フロンティア古典教室

源氏物語『須磨』(その日は、女君に御物語~)問題(単語・文法)

   

『須磨・心づくしの秋風』(須磨へ出発直前に紫の上と惜別)

 解答はこちら源氏物語『須磨』(その日は、女君に御物語~)問題の解答(単語・文法)

 

その日は、女君に御物語のどかに聞こえ暮らし給ひて、例の、夜深く出で給ふ。狩の御衣など、旅の御よそひ
、いたくやつし給ひて、
「月出でにけりな。なほすこし出でて、見だに送り給へかし。いかに聞こゆべきこと多くつもりにけりとおぼえとすらむ。一日、二日たまさかに隔つる折だに、あやしういぶせき心地するものを。」
とて、御簾巻き上げて、端に誘ひ聞こえ給へば、女君、泣き沈み給へる、ためらひて、ゐざり出で給へる、月影に、いみじうをかしげにてゐ給へり。

「わが身かくてはかなき世を別れば、いかなるさまにさすらへ給は。」 と、うしろめたく悲しけれど、思し入りたるに、いとどしかるべければ、

 

生ける世の  別れを知らで  契りつつ  命を人に  限りけるかな

 

はかなし」 など、あさはかに聞こえなし給へば、

 

惜しから  命に代へて  目の前の  別れをしばし  とどめてしかな

 

「げに、さぞ思さるらむ。」 と、いと見捨てがたけれど、明け果てば、はしたなかるべきにより、急ぎ出で給ひ道すがら、面影につと添ひて、胸もふたがりながら、御舟に乗り給ひ

 

 

問題1.③例の、⑤やつす、⑨聞こゆ、⑮月影、⑯をかしげなり、㉒いとどし、㉔はかなし、㉚はしたなし、㉜道すがら、のここでの意味を答えよ。(※左記の用言の一部は終止形で表記してある。それらは終止形のものとして意味を考えよ。)

 

③例の:

⑤やつす:

⑨聞こゆ:

⑮月影:

⑯をかしげなり:

㉒いとどし:

㉔はかなし:

㉚はしたなし:

㉜道すがら:

 

 

問題2.⑦けり、⑩む、⑪らむ、⑱な、⑳む、㉑けれ、㉗ぬ、㉙な、㉛ぬ、㉞ぬ、の文法的説明として、次の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。(注:意味だけ書かれているものは全て助動詞である)

ア.過去  イ.完了  ウ.強意  エ.打消  オ.推量  カ.意志  キ.勧誘  ク.仮定  ケ.婉曲  コ.現在推量  サ.過去推量  セ.動詞の一部  ソ.形容詞の一部  タ.形容動詞の一部

 

⑦けり:

⑩む:

⑪らむ:

⑱な:

⑳む:

㉑けれ:

㉗ぬ:

㉙な:

㉛ぬ:

㉞ぬ:

 

 

問題3.「㉓生ける」、「㉘思さるらむ」、を例にならって品詞分解し、説明せよ。

 

例:「聞 き/し/歌。」

聞き=動詞・四段・連用形

し=助動詞・過去・連体形

歌=体言

 

㉓品詞分解:「生 け る」

 

 

 

 

㉘品詞分解:「思 さ る ら む」

 

 

 

 

 

 

問題4.①聞こえ、②給ひ、④給ふ、⑥給ひ、⑧給へ、⑨聞こゆ、⑫聞こえ、⑬給へ、⑭給へ、⑰給へ、⑲給は、㉕聞こえなし、㉖給へ、㉝給ひ、の敬語の種類(尊敬・謙譲・丁寧のどれか)と誰から誰に対する敬意かを答えなさい。ただし、については誰に対する敬意かは答えなくて良い。

【解答例;㊿参る:謙譲語・作者→光源氏】(謙譲語であり、作者から光源氏へ敬意が払われているということ)

 

①聞こえ:

②給ひ:

④給ふ:

⑥給ひ:

⑧給へ:

⑨聞こゆ:

⑫聞こえ:

⑬給へ:

⑭給へ:

⑰給へ:

⑲給は:

㉕聞こえなし:

㉖給へ:

㉝給ひ:

 

 

源氏物語『須磨』(その日は、女君に御物語~)問題の解答(単語・文法)

 

源氏物語『須磨・心づくしの秋風』まとめ

 

 

 

 - 未分類