フロンティア古典教室

大鏡『肝だめし』現代語訳(3)

      2016/10/11

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら大鏡『肝だめし』解説・品詞分解(3)

【主な登場人物】

(おお)(にゅう)(どう)殿(どの)=藤原兼家(かねいえ)、道長・道隆・道兼の親。  (なか)(かん)(ぱく)殿(どの)=藤原道隆(みちたか)、兼家の子。  (あわ)()殿(どの)=藤原道兼(みちかね)、兼家の子。  (にゅう)(どう)殿(どの)=藤原道長(みちなが)、兼家の子。教通の親  (ない)(だい)(じん)殿(どの)=藤原教通(のりみち)、道長の子    ()(じょう)(だい)()(ごん)=藤原(きん)(とう)

 

 

「子四つ。」と(そう)して、かく(おお)せられ議するほどに、(うし)にもなりにけむ。

 

「子四つ(=午前一時半頃)。」と(役人が天皇に)申し上げてから、このようにおっしゃって相談するうちに、丑の刻(=午前二時頃)にもなったのであろう。

 

 

「道隆は()()(もん)の陣より出でよ。道長は(しょう)(めい)(もん)より出でよ。」と、それをさへ分かたせ(たま)へば、

 

(帝は、)「道隆は右衛門の陣から出よ。道長は承明門から出よ。」と、それ(=出て行く場所)までもお分けなったので、

 

 

しかおはしましあへるに、中の関白殿、陣まで念じておはしましたるに、

 

そのようにそれぞれお出かけになったところ、中の関白殿(=道隆)は、(右衛門の)陣までは我慢していらっしゃったが、

 

 

宴の松原のほどに、そのものともなき声どもの聞こゆるに、(ずち)なくて帰り給ふ。

 

宴の松原の辺りで、何とも得体の知れない声などが聞こえるので、どうしようもなくてお帰りになる。

 

 

粟田殿は、露台の外まで、わななくわななくおはしたるに、

 

粟田殿(=道兼)は、露台の外まで、ぶるぶる震えていらっしゃったが、

 

 

仁寿殿の(ひんがし)(おもて)(みぎり)のほどに、(のき)と等しき人のあるやうに見え給ひければ、ものもおぼえで、

 

仁寿殿の東側の敷石の辺りに、軒と同じぐらいの(身長の)人がいるように見えなさったので、正気を失って、

 

 

「身の(さぶら)はばこそ、仰せ言も(うけたまわ)らめ。」とて、

 

「わが身が無事でございましてこそ、(帝の)ご命令もお受けできるだろう。」と思って、

 

 

おのおの立ち帰り参り給へれば、御扇をたたきて笑はせ給ふに、

 

それぞれ引き返して参りなさったので、(帝は)御扇をたたいて笑いなさるが、

 

 

入道殿は、いと久しく見えさせ給はぬを、いかがと(おぼ)()すほどにぞ、

 

入道殿(=道長)は、たいそう長い間お見えにならないので、どうしたのかとお思いになっているうちに、

 

 

いとさりげなく、事にもあらずげにて、参らせ給へる。

 

たいそう何気なく、なんということもない様子で、帰って参りなさった。

 

 

「いかにいかに。」と問はせ給へば、

 

(帝が、)「どうしたどうした。」と尋ねなさると、

 

 

いとのどやかに、御刀に、削られたるものを取り具して(たてまつ)らせ給ふに、

 

(入道殿は)たいそう落ち着いて、御刀に、削り取られたものを取り添えて(帝に)差し上げなさるので、

 

 

「こは何ぞ。」と仰せらるれば、

 

(帝が、)「これは何か。」とおっしゃると、

 

 

「ただにて帰り参りて(はべ)らむは、証候ふまじきにより、

 

(入道殿は、)「何も持たずに帰って参りましたならば、証拠がございませんでしょうから、

 

 

(たか)()(くら)(みなみ)(おもて)の柱のもとを削りて候ふなり。」と、

 

(大極殿の)高御座の南側の柱の下を削ってございますのです。」と、

 

 

つれなく申し給ふに、いとあさましく思し召さる。

 

平然と申し上げなさるので、(帝は)たいそう驚きあきれたこととお思いになる。

 

 

異殿たちの御気色は、いかにもなほ直らで、

 

他の殿たち(=道隆・道兼)のお顔色は、どうしてもやはり直らなくて、

 

 

この殿のかくて参り給へるを、帝よりはじめ感じののしられ給へど、

 

この殿(=道長)がこのように帰って参りなさったのを、帝をはじめとして感心して褒め騒ぎなさったけれど、

 

 

うらやましきにや、またいかなるにか、

 

(道隆と道兼は)うらやましいのであろうか、またどういうことであろうか、

 

 

ものも言はでぞ候ひ給ひける。

 

何も言わないでお控えしていらっしゃった。

 

 

なほ疑はしく思し召されければ、つとめて、

 

(帝は)それでもやはり、疑わしくお思いになっていらっしゃったので、翌朝、

 

 

蔵人(くろうど)して、削り屑をつがはしてみよ。」と仰せ言ありければ、

 

「蔵人に命じて、削り屑を(もとの所に)あてがわせてみよ。」とご命令があったので、

 

 

持て行きて押し付けて見たうびけるに、つゆ違はざりけり。

 

(蔵人が)持って行って押しつけてご覧になったところ、少しも違わなかった。

 

 

その削り跡は、いとけざやかにて侍めり。

 

その削り跡は、たいそうはっきりと残っているようです。

 

 

末の世にも、見る人はなほ あさましきことにぞ申ししかし。

 

後の世にも、(それを)見る人はやはり驚きあきれることと申しましたよ。

 

 

大鏡『肝だめし』解説・品詞分解(3)

 

大鏡『肝だめし』まとめ

 

 

 

 - 未分類