フロンティア古典教室

孟子『五十歩百歩』問題の解答

   

下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・青=解答・赤=解説

問題はこちら孟子『五十歩百歩』問題

 

惠王曰ハク、「寡人之於ケル也、尽クス焉耳矣。河内凶ナレバ於河東、移於河内。河東凶ナルモ。察スルニ隣国之政無如寡人之用心者隣国之民不ナキヲ、寡人之民不ルハキヲ、何。」

 

孟子対ヘテハク、「王好ヒヲ。請ツテヒヲヘン。填然トシテ、兵刃既。棄キテ而走イハ百歩ニシテ而後マリ、或イハ五十歩ニシテ而後マル。以ツテ五十歩ハバ百歩、則何如。」

 

恵王曰ハク、「不可ナリ百歩ナラ。是レモ亦走也。」曰ハク、「王如ラバレヲ、則カレト民之多キヲ於隣国ヨリ。」

 

 

問題1.①焉耳矣、②則、③亦、④然、⑤如、⑦或イハ、⑧何如、⑪如、の漢字の読みを答えよ。

 

のみ

すなわ(ち)・すなは(ち)

また

しか(り)

ごと(き)

ある(いは)

いかん

も(し)

 

 

問題2.①焉耳矣、④然、⑧何如、のここでの意味を答えよ。

 

ばかりだ・だけだ・のみ

※「~ 焉耳矣」=限定「~ のみ」「~ だけだ」

そうである・その通りである

どうでしょうか・どうであるか・どのようか

※何如=疑問、「何如(いかん)」、「どうであるか、どのようか」

 

 

問題3.「⑤無如寡人之用心者」、をそれぞれ書き下し文を参考にして訓点をつけよ。また、現代語訳せよ。

 

書き下し文:寡人の心を用ゐるがごとき者無し

 

訓点:寡人之用一レヰルガ

 

現代語訳:私のように心を尽くしている者はいない。

※寡人=自分のことを謙遜して言う一人称。

 

 

問題4.「⑩直百歩ナラ耳」の書き下し文をすべてひらがなにして答えよ。また、現代語訳も答えよ。

 

書き下し文:ただひゃっぽならざるのみ

 

現代語訳:ただ百歩でないというだけだ。

※「直 ~ 耳」=限定、「直だ ~ のみ」、「ただ ~ だけだ」

 

 

問題5.「⑥隣国之民不ナキヲ、寡人之民不ルハキヲ、何」、「⑪王如ラバレヲ、則カレト民之多キヲ於隣国ヨリ也」、の現代語訳を答えよ。

 

隣国の民が減ることもなく、私の(国の)民が増えないのは、どうしてか。

 

王がもしこの道理を理解するならば、(自国の)民が隣国より多くなることを望んではいけません。

※「() ~」=仮定、「もし ~ならば」  ※於=置き字(起点)。

※恵王自身の政治と隣国の政治との間に大差はない。五十歩百歩の差でしかないということ。

 

 

問題6.恵王が、「⑨不可ナリ」と答えた理由を答えよ。

 

理由:五十歩逃げた者も百歩逃げたものと同様に逃げたことには変わりないから。

 

 

問題7.「五十歩百歩」という故事成語の現代での意味を答えよ。

 

答え:少しの違いはあっても、本質的には同じであるということ。

 

 

 孟子『五十歩百歩』原文・書き下し文・現代語訳

 

 

 

 - 未分類