フロンティア古典教室

大鏡『宣耀殿の女御』解説・品詞分解(2)

   

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

 大鏡『宣耀殿の女御』まとめ

 

()(きん)浮かべ給へ と聞か 給ひて、

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。動作の主体である宣耀殿の女御を敬っている。作者からの敬意。

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

 

り=存続の助動詞「り」の終止形、接続はサ変あら未然形・四段なら已然形

 

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である村上天皇を敬っている。作者からの敬意。

 

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

 

(この女御が)古今和歌集を暗記していらっしゃるとお聞きになって、

 

 

帝、試みに本を隠して、女御には見せ させ 給は 

 

見せ=サ行下二段動詞「見す」の未然形

 

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である村上天皇を敬っている。作者からの敬意。

 

給は=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の未然形、尊敬語。

 

で=打消の接続助詞、接続は未然形。「ず(打消しの助動詞)+して(接続助詞)」→「で」となったもの。

 

天皇は、試しに(古今和歌集の)本を隠して、女御にはお見せにならないで、

 

 

「やまと歌は」とあるを初めにて、まづの句の言葉を仰せ られ つつ、問は 給ひ けるに、

 

仰せ=サ行下二段動詞「仰す(おほす)」の未然形。「言ふ」の尊敬語、おっしゃる。動作の主体である村上天皇を敬っている。作者からの敬意。

 

られ=尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。直前の「仰せ」と合わせて二重敬語。助動詞「らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味があるが、「仰せらる」の場合の「らる」は必ず「尊敬」と思ってよい。

 

つつ=接続助詞、①反復「~しては~」②継続「~し続けて」③並行「~しながら」④(和歌で)詠嘆、ここでは①反復「~しては~」の意味。

 

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である村上天皇を敬っている。作者からの敬意。

 

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

 

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

 

(「仮名序」の)「やまと歌は」とあるのをはじめとして、和歌の初句の言葉をおっしゃっては、(以下の句の言葉を)お尋ねになったところ、

 

 

言ひ(たが)給ふこと、(ことば)ても歌てもなかりけり

 

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。動作の主体である宣耀殿の女御を敬っている。作者からの敬意。

 

に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

 

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

(女御が)言い間違えなさることは、詞書でも歌でもなかった。(=完璧に覚えていた。)

 

 

かかることなむと、父大臣(おとど)は聞き給ひて、御装束して、

 

かかる=ラ変動詞「かかり」の連体形、このような、こういう。

 

なむ=強調の係助詞、結びは連体形となるが、直後に「ある(ラ変動詞・連体形)」などが省略されている。係り結びの省略。

 

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である父大臣(=藤原師尹)を敬っている。作者からの敬意。

 

装束し=サ変動詞「装束す(しょうぞくす)」の連用形、正装する、着飾る。支度をする。飾る。

装束(しょうぞく)=名詞、衣服、服装、恰好。支度、用意。飾り。

 

このようなことが(宮中で行われている)と、父の大臣(=藤原師尹(もろまさ))はお聞きになって、正装して、

 

 

手洗ひなどて、所々に()(きょう)など、念じ入りて おはし ける

 

し=サ変動詞「す」の連用形、する。

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

おはし=サ変動詞「おはす」の連用形、「あり・居り・行く・来」の尊敬語。いらっしゃる、おられる、あおりになる。動作の主体である父大臣(=藤原師尹)を敬っている。作者からの敬意。

 

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び。

 

手を洗い清めなどして、あちらこちらの寺々に読経などをしてもらい、(ご自身も娘のことを)心から祈っていらっしゃった。

 

 

(そう)(こと)めでたく あそばし けるも、

 

めでたく=ク活用の形容詞「めでたし」の連用形、みごとだ、すばらしい。魅力的だ、心惹かれる。

 

あそばし=サ行四段動詞「遊ばす」の連用形、サ変動詞「す」の尊敬語、なさる、なさいます。(詩歌や管弦などを)なさる。動作の主体である村上天皇を敬っている。作者からの敬意。

 

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

 

天皇は十三弦の琴をみごとに演奏なさったが、

 

 

御心に入れて教へなど、限りなく時めき 給ふに、

 

時めき=カ行四段動詞「時めく」の連用形、(天皇の)寵愛を受ける。時流に乗って栄える、もてはやされる。

 

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。動作の主体である宣耀殿の女御を敬っている。作者からの敬意。

 

(この女御にも琴を)ご熱心に教えるなど、(女御は)この上なくご寵愛をお受けになるが、

 

 

冷泉院(れいぜいいん)の御(はは)(きさき)失せ給ひこそなかなか こよなく おぼえ劣り給へ とは聞こえ 給ひ しか

 

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である中宮安子を敬っている。作者からの敬意。

 

こそ=強調の係助詞、結びは已然形となる。係り結び。

 

なかなか(中中)=副詞、かえって、むしろ。

 

こよなく=ク活用の形容詞「こよなし」の連用形、(優劣にかかわらず)違いがはなはだしいこと、この上なく。

 

おぼえ=名詞、寵愛。評判、信望、世間の評判。

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。動作の主体である宣耀殿の女御を敬っている。作者からの敬意。

 

り=完了の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

聞こえ=ヤ行下二動詞「聞こゆ」の連用形、うわさされる、世に知られる、有名である。

 

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体を敬っている。作者からの敬意。

 

しか=過去の助動詞「き」の已然形、接続は連用形。係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。係り結び。

 

冷泉院の御母后(=中宮(あん)()がお亡くなりになって(からは)、かえってひどく寵愛が衰えなさったとおうわさになりました。

 

 

()(みや)いみじう めざましく安からものに思し たり しか 

 

いみじう=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形が音便化したもの、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても

 

めざましく=シク活用の形容詞「めざまし」の連用形。心外で気にくわない、あきれたものだ。すばらしい、立派だ。

 

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

 

思し=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の連用形。「思ふ」の尊敬語。動作の主体である中宮安子を敬っている。作者からの敬意。

 

たり=存続の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

 

しか=過去の助動詞「き」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

(天皇は、)「亡き宮(=中宮安子)が、(この女御のことを)ひどく気にくわず心穏やかでない者とお思いになっていたので、

 

 

思ひ出づるに、いとほしく、悔しきなり。」と 仰せ られ ける

 

いとほしく=シク活用の形容詞「いとほし」の連用形、かわいそうだ、気の毒だ。困る、いやだ。かわいい、いとしい。

 

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

仰せ=サ行下二段動詞「仰す(おほす)」の未然形。「言ふ」の尊敬語、おっしゃる。動作の主体である村上天皇を敬っている。作者からの敬意。

 

られ=尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。直前の「仰せ」と合わせて二重敬語。助動詞「らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味があるが、「仰せらる」の場合の「らる」は必ず「尊敬」と思ってよい。

 

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び。

 

(そのことを)思い出すと、(中宮安子のことが)気の毒で、(この女御を寵愛したことが)悔やまれるのだ。」とおっしゃった。

 

 

 大鏡『宣耀殿の女御』まとめ

 

 

 

 - 未分類