた)ふ。(ゆう)べに(いた)るまで(すう)(こく)()()(とん)して(すなわ)()る。

 

そこで(もっと幽霊に麦をひかせるため)麦を担いできて幽霊に与えた。夕方になるまで数斛の麦をひいた。(幽霊は)疲れ果てて、そこでやっと立ち去った。

 

 

、「卿カスカト。」

(つい)(とも)()(ののし)り、(けい)(なん)(われ)(たぶら)かすか。」と。

※「何 ~ 」=疑問、「何ぞ ~か」、「どうして ~か。」

そうして友人の幽霊を罵って、「君はどうして私をだますのか。」と言った。

 

 

又曰ハク、「但ケバ、自ヅカラニ/キ(なり)。」

(また)()はく()()()けば(おの)づから(まさ)()べきなり。」と。

※「(まさ/べ)ニ/シ ~(ス)」=再読文字、「当に ~(す)べし」、「~すべきである・きっと~のはずだ」

また(友人の幽霊は)、「もう一度(別の所へ)行けば、自然と食べ物を得られるはずだ。」と言った。

 

 

()西頭一家、家奉

()(きょ)西(せい)(とう)より(いっ)()()る。(いえ)(どう)(ほう)ず。

 

もう一度村ざとの西の端からある一家に侵入した。その家は道教を信奉していた。

 

 

ラニ碓。此鬼便リテ(ごと)クス

(もん)(かたわ)らに(うす)()()()便(すなわ)(うす)(のぼ)(ひと)(うすづ)(じょう)ごとくす

 

門のそばにつきうすがあった。この幽霊はすぐにそのままうすの上に登って、人がうすをつくように行動した。

 

 

人言、「昨日鬼助某甲。今復タリテ()シトギテ一レ。」

()(ひと)()ふ、昨日(きのう)()(ぼう)(こう)(たす)く。(いま)()()たりて(われ)(たす)く。(こく)(かつ)ぎて(これ)(あた)ふべし。」と。

 

この家の人は、「昨日幽霊が誰それを助けた。今再びやって来て(今回は)私を助けてくれる。もみを担いできて幽霊に与えなさい。」と言った。

 

 

又給簸篩、至ルマデベニルルコトダシキモ()

(また)()()()(きゅう)(ゆう)べに(いた)るまで(つと)(つか)るること(はなは)だしきも、()(しょく)(あた)へず。

※簸篩(はし)=ふるい。穀と実とを分ける道具。

また、下女にみとふるいを与え、夕方になるまで尽力しひどく疲れたが、幽霊に食べ物を与えることはなかった。

 

 

鬼暮レニ、大イニリテハク、「吾()()卿為シテ婚姻、非

()()(かえ)り、(おお)いに(いか)りて()はく、「(われ)(けい)(こん)(いん)()してより、()()(あら)ず。

※婚姻=縁戚関係。

幽霊は夕暮れ時に帰って、大いに怒って言うことには、「私は君と縁戚関係になってから、他の者と比べられるほど改善していない。

 

 

如何()ルカ。二日助クルモ()一甌飲食ヲモ。」

如何(いかん)(あざむ)かるるか。()(じつ)(ひと)(たす)くるも、(いち)(おう)(いん)(しょく)()ず。」と。

※如何(いかん)=「どうして~か・どうなるか・どうであるか」

※見=受身「見(セ)/見(セ)」→「A(せ)る/A(せ)らる」→「Aされる」

どうして(私が)だまされるのか。二日も人を助けたのに、小さいかめ一杯の飲食をも得られない。」と。

 

 

鬼曰ハク、「卿ヅカラ()(のみ)

(とも)()()はく(けい)(おの)づから()はざるのみ。

※「~ 耳」=限定「~ のみ」「~ だけだ」

友人の幽霊は、「お前はたまたま出くわさなかっただけだ。

 

 

二家。情自ヅカラカシ

()()()(ほとけ)(ほう)(どう)(つか)ふ。(じょう)(おの)づから(うご)かし(がた)し。

 

この二軒は仏教を信奉したり道教に従事していた。気持ちが自然と動かしにくかった。

 

 

今去キテ()百姓上レ。則カラント()ルコト得。」

(いま)()きて、(ひゃく)(せい)(いえ)(もと)(かい)()すべし。(すなわ)()ざること()からん。」と。

※「無ル(ハ) (セ)」=二重否定(強い肯定)、「 ~(せ)ざる(は)無し」、「~しないことはない」

今一度行って、庶民の家を探して悪さをしてみなさい。そうすれば(食べ物を)得られないことはないだろう。」
と言った。

 

 

鬼復キテ、得一家。門首竹竿

()()()きて、(いっ)()()(もん)(しゅ)(ちく)竿(かん)()り。

 

幽霊はまた出かけて、ある一家を見つけた。門口に竹竿があった。

 

 

()門入ルニ、見リテ一群女子、窓前ラフヲ

(もん)より()に、(いち)(ぐん)(じょ)()()りて(そう)(ぜん)(とも)()らふを()る。

 

門から入ると、一団の女子がいて、窓の前で一緒に食事をしているのが目にした。

 

 

ルニ庭中、有一白狗、便キテ()空中

(てい)(ちゅう)(いた)るに、(いち)(はっ)()()り、便(すなわ)(いだ)きて(くう)(ちゅう)()かしむ。

※令=使役「令ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

庭の中に入ると、一匹の白い犬がいて、すぐにその犬を抱いて空中を移動させた。

 

 

家見イニキテ、「自来(いま/ず)ダ/ト。」

()(いえ)(これ)()(おお)いに(おどろ)きて()ふ、「()(らい)(いま)()(かい)()らず。」と。

※「(いま/ざ) ~ (セ)」=再読文字、「未だ ~(せ)ず」、「まだ ~(し)ない」

その家の人たちはこれを見て大いに驚いて、「これまでにこんな怪しいことはなかった。」と言った。

 

 

ヒテ、「有客鬼一レムル。可

(うらな)ひて()(かく)()(しょく)(もと)()り。(いぬ)(ころ)すべし。

 

祈祷師が占って言うには、「まつってくれる人のいない幽霊が食べ物を探し求めている。犬を殺しなさい。

 

 

ビニ甘果酒飯モテイテ庭中ラバ()シトキヲ他。」

(なら)びに(かん)()(しゅ)(はん)もて(てい)(ちゅう)()いて(これ)(まつ)らば()()きを()べし。」と。

 

さらにおいしい酒や食事を捧げて、庭の中にこの幽霊をまつれば、他の怪異は起きないだろう。」と。

 

 

(ごと)クス。鬼果タシテイニタリ

()(いえ)()(げん)のごとくす。()()たして(おお)いに(しょく)()たり。

 

その家の人たちは祈祷師の言うとおりにした。幽霊はついに多くの食事を得た。

 

 

()後恒スハ、友()(なり)

()れより(のち)(つね)(かい)()は、(とも)()(おし)へなり

 

これから後、ずっと怪現象を起こすようにしたのは、友人の幽霊の教えによるものである。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類