フロンティア古典教室

源氏物語『須磨』(その日は、女君に御物語~)問題(訳・読解)

   

『須磨・心づくしの秋風』(須磨へ出発直前に紫の上と惜別)

解答はこちら源氏物語『須磨』(その日は、女君に御物語~)問題の解答(訳・読解)

 

その日は、女君に御物語のどかに聞こえ暮らし給ひて、例の、夜深く出で給ふ。狩の御衣など、旅の御よそひ 、いたくやつし給ひて、「月出でにけりな。なほすこし出でて、見だに送り給へかしいかに聞こゆべきこと多くつもりにけりとおぼえむとすらむ。一日、二日たまさかに隔つる折だに、あやしういぶせき心地するものを。」
とて、御簾(みす)巻き上げて、端に誘ひ聞こえ給へば、女君、泣き沈み給へる、ためらひて、ゐざり出で給へる、月影に、いみじうをかしげにてゐ給へり

わが身かくてはかなき世を別れなば、いかなるさまにさすらへ給はむ。」
と、うしろめたく悲しけれど、思し入りたるに、いとどしかるべければ、

 

生ける世の  別れを知らで  契りつつ  命を人に  限りけるかな

 

はかなし」 など、あさはかに聞こえなし給へば、

 

惜しからぬ  命に代へて  目の前の  別れをしばし  とどめてしかな

 

げに、さぞ思さるらむ。」
と、いと見捨てがたけれど、明け果てなば、はしたなかるべきにより、急ぎ出で給ひぬ。道すがら、面影につと添ひて、胸もふたがりながら、御舟に乗り給ひぬ。

 

 

問題1.①~⑩の現代語訳を答えよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

源氏物語『須磨』(その日は、女君に御物語~)問題の解答(訳・読解)

  

源氏物語『須磨・心づくしの秋風』まとめ

 

 

 

 - 未分類