フロンティア古典教室

大鏡『肝だめし』解説・品詞分解(3)

   

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

 原文・現代語訳のみはこちら大鏡『肝だめし』現代語訳(3)

【主な登場人物】

(おお)(にゅう)(どう)殿(どの)=藤原兼家(かねいえ)、道長・道隆・道兼の親。  (なか)(かん)(ぱく)殿(どの)=藤原道隆(みちたか)、兼家の子。  (あわ)()殿(どの)=藤原道兼(みちかね)、兼家の子。  (にゅう)(どう)殿(どの)=藤原道長(みちなが)、兼家の子。教通の親  (ない)(だい)(じん)殿(どの)=藤原教通(のりみち)、道長の子    ()(じょう)(だい)()(ごん)=藤原(きん)(とう)

 

 

「子四つ。」と奏して、かく 仰せ られ議するほどに、丑にもなり  けむ

 

奏し=サ変動詞「奏す(そうす)」の連用形、「言ふ」の謙譲語。絶対敬語と呼ばれるもので、「天皇・上皇」に対してしか用いない。よって、帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

訳:「天皇(あるいは上皇)に申し上げる」

 

斯く(かく)=副詞、こう、このように。

 

仰せ=サ行下二段動詞「仰す(おほす)」の未然形。「言ふ」の尊敬語、おっしゃる。動作の主体を敬っている。作者からの敬意。

 

られ=尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。直前の「仰せ」と合わせて二重敬語。助動詞「らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味があるが、「仰せらる」の場合の「らる」は必ず「尊敬」と思ってよい。

 

なり=ラ行四段動詞「成る(なる)」の連用形

 

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

 

けむ=過去推量の助動詞「けむ」の終止形、接続は連用形。基本的に「けむ」は文末に来ると「過去推量・過去の原因推量」、文中に来ると「過去の伝聞・過去の婉曲」。

 

「子四つ(=午前一時半頃)。」と(役人が天皇に)申し上げてから、このようにおっしゃって相談するうちに、丑の刻(=午前二時頃)にもなったのであろう。

 

 

「道隆は右衛門の陣より出でよ。道長は承明門より出でよ。」と、それをさへ分かた 給へ 

 

より=格助詞、(起点)~から。(手段・用法)~で。(経過点)~を通って。(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや。

 

さへ=副助詞、添加(~までも)。類推(~さえ)。

 

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

(帝は、)「道隆は右衛門の陣から出よ。道長は承明門から出よ。」と、それ(=出て行く場所)までもお分けなったので、

 

 

しか おはしましあへ に、中の関白殿、陣まで念じおはしまし たるに、

 

しか(然)=副詞、そう、そのように、そのとおり。

 

おはしましあへ=ハ行四段動詞「おはしましあふ」の已然形、「あり」「行く」「来」の尊敬語。動作の主体である道長・道隆・道兼を敬っている。作者からの敬意。

 

る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

念じ=サ変動詞「念ず」の連用形、我慢する、耐え忍ぶ。  「名詞+す(サ変動詞)」で一つのサ変動詞になるものがいくらかある。例:「音す」、「愛す」、「ご覧ず」

 

おはしまし=サ行四段動詞「おはします」の連用形。「あり・居り・行く・来」の尊敬語。「おはす」より敬意が高い言い方。いらっしゃる、おられる、あおりになる。動作の主体である中の関白殿(=藤原道隆)を敬っている。作者からの敬意。

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

そのようにそれぞれお出かけになったところ、中の関白殿(=道隆)は、(右衛門の)陣までは我慢していらっしゃったが、

 

 

宴の松原のほどに、そのものともなき声どもの聞こゆるに、術なくて帰り給ふ

 

術なく=ク活用の形容詞「術無し(ずちなし)」連用形、なすべき方法がない、どうしようもない

 

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の終止形、尊敬語。動作の主体である中の関白殿(=藤原道隆)を敬っている。作者からの敬意。

 

宴の松原の辺りで、何とも得体の知れない声などが聞こえるので、どうしようもなくてお帰りになる。

 

 

粟田殿は、露台の外まで、わななくわななく おはし たるに、

 

わななくわななく=ぶるぶる震えて

 

おはし=サ変動詞「おはす」の連用形、「あり・居り・行く・来」の尊敬語。いらっしゃる、おられる、あおりになる。動作の主体である粟田殿(=藤原道兼)を敬っている。作者からの敬意。

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

粟田殿(=道兼)は、露台の外まで、ぶるぶる震えていらっしゃったが、

 

 

仁寿殿の東面の(みぎり)のほどに、軒と等しき人のあるやうに 見え 給ひ けれ 、ものもおぼえ 

 

やうに=比況の助動詞「やうなり」の連用形

 

見え=ヤ行下二段動詞「見ゆ」の連用形、見える、分かる、思われる。「ゆ」には「受身・自発・可能」の意味が含まれていたり、「見ゆ」には多くの意味がある。

 

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である粟田殿(=藤原道兼)を敬っている。作者からの敬意。

 

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

 

おぼえ=ヤ行下二段動詞「思ゆ・覚ゆ(おぼゆ)」の未然形。「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれている。

 

で=打消の接続助詞、接続は未然形。「ず(打消しの助動詞)+して(接続助詞)」→「で」となったもの。

 

仁寿殿の東側の敷石の辺りに、軒と同じぐらいの(身長の)人がいるように見えなさったので、正気を失って、

 

 

「身の候は  こそ、仰せ言も承ら。」とて、

 

候は=ハ行四段動詞「候ふ(さぶらふ)」の未然形、「あり・居り」の丁寧語。言葉の受け手を敬っている。粟田殿(=藤原道兼)からの敬意。

 

ば=接続助詞、直前が未然形であり、④仮定条件「もし~ならば」の意味で使われている。

 

こそ=強調の係助詞、結びは已然形となる。係り結び。

 

め=推量の助動詞「む」の已然形、接続は未然形。係助詞「こそ」を受けて連体形となっている。係り結び。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

「わが身が無事でございましてこそ、(帝の)ご命令もお受けできるだろう。」と思って、

 

 

おのおの立ち帰り参り 給へ  、御扇をたたきて笑は 給ふに、

 

参り=ラ行四段動詞「参る(まいる)」の連用形、謙譲語。おそらく動作の対象である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。動作の主体である中の関白殿(=藤原道隆)・粟田殿(=藤原道兼)を敬っている。作者からの敬意。

 

れ=完了の助動詞「り」の已然形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

 

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。

 

それぞれ引き返して参りなさったので、(帝は)御扇をたたいて笑いなさるが、

 

 

入道殿は、いと久しく見えさせ 給は を、いかが思し召すほどに

 

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である入道殿(=藤原道長)を敬っている。作者からの敬意。

 

給は=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の未然形、尊敬語。

 

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

 

いかが=副詞、どんなに ~か。どうして ~か。

 

思し召す=サ行四段動詞「思し召す(おぼしめす)」の連体形、「思ふ」の尊敬語。動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

入道殿(=道長)は、たいそう長い間お見えにならないので、どうしたのかとお思いになっているうちに、

 

 

いとさりげなく、事にもあらずげにて、参ら  給へ 

 

参ら=ラ行四段動詞「参る(まいる)」の未然形、謙譲語。動作の対象である花山院を敬っている。作者からの敬意。

 

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である入道殿(=藤原道長)を敬っている。作者からの敬意。

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。

 

る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形。係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び。

 

たいそう何気なく、なんということもない様子で、帰って参りなさった。

 

 

いかにいかに。」と問は 給へ 

 

いかに=副詞、どんなに、どう。

 

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

(帝が、)「どうしたどうした。」と尋ねなさると、

 

 

いとのどやかに、御刀に、削ら たるものを取り具し奉ら  給ふに、

 

のどやかに=ナリ活用の形容動詞「のどやかなり」の連用形、ゆったりとしている。穏やかだ。

 

れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

取り具し=サ変動詞「取り具す」の連用形

「具す(ぐす)」=サ変動詞、引き連れる、一緒に行く、伴う。持っている。

 

奉ら=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の未然形、謙譲語。動作の対象である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である入道殿(=藤原道長)を敬っている。作者からの敬意。

 

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。

 

(入道殿は)たいそう落ち着いて、御刀に、削り取られたものを取り添えて(帝に)差し上げなさるので、

 

 

は何。」と仰せ らるれ 

 

こ=代名詞、これ、ここ

 

ぞ=強調の係助詞

 

仰せ=サ行下二段動詞「仰す(おほす)」の未然形。「言ふ」の尊敬語、おっしゃる。動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

らるれ=尊敬の助動詞「らる」の已然形、接続は未然形。直前の「仰せ」と合わせて二重敬語。助動詞「らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味があるが、「仰せらる」の場合の「らる」は必ず「尊敬」と思ってよい。

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

(帝が、)「これは何か。」とおっしゃると、

 

 

「ただにて帰り参り侍ら は、証候ふ まじきにより、

 

帰り参り=ラ行四段動詞「帰り参る(まいる)」の連用形、謙譲語。動作の対象である帝(=花山院)を敬っている。入道殿(=藤原道長)からの敬意。

 

侍ら=補助動詞ラ変「侍り(はべり)」の未然形、丁寧語。言葉の受け手である帝(=花山院)を敬っている。入道殿(=藤原道長)からの敬意。

 

む=仮定の助動詞「む」の連体形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどちらかである。訳:「(もしも)帰って参りましたならば

 

候ふ=補助動詞ハ行四段「候ふ(さぶらふ)」の終止形、丁寧語。帝(=花山院)を敬っている。入道殿(=藤原道長)からの敬意。

 

まじき=打消推量の助動詞「まじ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)

 

(入道殿は、)「何も持たずに帰って参りましたならば、証拠がございませんでしょうから、

 

 

(たか)()(くら)(みなみ)(おもて)の柱のもとを削りて候ふ なり。」と、

 

候ふ=補助動詞ハ行四段「候ふ(さぶらふ)」の連体形、丁寧語。帝(=花山院)を敬っている。入道殿(=藤原道長)からの敬意。

 

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形。直前に四段活用の終止形or連体形が来たときの「なり」は「断定・存在・伝聞・推定」の四つの可能性があるので注意。「なり」の直前に場所を表す体言(名詞)がないなら、「存在」の意味にはならない。「なり」以前に音声語が出てないなら、「推定」の可能性は低い。よって、ここは「断定」か「伝聞」のどちらかということになり、後は文脈判断。

 

(大極殿の)高御座の南側の柱の下を削ってございますのです。」と、

 

 

つれなく 申し 給ふに、いとあさましく 思し召さ 

 

つれなく=ク活用の形容詞「つれなし」の連用形、平然としている、素知らぬ顔だ。冷ややかだ、薄情だ、関心を示さない。「連れ無し」ということで、関連・関係がない様子ということに由来する。

 

申し=サ行四段動詞「申す」の連用形、「言ふ」の謙譲語。動作の対象である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。動作の主体である入道殿(=藤原道長)を敬っている。作者からの敬意。

 

あさましく=シク活用の形容詞「あさまし」の連用形、驚きあきれる、意外でびっくりすることだ。あまりのことにあきれる。なさけない。

 

思し召さ=サ行四段動詞「思し召す(おぼしめす)」の未然形、「思ふ」の尊敬語。動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

る=尊敬の助動詞「る」の終止形、接続は未然形。「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味がある。ここでは文脈判断。動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

平然と申し上げなさるので、(帝は)たいそう驚きあきれたこととお思いになる。

 

 

異殿たちの御気色は、いかになほ直ら

 

気色(けしき)=名詞、様子、状態。ありさま、態度、そぶり。

 

いかに=ナリ活用の形容動詞「いかなり」の連用形。どのようだ、どういうふうだ

 

なほ=副詞、やはり。さらに。それでもやはり。

 

で=打消の接続助詞、接続は未然形。「ず(打消しの助動詞)+して(接続助詞)」→「で」となったもの。

 

他の殿たち(=道隆・道兼)のお顔色は、どうしてもやはり直らなくて、

 

 

この殿のかくて 参り 給へ を、帝よりはじめ感じ ののしら  給へ 

 

かくて=副詞、このようにして、こうして

 

参り=ラ行四段動詞「参る(まいる)」の連用形、謙譲語。動作の対象である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。動作の主体である入道殿(=藤原道長)を敬っている。作者からの敬意。

 

る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

感じ=サ変動詞「感ず」の連用形、心を動かされる、感動する。 「名詞+す(サ変動詞)」で一つのサ変動詞になるものがいろいろある。例:「音す」、「愛す」、「ご覧ず」

 

ののしら=ラ行四段動詞「罵る(ののしる)」の未然形、大声で騒ぐ、大騒ぎする

 

れ=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味がある。ここでは文脈判断。動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

ど=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。

 

この殿(=道長)がこのように帰って参りなさったのを、帝をはじめとして感心して褒め騒ぎなさったけれど、

 

 

うらやましき 、またいかなる  

 

に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形。もう一つの「に」も同じ。

 

や=疑問の係助詞、結びは連体形となるが、直後に「あら(ラ変動詞・未然形)/む(推量の助動詞・連体形)」などが省略されている。係り結びの省略。

※今回のように係助詞の前に「に(断定の助動詞)」がついている時は「あり(ラ変動詞)」などが省略されている。場合によって敬語になったり、助動詞がついたりする。

「にや・にか」だと、「ある・侍る(「あり」の丁寧語)・あらむ・ありけむ」など

「にこそ」だと、「あれ・侍れ・あらめ・ありけめ」など

「にや(あらむ)。」→「~であろうか。」

 

いかなる=ナリ活用の形容動詞「いかなり」の連体形。どのようだ、どういうふうだ

 

か=疑問の係助詞、結びは連体形となるが、上記の「や」と同様に「あらむ」などが省略されている。係り結びの省略。

 

(道隆と道兼は)うらやましいのであろうか、またどういうことであろうか、

 

 

ものも言は  候ひ 給ひ ける

 

で=打消の接続助詞、接続は未然形。「ず(打消しの助動詞)+して(接続助詞)」→「で」となったもの。

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

候ひ=ハ行四段動詞「候ふ(さぶらふ)」の連用形、謙譲語。お仕え申し上げる、おそばにいる。動作の対象である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である中の関白殿(=藤原道隆)・粟田殿(=藤原道兼)

を敬っている。作者からの敬意。

 

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

 

何も言わないでお控えしていらっしゃった。

 

 

なほ疑はしく思し召さ  けれ つとめて

 

なほ=副詞、やはり。さらに。それでもやはり。

 

思し召さ=サ行四段動詞「思し召す(おぼしめす)」の未然形、「思ふ」の尊敬語。動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

れ=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味がある。ここでは文脈判断。動作の主体である帝(=花山院)を敬っている。作者からの敬意。

 

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

 

つとめて=名詞、早朝、朝早く。翌朝。

 

(帝は)それでもやはり、疑わしくお思いになっていらっしゃったので、翌朝、

 

 

蔵人(くろうど)して、削り屑をつがはしてみよ。」と仰せ言あり けれ 

 

して=格助詞、①共同「~とともに」、②手段・方法「~で」、③使役の対象「~に命じて」の三つの意味があるが、ここでは③使役の対象「~に命じて」の意味。

 

あり=ラ変動詞「あり」の連用形

 

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

 

「蔵人に命じて、削り屑を(もとの所に)あてがわせてみよ。」とご命令があったので、

 

 

持て行きて押し付けて見たうび けるに、つゆ違はざり けり

 

たうび=補助動詞バ行四段「たうぶ」の連用形、尊敬語。「給ふ」の発音だけが変化したもの。動作の主体である蔵人を敬っている。作者からの敬意。

 

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

 

つゆ=「つゆ」の後に打消語(否定語)を伴って、「まったく~ない・少しも~ない」となる重要語。ここでは「ざり」が打消語

 

ざり=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

 

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

(蔵人が)持って行って押しつけてご覧になったところ、少しも違わなかった。

 

 

その削り跡は、いとけざやかに めり

 

けざやかに=ナリ活用の形容動詞「けざやかなり」の連用形、あざやかだ、はっきりしている、きわだっている。

 

侍=補助動詞ラ変「侍り(はべり)」の連体形が音便化して無表記化されたもの。「侍るめり」→「侍んめり(音便化)」→「侍めり(無表記化)」。丁寧語。言葉の受け手である読者を敬っている。作者からの敬意。

 

めり=婉曲の助動詞「めり」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。視覚的なこと(見たこと)を根拠にする推定の助動詞である。婉曲とは遠回しな表現。「~のような」と言った感じで訳す。

 

その削り跡は、たいそうはっきりと残っているようです。

 

 

末の世にも、見る人はなほ あさましきことに 申し  かし

 

なほ=副詞、やはり。さらに。それでもやはり。

 

あさましき=シク活用の形容詞「あさまし」の連体形、驚きあきれる、意外でびっくりすることだ。あまりのことにあきれる。なさけない。

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

申し=サ行四段動詞「申す」の連用形、「言ふ」の謙譲語。動作の対象を敬っている。作者からの敬意。

 

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形。係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び。

 

かし=念押しの終助詞、文末に用いる、~よ。~ね。

 

後の世にも、(それを)見る人はやはり驚きあきれることと申しましたよ。

 

 

 大鏡『肝だめし』まとめ

 

 

 

 - 未分類