フロンティア古典教室

伊勢物語『月やあらぬ』現代語訳

   

青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら伊勢物語『月やあらぬ』解説・品詞分解

 

昔、東の()(じょう)(おお)(きさい)(みや)おはしましける西(にし)(たい)に、住む人ありけり。

 

昔、東の五条に、皇太后が住んでいらっしゃった屋敷の西側に、住んでいる人(=女)がいました。

 

 

それを、本意(ほい)にはあらで、心ざし深かりける人、行きとぶらひけるを、

 

その女を、かねてからの願い通りにはならず、(その女への)愛情の深かった男が、訪れていたが、

※「かねてからの願い通りにはならず」=その女性には結婚相手が決まっていたため、成就できない恋であった。

 

 

()(つき)の十日ばかりのほどに、ほかに隠れにけり。

 

一月の十日ぐらいの頃に、(その女は)他の場所へ身を隠してしまった。

 

 

あり所は聞けど、人の行き通ふべき所にもあらざりければ、

 

(その女の)居所は聞いていたけれど、人が行き通うことができる所でもなかったので、

 

 

なほ()しと思ひつつなむありける。

 

やはりつらいと思いながら過ごしていた。

 

 

またの年の()(つき)に、梅の花盛りに、去年(こぞ)を恋ひて、行きて、立ちて見、ゐて見、見れど、去年(こぞ)に似るべくもあらず。

 

翌年の正月に、梅の花盛りの頃に、(男は)去年のことを恋しく思って、(女が住んでいた五条の屋敷に)行って、立って見、座って見、見るけれど、去年(の屋敷の様子)とは似るはずもない。

 

 

うち泣きて、あばらなる板敷(いたじき)に、月の傾くまで伏せりて、去年を思ひ出でて詠める。

 

(男は)泣いて、荒れ果てている板敷に、月が傾く(時間帯になる)まで横になって、去年のことを思い出して詠んだ歌。

 

 

月やあらぬ  春や昔の  春ならぬ  わが身ひとつは  もとの身にして

 

月は昔のままの月ではないのか。春は昔のままの春ではないのか。(変わってしまったかのように思われてならない。)わが身だけは(去年の)もとの身のままで。

※男は変わらず女の事を思い続けていたが、女の屋敷は昔とは様変わりして荒れ果てており、女との関係はすっかり変わってしまったと嘆いている。

 

 

と詠みて、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣く帰りにけり。

 

と詠んで、夜がほんのりと明ける頃に、(男は)泣きながら帰ったのだった。

 

 

 解説・品詞分解はこちら伊勢物語『月やあらぬ』解説・品詞分解

 

 伊勢物語『月やあらぬ』品詞分解のみ

 

 伊勢物語『月やあらぬ』まとめ

 

 

 

 - 未分類