フロンティア古典教室

平家物語『壇ノ浦(安徳天皇の入水)』品詞分解のみ(2)

   

青=現代語訳

 平家物語『壇ノ浦(安徳天皇の入水)』まとめ

 

二位殿=名詞

=係助詞

=代名詞

=格助詞

有様=名詞

=格助詞

御覧じ=サ変動詞「御覧ず」の連用形、「見る」の尊敬語。御覧になる。動作の主体である二位殿(=平時子)を敬っている。作者からの敬意。

=接続助詞

日ごろ=副詞、普段(ふだん)。数日間。

思し召しまうけ=カ行下二段動詞「思し召し設く(おぼしめしまうく)」の連用形。「思ひ設く」の尊敬語。心構えをする、予期する。

「設く・儲く(まうく)」=カ行下二動詞、準備をする、用意をする。得をする、思いがけない利益を得る。

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

=名詞

なれ=断定の助動詞「なり」の已然形、接続は体言・連体形

=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

()()殿(どの)はこの有様を御覧じて、日ごろ思し召しまうけたる事なれば、

二位殿(=(たいらの)(とき)())はこの有様をご覧になって、日ごろから心構えをなさっていた事なので、

 

 

鈍色(にびいろ)=名詞

=格助詞

二つ衣(ぎぬ)=名詞

(うち)かづき=カ行四段動詞「被く(かづく)」の連用形、かぶる。もらう、(褒美などを)いただく。「うち」は接頭語。

※四段活用と下二段活用の両方になる動詞があり、下二段になると「使役」の意味が加わり、「かぶせる。与える。」といった意味になる。

練袴(ねりばかま)=名詞

=格助詞

そば=名詞

高く=ク活用の形容詞「高し」の連用形

挟み=マ行四段動詞「挟む(はさむ)」の連用形

神璽(しんし)=名詞

=格助詞

脇(わき)=名詞

=格助詞

挟み=マ行四段動詞「挟む(はさむ)」の連用形

宝剣=名詞

=格助詞

=名詞

=格助詞

差し=サ行四段動詞「差す」の連用形

主上=名詞

=格助詞

抱き=カ行四段動詞「抱く」の連用形

たてまつつ=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連用形が音便化したもの、謙譲語。動作の対象である主上(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

=接続助詞

 

(にび)(いろ)の二つ(ぎぬ)うちかづき、(ねり)(ばかま)のそば高く挟み、(しん)()(わき)に挟み、宝剣を腰に差し、主上を抱きたてまつつて、

濃い灰色の二枚重ねの衣を頭にかぶり、練絹の袴のそばを高く挟んで(すそを上げ)、神璽を脇に挟み、宝剣を腰に差し、主上を抱き申し上げて、

 

 

=代名詞

=格助詞

=名詞

=係助詞

=名詞

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

とも=接続助詞

敵(かたき)=名詞

=格助詞

=名詞

=格助詞

=係助詞

かかる=ラ行四段動詞「かかる」の終止形

まじ=打消意志の助動詞「まじ」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)

=名詞

=格助詞

御供=名詞

=格助詞

参る=ラ行四段動詞「参る(まいる)」の連体形、謙譲語。動作の対象である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

 

「わが身は女なりとも、(かたき)の手にはかかるまじ。君の御供に参るなり。

「わが身は女であっても、敵の手にはかからないつもりだ。天皇の御供をして参るのである。

 

 

御心ざし=名詞、心を向けるところ、心の指すところ。愛情、誠意。

思ひ=ハ行四段動詞「思ふ」の連用形

参らせ=補助動詞サ行下二「参らす」の連用形、謙譲語。動作の対象である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

給は=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の未然形、尊敬語。動作の主体である人々を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどれかである。直後に体言があると婉曲になりがち。婉曲とは遠回しな表現。

訳:「思い申し上げなさる(ような)人々」

人々=名詞

=係助詞

急ぎ=ガ行四段動詞「急ぐ」の連用形

続き=カ行四段動詞「続く」の連用形

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の命令形、尊敬語。動作の主体である人々を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

とて=格助詞

 

御心ざし思ひ参らせ給はむ人々は急ぎ続き給へ。」とて、

誠意をもって思い申し上げなさるような人々は、急いで(私の後に)お続きなさい。」と言って、

 

 

船端(ふなばた)=名詞

=格助詞

歩み出で=ダ行下二段動詞「歩み出づ」の未然形

られ=尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。「る・らる」には受身・尊敬・自発・可能の四つの意味がある。動作の主体である二位殿(=平時子)を敬っている。作者からの敬意。

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

(ふな)(ばた)へ歩み出でられけり。

船端へ歩み出なさった。

 

 

主上=名詞

今年=名詞

=係助詞

八歳=名詞

=格助詞

なら=ラ行四段動詞「成る」の未然形

=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である主上(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。

ども=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。

御年=名詞

=格助詞

ほど=名詞

より=格助詞

はるかに=ナリ活用の形容動詞「はるかなり」の連用形

ねび=バ行上二段動詞「ねぶ」の未然形、年を取る、ふける、大人びる。

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である主上(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

=接続助詞

 

主上今年は八歳にならせ給へども、御年のほどよりはるかにねびさせ給ひて、

主上(=安徳天皇)は今年は八歳におなりになったけれども、ご年齢のわりにははるかに大人びていらっしゃって、

 

 

御容貌(かたち)=名詞、姿、容貌、外形、顔つき

うつくしく=シク活用の形容詞「美し」の連用形、かわいらしい、いとおしい。美しい、きれい。

辺り=名詞

=係助詞

照り輝く=カ行四段動詞「照り輝く」の連体形

ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。(限定)~だけ。

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

 

御かたちうつくしく辺りも照り輝くばかりなり。

ご容貌は端麗で、辺りも照り輝くほどである。

 

 

御髪=名詞

黒う=ク活用の形容詞「黒し」の連用形が音便化したもの

ゆらゆらと=副詞

=サ変動詞「す」の連用形、する。

=接続助詞

御背中=名詞

過ぎ=ガ行上二段動詞「過ぐ」の未然形

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。

=存続の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

御髪黒うゆらゆらとして、御背中過ぎさせ給へり。

御髪は黒くゆらゆらとして、御背中より下まで垂れ下がっていらっしゃる。

 

 

あきれ=ラ行下二段動詞「呆る(あきる)」の連用形、途方に暮れる、あっけにとられる。

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

御有様=名詞

=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

=接続助詞

尼ぜ=名詞

=代名詞

=格助詞

=強調の係助詞。強調する意味があるが、訳す際に無視しても構わない。

いづち=代名詞

=格助詞

具し=サ変動詞「具す(ぐす)」の連用形、引き連れる、一緒に行く、伴う。持っている。

=接続助詞

行か=カ行四段動詞「行く」の未然形

=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

=格助詞

する=サ変動詞「す」の連体形、する。

=強調の係助詞

=格助詞

仰せ=サ行下二段動詞「仰す(おほす)」の連用形。「言ふ」の尊敬語、おっしゃる。動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

 

あきれたる御有様にて、「尼ぜ、我をばいづちへ具して行かむとするぞ。」と仰せければ、

(安徳天皇は)あっけにとられた御様子で、「尼御前、私をどこへ連れて行こうとしているのか。」とおっしゃったので、

 

 

いとけなき=ク活用の形容詞「幼けなし(いとけなし)」の連体形、おさない、あどけない、年少である。

=名詞

=格助詞

向かひ=ハ行四段動詞「向かふ」の連用形

奉り=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連用形、謙譲語。動作の対象である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

=名詞

=格助詞

抑へ=ハ行下二段動詞「抑ふ」の連用形

=接続助詞

申さ=サ行四段動詞「申す」の未然形、「言ふ」の謙譲語。動作の対象である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る・らる」には受身・尊敬・自発・可能の四つの意味がある。動作の主体である二位殿(=平時子)を敬っている。作者からの敬意。

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

=係助詞

 

いとけなき君に向かひ奉り、涙を抑へて申されけるは、

(二位殿が)幼い帝にお向かい申し上げて、涙を抑えて申し上げなさったことは、

 

 

=名詞

=係助詞

いまだ=副詞

知ろしめさ=サ行四段動詞「知ろし召す(しろしめす)」の未然形、尊敬語。理解なさる、知っていらっしゃる。お治めになる。動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る・らる」には受身・尊敬・自発・可能の四つの意味がある。動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

さぶらは=補助動詞ハ行四段「候ふ(さぶらふ)」の未然形、丁寧語。言葉の受け手(聞き手)である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

※「候ふ(さぶらふ)・侍り(はべり)」は補助動詞だと丁寧語「~です、~ます」の意味であるが、本動詞だと、丁寧語「あります、ございます、おります」と謙譲語「お仕え申し上げる、お控え申し上げる」の二つ意味がある。

※平家物語においての「候ふ」の読み方として、男性が使用していると「さうらふ・そうろう」、女性だと「さぶらふ・さぶらう」という読み方になるので注意。逆に言えば、「さうらふ」があれば、その内容を話しているのは男性だという推測が成り立つ。

=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

=疑問の係助詞

 

「君はいまだ知ろしめされさぶらはずや。

「君はまだご存じではありませんか。

 

 

先世(ぜんぜ)=名詞

=格助詞

十善戒行(じゅうぜんかいぎょう)=名詞

=格助詞

御力=名詞

=格助詞

よつ=ラ行四段動詞「寄る」の連用形が音便化したもの

=接続助詞

=名詞

万乗(ばんじょう)=名詞

=格助詞

主(あるじ)=名詞

=格助詞

生まれ=ラ行下二段動詞「生まる」の未然形

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。

ども=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく

 

(ぜん)()(じゅう)(ぜん)(かい)(ぎょう)の御力によつて、今(ばん)(じょう)の主と生まれさせ給へども、

前世での十善戒行のお力によって、今万乗の主(=天皇)としてお生まれになりましたが、

 

 

悪縁=名詞

=格助詞

ひか=カ行四段動詞「引く」の未然形

=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

=接続助詞

御運=名詞

すでに=副詞

尽き=カ行上二段動詞「尽く」の未然形

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形

 

悪縁(あくえん)にひかれて、御運すでにつきさせ給ひぬ。

悪縁に引っぱられて、ご運はもはやお尽きになりました。

 

 

まづ=副詞

東(ひんがし)=名詞

=格助詞

向かは=ハ行四段動詞「向かふ」の未然形

=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

=接続助詞

伊勢大神宮(いせだいじんぐう)=名詞

=格助詞

御暇(いとま)=名詞、休み、余暇、ひま。別れ、別れの挨拶。

申さ=サ行四段動詞「申す」の未然形、「言ふ」の謙譲語。動作の対象である伊勢大神宮を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

 

まづ(ひんがし)に向かはせ給ひて、伊勢(いせ)(だい)(じん)(ぐう)に御(いとま)申させ給ひ、

まず東にお向きになって、伊勢大神宮へお別れを申し上げなさり、

 

 

=代名詞

=格助詞

=名詞

西方浄土=名詞

=格助詞

来迎(らいこう)=名詞

=格助詞

あづから=ラ行四段動詞「あづかる」の未然形

=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

=格助詞

思し召し=サ行四段動詞「思し召す(おぼしめす)」の連用形、「思ふ」の尊敬語。動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

西=名詞

=格助詞

向かは=ハ行四段動詞「向かふ」の未然形

=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

=接続助詞

御念仏=名詞

さぶらふ=補助動詞ハ行四段「候ふ(さぶらふ)」の終止形、丁寧語。言葉の受け手(聞き手)である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

べし=命令の助動詞「べし」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。

 

その後西方浄土の来迎のあづからむと思し召し、西に向かはせ給ひて御念仏さぶらふべし。

その後、西方浄土からのお迎えにあずかろうととお思いになり、西にお向きになって御念仏をお唱えなさいませ。

 

 

=代名詞

=格助詞

=名詞

=係助詞

粟散辺地(ぞくさんへんぢ)=名詞

とて=格助詞

心憂き=ク活用の形容詞「心憂し(こころうし)」の連体形、いやだ、不愉快だ。情けない、つらい。残念だ、気にかかる。

境(さかい)=名詞

=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

=接続助詞

さぶらへ=ハ行四段動詞「候ふ(さぶらふ)」の已然形、「あり・居り」の丁寧語。言葉の受け手(聞き手)である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

 

この国は(ぞく)(さん)(へん)()とて心憂き(さかい)にてさぶらへば、

この国は粟散辺地といって、つらい場所でございますので、

 

 

極楽浄土=名詞

とて=格助詞

めでたき=ク活用の形容詞「めでたし」の連体形、みごとだ、立派だ、すばらしい。魅力的だ、心惹かれる。

=名詞

=格助詞

具し=サ変動詞「具す(ぐす)」の連用形、引き連れる、一緒に行く、伴う。持っている。

参らせ=補助動詞サ行下二「参らす」の連用形、謙譲語。動作の対象である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

さぶらふ=補助動詞ハ行四段「候ふ(さぶらふ)」の連体形、丁寧語。言葉の受け手(聞き手)である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

=強調の係助詞

 

極楽浄土とてめでたき所へ具し参らせさぶらふぞ。」

極楽浄土という素晴らしい所へお連れ申し上げましょう。」

 

 

=格助詞

泣く泣く=副詞

申さ=サ行四段動詞「申す」の未然形、「言ふ」の謙譲語。動作の対象である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

 

と泣く泣く申させ給ひければ、

と、泣く泣く申し上げなさったので、

 

 

山鳩色=名詞

=格助詞

御衣(ぎょい)=名詞

=格助詞

びんづら=名詞

結は=ハ行四段動詞「結ふ(ゆふ)」の未然形

=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

=接続助詞

御涙=名詞

=格助詞

おぼれ=ラ行下二段動詞「おぼる」の連用形

 

山鳩(やまばと)色の(ぎょ)()に、びんづら()はせ給ひて、御涙におぼれ、

山鳩色の御衣に、びんずらをお結いになって、お涙をたくさんお流しになり、

 

 

小さく=ク活用の形容詞「小さし」の連用形

うつくしき=シク活用の形容詞「美し」の連体形、かわいらしい、いとおしい。美しい、きれい。

御手=名詞

=格助詞

あはせ=サ行下二段動詞「合はす」の連用形

まづ=副詞

=名詞

=格助詞

伏し拝み=マ行四段動詞「伏し拝む」の連用形

伊勢大神宮=名詞

=格助詞

御暇(いとま)=名詞、休み、余暇、ひま。別れ、別れの挨拶。

申さ=サ行四段動詞「申す」の未然形、「言ふ」の謙譲語。動作の対象である伊勢大神宮を敬っている。作者からの敬意。

=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

 

小さくうつくしき御手をあはせ、まづ東を伏し拝み、伊勢大神宮に御暇申させ給ひ、

小さくかわいらしい御手を合わせ、まず東を伏し拝み、伊勢大神宮にお別れを申し上げなさり、

 

 

=代名詞

=格助詞

=名詞

西=名詞

=格助詞

向かは=ハ行四段動詞「向かふ」の未然形

=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

=接続助詞

御念仏=名詞

あり=ラ変動詞「ある」の連用形

しか=過去の助動詞「き」の已然形、接続は連用形

=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

 

その後西に向かはせ給ひて、御念仏ありしかば、

その後、西にお向きなって、御念仏をお唱えになったので、

 

 

二位殿=名詞

やがて=副詞、すぐに。そのまま。

いだき=カ行四段動詞「抱く(いだく)」の連用形

たてまつり=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連用形、謙譲語。動作の対象である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

 

二位殿やがていだきたてまつり、

二位殿はそのままお抱き申し上げ、

 

 

=名詞

=格助詞

=名詞

=格助詞

=係助詞

=名詞

=格助詞

さぶらふ=ハ行四段動詞「候ふ(さぶらふ)」の連体形、「あり・居り」の丁寧語。言葉の受け手(聞き手)である天皇(=安徳天皇)を敬っている。二位殿(=平時子)からの敬意。

=強調の係助詞

=格助詞

なぐさめ=マ行下二段動詞「慰む(なぐさむ)」の連用形

たてまつつ=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連用形が音便化したもの、謙譲語。動作の対象である天皇(=安徳天皇)を敬っている。作者からの敬意。

=接続助詞

千尋(ちひろ)=名詞

=格助詞

=名詞

=格助詞

=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

入り=ラ行四段動詞「入る」の連用形

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び。動作の主体である天皇(=安徳天皇)を敬っている。あるいは二位殿(=平時子)も敬っているとも考えられる。作者からの敬意。

 

「波の下にも都のさぶらふぞ」となぐさめたてまつつて、()(ひろ)の底へぞ入り給ふ。

「波の下にも都がございますよ。」とお慰め申して、深い海の底へお入りになった。

 

 

 続きはこちら平家物語『壇ノ浦(安徳天皇の入水)』品詞分解のみ(3)

 

 平家物語『壇ノ浦(安徳天皇の入水)』まとめ

 

 

 

 - 未分類