フロンティア古典教室

源氏物語『桐壺』品詞分解のみ(1)

   

(光源氏の誕生)

青=現代語訳

 源氏物語『桐壺』まとめ

 

いづれ=代名詞

=格助詞

御時=名詞、御代、天皇の代、

=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形、「~である」

=疑問の係助詞、結びは連体形となるはずだが、ここでは省略されている。「ありけむ」が省略されていると考えられる。「訳:~であったのだろうか」

※今回のように係助詞の前に「に(断定の助動詞)」がついている時は「あり(ラ変動詞)」などが省略されている。場合によって敬語になったり、助動詞がついたりする。

「にや・にか」だと、「ある・侍る(「あり」の丁寧語)・あらむ・ありけむ」など

「にこそ」だと、「あれ・侍れ・あらめ・ありけめ」など

 

いづれの御時(おおんとき)にか。

いつの帝の御代であっただろうか、

 

 

女御(にょうご)=天皇が囲っている女性、高位の女官、更衣よりも上

更衣(こうい)=名詞

あまた(数多)=副詞、たくさん、大勢

候ひ=ハ行四段動詞「候ふ(さぶらふ)」の連用形、謙譲語。お仕え申し上げる、お仕えする。動作の対象である天皇を敬っている。作者からの敬意。

※「候(さうらふ/さぶらふ)・侍り(はべり)」は補助動詞だと丁寧語「~です、~ます」の意味であるが、本動詞だと、丁寧語「あります、ございます、おります」と謙譲語「お仕え申し上げる、お控え申し上げる」の二つ意味がある。

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である女御・更衣を敬っている。作者からの敬意

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

=名詞

=格助詞

 

女御(にょうご)更衣(こうい)あまた候ひ給ひけるなかに、

女御や行為の方が、大勢お仕え申し上げていらっしゃった中に、

 

 

いと=副詞

やんごとなき=ク活用の形容詞「やんごとなし」の連体形、①捨ててはおけない、②並々ではない、③高貴である、ここでは③の意味で使われている。

際(きわ)=名詞、①端、②時・場合、③家柄・身分、④境目、ここでは③家柄・身分

=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

=係助詞

あら=ラ変動詞「あり」の未然形

=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形、直後に「人」が省略されているために連体形となっている。「~ではない人」

=格助詞

すぐれて=副詞、特に、特別に、きわだって

時めき=カ行四段動詞「時めく」の連用形、①時勢に会って栄える、②寵愛を受けて栄える、ここでは②の意味

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。動作の主体(寵愛を受けて栄えている人)である桐壷の更衣を敬っている。作者からの敬意ちなみに、直後に「人」が省略されているため連体形となっている。「~していらっしゃる人」

あり=ラ変動詞「あり」の連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

いとやんごとなき(きわ)にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。

それほど高貴な身分ではない人で、格別に帝のご寵愛を受けていらっしゃる方があった。

 

 

はじめ=名詞

より=格助詞、(起点)~から。(手段・用法)~で。(経過点)~を通って。(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや。

=代名詞

=係助詞

=格助詞

思ひあがり=ラ行四段動詞「思ひあがる」の連用形、自負する、気位を高く持つ

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。動作の主体である御方々(女御たち)を敬っている。作者からの敬意

=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形。直前に四段の已然形があることから判断できる、直後に体言が来ていることから連体形だと考えて活用から判断してもよい。

御方々=名詞

 

はじめより、我はと思ひあがり給へる御方々、

最初から私こそは(帝のご寵愛を得る)と自負していらっしゃった女御の方々は、

 

 

めざましき=シク活用の形容詞「めざまし」の連体形。心外で気にくわない、あきれたものだ。すばらしい、立派だ

もの=名詞

=格助詞

おとしめ=マ行下二段動詞「貶しむ(おとしむ)」の連用形、見下げる、さげすむ

そねみ=マ行四段動詞「嫉む(そねむ)」の連用形、羨ましくて憎く思う、ねたむ

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の終止形、尊敬語。動作の主体である御方々(女御たち)を敬っている。作者からの敬意

 

めざましきものにおとしめそねみ給ふ。

(格別のご寵愛を受けているこの更衣を)心外で気にくわない者として軽蔑したり嫉妬したりなさる。

 

 

同じ=シク活用の形容詞「同じ」の連体形。活用表からすると「終止形」なのではないかと思われるが、「同じ」は特別で体言の前に終止形の形で来て「連体形」の役割をする。なのでここでは「連体形」と答えるのが正解。

類似のもので、ク活用の形容詞「多し」があり、「多かり。」と文末に来て「終止形」となるものがある。この場合は「終止形」と答えるのが正解。

程(ほど)=名詞

それ=代名詞

より=格助詞

下臈(げろう)=名詞、身分の低い者

=格助詞

更衣たち=名詞

=係助詞

まして=副詞

やすから=ク活用の形容詞「安し」の未然形、易しい、安らかである

=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

同じ程、それより()(ろう)の更衣たちは、ましてやすからず。

(この更衣と)同程度、あるいはそれより低い身分の更衣たちは、(女御たちよりも)いっそう心中穏やかでない。

 

 

朝夕=名詞

=格助詞

宮仕へ=名詞

=格助詞

つけ=カ行下二段動詞「つく」の連用形

=接続助詞

=係助詞

=名詞

=格助詞

=名詞

=格助詞

のみ=副助詞

動かし=サ行四段動詞「動かす」の連用形

恨み=名詞

=格助詞

負ふ=ハ行四段動詞「負ふ」の連体形

積もり=名詞、積もること、見積もり

=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

=疑問の係助詞、結び(文末)は連体形となる。係り結び。

あり=ラ変動詞「あり」の連用形

けむ=過去推量の助動詞「けむ」の連体形、接続は連用形、係助詞「や」を受けて連体形となっている。係り結び。

 

朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふ積もりにやありけむ、

朝夕の宮仕えにつけても、周りの人の心を動かしてばかりいて、恨みを受けるのが積み重なったのであったのだろうか、

 

 

いと=副詞

あつしく=シク活用の形容詞「篤し(あつし)」の連用形、病気が重い、危篤の状態だ

なりゆき=カ行四段動詞「なりゆく」の連用形

物心細げに=ナリ活用の形容動詞「物心細げなり」の連用形、なんとなく心細い、頼りなく不安である

里がちなる=ナリ活用の形容動詞「里がちなり」の連体形、実家に帰っていることの多い様子、直後に「こと」が省略されているため連体形になっている。

=格助詞

 

いとあつしくなりゆき、物心細げに里がちなるを、

(この更衣は)ひどく病弱になってゆき、なんとなく心細そうな様子で実家に帰りがちであることを、

 

 

いよいよ=副詞、ますます、なおその上、とうとう

飽か=カ行四段動詞「飽く」の未然形、満足する、飽き飽きする

=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

あはれなる=ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の連体形。「あはれ」はもともと感動したときに口に出す感動詞であり、心が動かされるという意味を持つ。しみじみと思う、しみじみとした情趣がある

もの=名詞

=格助詞

思ほし=サ行四段動詞「思ほす(おぼほす)」の連用形、尊敬語。お思いになる。動作の主体である帝を敬っている。作者からの敬意。

=接続助詞

 

いよいよ飽かずあはれなるものに(おぼ)ほして、

(帝は)ますます飽き足らず愛しい者とお思いになって、

 

 

=名詞

=格助詞

そしり=名詞、そしること、非難

=格助詞

=係助詞

=副詞、下に打消の表現を伴って「~できない」

憚ら=ラ行四段動詞「憚る(はばかる)」の未然形、障害があっていき悩む、進めないでいる

=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給は」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である帝を敬っている。作者からの敬意

給は=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の未然形、尊敬語。

=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

 

人のそしりをもえ(はばか)らせ給はず、

人々の非難をも気にすることがおできにならず、

 

 

=名詞

=格助詞

例(ためし)=名詞、先例、話の種、手本

=格助詞

=係助詞

なり=ラ行四段動詞「成る」の連用形

=強意の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形。「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があるが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる

べき=推量の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。

御もてなし=名詞、ふるまい、とりはからい、待遇、

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

 

世の(ためし)にもなりぬべき御もてなしなり。

世の話の種にもなってしまいそうなおふるまいである。

 

 

上達部(かんだちめ・かんだちべ)=公卿、大臣などで三位以上の人

上人(うえびと)=殿上人、上達部よりは位が低い

など=副助詞

=係助詞

あいなう=ク活用の形容詞「あいなし」の連用形が音便化したもの、わけもなく、なんとなく。つまらない。気に食わない。

=名詞

=格助詞

そばめ=マ行下二段動詞「そばむ」の連用形、脇による、横向きになる、そむける、ひがむ

つつ=接続助詞、①反復「~ては~」②継続「~し続けて」③並行「~ながら」④(和歌で)詠嘆「~なことだ」。ここでは②継続の意味。

 

上達部(かんだちめ)上人(うえびと)などもあいなう目をそばめつつ、

上達部や殿上人たちもなんとなく目を背けるという状態で、

 

 

いと=副詞

まばゆき=ク活用の形容詞「まばゆし」の連体形、①まぶしい②光り輝くほど美しい③恥ずかしい④目を背けたいほどいとわしい。ここでは①の意味だと思われる。

=名詞

=格助詞

御おぼえ=名詞、寵愛。評判、信望、世間の評判。

「人の御おぼえ」=人は「桐壷の更衣」のことで、御おぼえとは「帝のご寵愛を受けること」である、「桐壷の更衣へのご寵愛」

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

 

いとまばゆき人の御おぼえなり。

本当にまぶしいほどのこの更衣へのご寵愛ぶりである。

 

 

もろこし=中国

=格助詞

=係助詞

かかる=連体詞、このような、こういう、ここでいう「このような」とは「人々の批判にも耳を傾けず、国の王が一女性への愛に溺れるといったこと」である

=名詞

=格助詞

起こり=名詞

「事の起こり」=原因・契機

=格助詞

こそ=強調の係助詞、結び(文末)は已然形、ここでは「けれ」が結びとなっている。

=名詞

=係助詞

乱れ=ラ行下二段動詞「乱る」の連用形

悪しかり=シク活用の形容詞「悪し(あし)」の連用形、よくない、好ましくない。「よし>よろし≧普通≧わろし>あし」みたいなイメージ。

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形。係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。係り結び。

=格助詞

 

もろこしにも、かかる事の起こりにこそ世も乱れ()しかりけれと、

「中国においても、こういうことが原因となって、世の中も乱れ悪くなった。」と、

 

 

やうやう(漸う)=副詞、だんだん、しだいに、かろうじて

天の下=名詞、この世の中、天下、世間

=格助詞

=係助詞

あぢきなう=ク活用形容詞「味気無し」の連用形が音便化したもの。つまらない、苦々しい、情けない。かいがない、無益だ、どうしようもない。

=名詞

=格助詞

もてなやみぐさ(持て悩み草)=名詞、取扱いに困るもの、悩みの種

=格助詞

なり=ラ行四段動詞「成る」の連用形

=接続助詞

 

やうやう(あめ)(した)にもあぢきなう、人のもてなやみぐさになりて、

しだいに世間でも苦々しく思われ、人々の心配の種になって、

 

 

楊貴妃(ようきひ)=名詞

=格助詞

=名詞、先例、話の種、手本

=係助詞

引き出で=ダ行下二段動詞「引き出づ」の連用形、引き出す

=強意の助動詞「つ」の終止形、接続は連用形。「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があるが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる。

べく=推量の助動詞「べし」の連用形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。

なりゆく=カ行四段動詞「なりゆく」の連体形

=接続助詞、「を・に・ば・ば・ど・も・が」が使われた直後に主語が変わる可能性がある。ここでは次の文から主語が桐壷の更衣に変っている。

 

(よう)()()(ためし)も引き出でつべくなりゆくに、

楊貴妃の先例までも引き合いに出しそうなほどになっていくので、

 

 

いと=副詞

はしたなき=ク活用の形容詞「はしたなし」の連体形、迷惑だ、不都合だ。中途半端だ。きまりが悪い。体裁が悪い。

こと=名詞

多かれ=ク活用の形容詞「多し」の已然形

=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。

かたじけなき=ク活用の形容詞「かたじけなし」の連体形、恐れ多い、もったいない。恥ずかしい、面目ない

御心ばへ=心遣い、趣向

=格助詞、用法は主格、訳「帝の心遣いが比類のないほどなのを」

類なき=ク活用の形容詞「類なし」の連体形、並ぶものがない

=格助詞

頼み=名詞

にて=格助詞

交じらひ=ハ行四段動詞「交じらふ」の連用形、まじる、仲間に入る、交際する、宮仕えする

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の終止形、尊敬語、動作の主体である桐壷の更衣を敬っている。作者からの敬意。

 

いとはしたなきこと多かれど、かたじけなき御心ばへの(たぐい)なきを頼みにて()じらひ給ふ。

(桐壷の更衣にとって)まことに不都合なことが多いけれども、(帝の)もったいないほどの御心遣いが比類もないほどなのを頼みに思って、(他の女御・更衣の方々と)宮仕えしていらっしゃる。

 

 

続きはこちら源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(2)

 

 源氏物語『桐壺』まとめ

 

 

 

 - 未分類