フロンティア古典教室

伊勢物語『通ひ路の関守』現代語訳

   

青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら伊勢物語『通ひ路の関守』解説・品詞分解

 

昔、男ありけり。(ひんがし)の五条わたりに、いと忍びて行きけり。

 

昔、ある男がいた。東の五条のあたり(に住んでいる女のもと)に、たいそう人目を忍んで通っていた。

 

 

みそかなる所なれば、(かど)よりもえ入らで、

 

ひそかに通う所なので、(堂々と)門からは入ることができず、

 

 

(わらわ)べの踏みあけたる築地(ついじ)のくづれより通ひけり。

 

子供たちが踏みあけた築地(=泥を固めて造った土塀)の崩れたところから通っていた。

 

 

人しげくもあらねど、たび(かさ)なりければ、

 

人目は多くなかったけれど、(男が女のもとへ通うことが)たび重なったので、

 

 

あるじ聞きつけて、その(かよ)()に、夜ごとに人を()ゑて守らせければ、

 

(女の家の)主人が聞きつけて、その(男が)通う道に、毎晩人を配置して見張らせたので、

 

 

行けどもえあはで帰りけり。さて詠める。

 

(男は)行っても会うことができなくて帰ってきたのだった。そこで詠んだ(歌)。

 

 

人知れぬ  わが通ひ路の  関守(せきもり)は  宵々(よいよい)ごとに  うちも寝ななむ

 

人に知られることなく私が通う道の番人は、毎晩毎晩少しでも眠っていて欲しいものだ。

 

 

と詠めりければ、いといたう心やみけり。あるじ許してけり。

 

と詠んだので、(女は)たいそうひどく心を痛めた。(なので、)主人は(男が通うのを)許したのだった。

 

 

二条の(きさき)に忍びて参りけるを、世の聞こえありければ、

 

(この話は、男が)二条の后のもとに人目を忍んで参上していたのを、世間で噂になったので、

 

 

せうとたちの守らせ(たま)ひけるとぞ。

 

(后の)兄たちが、見張らせなさったということだ。

 

 

 伊勢物語『通ひ路の関守』解説・品詞分解

 

 伊勢物語『通ひ路の関守』品詞分解のみ

 

 伊勢物語『通ひ路の関守』まとめ

 

 

 

 - 未分類