フロンティア古典教室

源氏物語『須磨』(その日は、女君に御物語~)問題の解答(単語・文法)

   

『須磨・心づくしの秋風』(須磨へ出発直前に紫の上と惜別)

「青字=解答」「※赤字=注意書き、解説等」

 問題はこちら源氏物語『須磨』(その日は、女君に御物語~)問題(単語・文法)

 

その日は、女君に御物語のどかに聞こえ暮らし給ひて、例の、夜深く出で給ふ。狩の御衣など、旅の御よそひ
、いたくやつし給ひて、
「月出でにけりな。なほすこし出でて、見だに送り給へかし。いかに聞こゆべきこと多くつもりにけりとおぼえとすらむ。一日、二日たまさかに隔つる折だに、あやしういぶせき心地するものを。」
とて、御簾巻き上げて、端に誘ひ聞こえ給へば、女君、泣き沈み給へる、ためらひて、ゐざり出で給へる、月影に、いみじうをかしげにてゐ給へり。

「わが身かくてはかなき世を別れば、いかなるさまにさすらへ給は。」 と、うしろめたく悲しけれど、思し入りたるに、いとどしかるべければ、

 

生ける世の  別れを知らで  契りつつ  命を人に  限りけるかな

 

はかなし」 など、あさはかに聞こえなし給へば、

 

惜しから  命に代へて  目の前の  別れをしばし  とどめてしかな

 

「げに、さぞ思さるらむ。」 と、いと見捨てがたけれど、明け果てば、はしたなかるべきにより、急ぎ出で給ひ道すがら、面影につと添ひて、胸もふたがりながら、御舟に乗り給ひ

 

 

問題1.③例の、⑤やつす、⑨聞こゆ、⑮月影、⑯をかしげなり、㉒いとどし、㉔はかなし、㉚はしたなし、㉜道すがら、のここでの意味を答えよ。(※左記の用言の一部は終止形で表記してある。それらは終止形のものとして意味を考えよ。)

 

③例の:いつものように

例=名詞、いつもの事、普段。当たり前の事、普通。旅行などの出発は夜明け前が通例であった。

の=連用格の格助詞、「~のように」と訳す。

散文の場合は「例の+用言」と言う使い方で「いつものように~」と訳す。

韻文(和歌など)の場合は2句と3句の末尾に「の」来て、連用格として使われることがよくある。また、その場合序詞となる。

⑤やつす:目立たない姿になる・みすぼらしくする

やつし=サ行四段動詞「やつす」の連用形、目立たない姿になる、みすぼらしくする

⑨聞こゆ:申し上げる

聞こゆ=ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の終止形。「言ふ」の謙譲語。動作の対象である紫の上を敬っている。光源氏からの敬意。

⑮月影:月の光・月明かり

月影=名詞、月の光、月明かり。月の光に照らされた物の姿。

⑯をかしげなり:美しい様子である・すばらしい

をかしげに=ナリ活用の形容動詞「をかしげなり」の連用形。趣深い、趣がある、風情がある。素晴らしい。美しい。こっけいだ、おかしい。カ行四段動詞「招(を)く」が形容詞化したもので「招き寄せたい」という意味が元になっている。

㉒いとどし:ますますひどい・ますます悲しい

いとどしかる=シク活用の形容詞「いとどし」の連体形、ますます激しい、いよいよ甚だしい

㉔はかなし:あてにならない・頼りない

はかなし=ク活用の形容詞「はかなし」の連用形、頼りない、むなしい。取るに足りない、つまらない。ちょっとした

㉚はしたなし:体裁が悪い・みっともない

はしたなかる=ク活用の形容詞「はしたなし」の連体形、体裁が悪い、みっともない。中途半端だ。

㉜道すがら:道中

 

 

問題2.⑦けり、⑩む、⑪らむ、⑱な、⑳む、㉑けれ、㉗ぬ、㉙な、㉛ぬ、㉞ぬ、の文法的説明として、次の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。(注:意味だけ書かれているものは全て助動詞である)

ア.過去  イ.完了  ウ.強意  エ.打消  オ.推量  カ.意志  キ.勧誘  ク.仮定  ケ.婉曲  コ.現在推量  サ.過去推量  セ.動詞の一部  ソ.形容詞の一部  タ.形容動詞の一部

 

⑦けり:ア.過去

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

⑩む:オ.推量

む=推量の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

⑪らむ:コ.現在推量

らむ=現在推量の助動詞「らむ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。基本的に「らむ」は文末に来ると「現在推量・現在の原因推量」、文中に来ると「現在の伝聞・現在の婉曲」

⑱なイ.完了

な=完了の助動詞「ぬ」の未然形、接続は連用形。ここを「強意」ととらえる説もある。

⑳むオ.推量

む=推量の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

㉑けれ:ソ.形容詞の一部

悲しけれ=シク活用の形容詞「悲し」の已然形

㉗ぬ:エ.打消

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

㉘な:イ.完了

な=完了の助動詞「ぬ」の未然形、接続は連用形。ここを「強意」ととらえる説もある。

㉛ぬ:イ.完了

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形

㉞ぬ:イ.完了

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形

 

 

問題3.「㉓生ける」、「㉘思さるらむ」、を例にならって品詞分解し、説明せよ。

 

例:「聞 き/し/歌。」

聞き=動詞・四段・連用形

し=助動詞・過去・連体形

歌=体言

 

㉓品詞分解:「生 け/る

生け=動詞・四段・已然形

る=助動詞・存続・連体形

生け=カ行四段動詞「生く」の已然形、生きる。「生く」はタ行下二段動詞でもあり、その時は「生かす、生存させる」という意味になる

=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

㉘品詞分解:「思 さ/る/ら む

思さ=動詞・四段・未然形

る=助動詞・尊敬・終止形

らむ=助動詞・現在推量・連体形

思さ=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の未然形。「思ふ」の尊敬語。動作の主体である女君(紫の上)を敬っている。光源氏からの敬意。

=尊敬の助動詞「る」の終止形、接続は未然形。「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味がある。ここでは文脈判断。動作の主体である女君(紫の上)を敬っている。光源氏からの敬意。

らむ=現在推量の助動詞「らむ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)

 

 

問題4.①聞こえ、②給ひ、④給ふ、⑥給ひ、⑧給へ、⑨聞こゆ、⑫聞こえ、⑬給へ、⑭給へ、⑰給へ、⑲給は、㉕聞こえなし、㉖給へ、㉝給ひ、の敬語の種類(尊敬・謙譲・丁寧のどれか)と誰から誰に対する敬意かを答えなさい。ただし、については誰に対する敬意かは答えなくて良い。

【解答例;㊿参る:謙譲語・作者→光源氏】(謙譲語であり、作者から光源氏へ敬意が払われているということ)

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

 

①聞こえ:謙譲語・作者→紫の上(女君)

聞こえ=ヤ行下二動詞「聞こゆ」の連用形、「言ふ」の謙譲語。動作の対象である女君(紫の上)を敬っている。作者からの敬意。

②給ひ:尊敬語・作者→光源氏

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連用形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

④給ふ:尊敬語・作者→光源氏

⑥給ひ:尊敬語・作者→光源氏

⑧給へ:尊敬語・光源氏→紫の上

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の命令形、尊敬語。動作の主体である紫の上を敬っている。光源氏からの敬意。

⑨聞こゆ:謙譲語・光源氏→紫の上

聞こゆ=ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の終止形。「言ふ」の謙譲語。動作の対象である紫の上を敬っている。光源氏からの敬意。

⑫聞こえ:謙譲語・作者→紫の上

聞こえ=補助動詞ヤ行下二「聞こゆ」の連用形、の謙譲語。動作の対象である紫の上を敬っている。作者からの敬意。

⑬給へ:尊敬語・作者→光源氏

⑭給へ:尊敬語・作者→紫の上

⑰給へ:尊敬語・作者→紫の上

⑲給は:尊敬語・光源氏→紫の上

㉕聞こえなし:謙譲語・作者→紫の上

聞こえなし=サ行四段動詞「聞こえなす」の連用形、「言ひなす」の謙譲語。取りつくろって申し上げる。動作の対象である紫の上を敬っている。作者からの敬意。

㉖給へ:尊敬語・作者→光源氏

㉝給ひ:尊敬語・作者→光源氏

 

 

源氏物語『須磨・心づくしの秋風』』(その日は、女君に御物語~)解説・品詞分解

 

源氏物語『須磨・心づくしの秋風』まとめ

 

 

 

 - 未分類